スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデン Phase 32 (月刊コミックバーズ12月号収録)

 月刊コミックバーズ12月号買って来ました~!
 今月は:
・表紙はローゼンメイデン(アニメ版、真紅と薔薇水晶)。
・付録にローゼンメイデンのクリアファイル(絵柄はバーズ9月号収録の Phase 29 の見開き扉絵、B5より少し小さいサイズ)
・センターカラー(扉絵、薔薇水晶)
 その他各種情報: ・2006年1月24日に原作コミックス単行本第6巻が発売、初回限定版もあり。特典は何でしょうね~? 今度はCD-RとDVD-Rは以外でお願いしたいです…。
・11月24日(木)にローゼンメイデンアントラクトが発売。10月24日に発売予定だったのが延期されたんですよね。アンソロジー集なのでPEACH-PITさんの名前が執筆陣に含まれていません。う~ん…「コミケバーズ」みたいな感じなのかなぁ?
・11月24日(木)にローゼンメイデンフィルムコミックス第3巻(最終巻)が発売。
 …また色々とお金がかかって嬉しい悲鳴が…。

 本編、PEACH-PITさんたちの公式ウェブサイトでは「割と平和なお話かと…」って予告されてましたが、結構ドキドキものでした。この先は完全ネタバレなのでご注意を~♪
・カラー扉絵の薔薇水晶、なんか右目が変…まさか、あの白薔薇は眼帯じゃなかったの? っていうか、眼窩から伸びてるように見えるけど…本編読んだらそのとおりでした。怖。人形師のローゼンさん、頭の中に種でも植えたの? これじゃ、アニメ版で設定を変更するわけですよ。で、わかりやすく目の左右も変更した、という事でしょうか。
・金糸雀も桜田家に入り浸り状態に。巴もやって来ますが、金糸雀にとってはマスターのみっちゃんこそが理想の女性像なんでしょうね。でも巴ファンを敵に回すのは危険ですよ~?
・悩む水銀燈。力は欲しいもののめぐが心配で契約できないでいる水銀燈は、やっぱり本当は良い子なんですね。それなのにわざと悪ぶるのは、きっと…。
・アリスゲーム開始のヒントを雛苺が握っている? 本人には全く自覚がないようですが、今になって Phase 5 (単行本第2巻収録)の布石が生きてくるなんて、やはりPEACH-PITさんの物語は緻密に創られてますね~。
・とうとう薔薇乙女たち全員の番号が公開!
 第1ドールの水銀燈、
 第2ドールの金糸雀、
 第3ドールの翠星石、
 第4ドールの蒼星石、
 第5ドールの真紅、
 第6ドールの雛苺、
 第7ドールの薔薇水晶、
ということだそうです。私は2と6を逆に予想してました。
・「私はだぁれ…?」、「私はどこに還ればいいの…?」と自問する薔薇水晶が可哀想。ということはマスターはいないのでしょうね。nのフィールドからも出られないのでは?
・あの人が登場! っていうか、同じ時代の人だったんですねぇ。雛苺を取り合って巴とドロドロの戦いが…起きないでしょうね、雛苺は裏切られたと思っているかもしれませんし。そう言えば、指輪はどうしたのでしょう。もともと Phase 6 の彼女には渡してなかったのでしょうか。
・そしてシメは薔薇水晶が桜田家の大鏡の中から「運命が巡る……」。先月号で水銀燈とめぐを覗いていたのに今月号で消えたのは、水銀燈の「運命が廻った」ことを確認できたということなのでしょうか。すると、「9秒前の白」にいる蒼星石と、今月号で桜田家に集合している真紅、翠星石、雛苺、金糸雀とで、全員の「運命=アリスゲーム」が、とうとう始まってしまうのでしょうか…!! (あ、雛苺と蒼星石は既に離脱組でしたね)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/91-d7103f6d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。