スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解禁♪【追記(汗)】

 今日は「くんくん」と「ラプラスの魔」の一人二役で有名な津久井教生さんのお誕生日です!! おめでとうございます~♪

 木曜日になりましたので、コンビニに行って参りました、週刊ヤングジャンプ17号を求めてww

 …問題無いとは思いますが、念のため、ネタバレは「続き」にて♪

 先週予告された「重大発表」とは、3週間後の4月17日(木)発売予定の週刊ヤングジャンプ20号にて、「PEACH-PIT」さんたちの「新連載」が始まるとのお報せでした!! う~ん、当たり前と言ってしまえば当たり前なのですが、やはりヤンジャン誌ですか…。今まで連載されていたバーズ誌は月刊ですし、「ZOMBIE-LOAN」も「しゅごキャラ!」も月刊誌に連載されてますし、「ローゼンメイデン」が今後毎週連載されるとはちょっと想像しにくいです。それでも、何らかの情報が載っているかも知れないとの淡い期待を抱いて、水曜深夜の徘徊が習慣化しそうです(汗)。

 そうそう、ちょっと不思議なことに、予告ページには「ローゼンメイデン」と表記されているように見えます。単行本を見た限り、今までの正式タイトルは「Rozen Maiden」だったと思っているのですが。もしくは、間に空白を挟んだカタカナの「ローゼン メイデン」。版権の問題をクリアするための工夫でしょうか? などと深読みしてみたり(汗)。とりあえず、「Rozen Maiden ほにゃらら」的な無理なタイトル変更は無さそうで一安心です♪

 気になることと言えば、もう1つ、これも些細なことかも知れないのですが、
「あと1814400秒」
の数字にも違和感を覚えてしまいます。1,814,400=60秒×60分×24時間×7日×3週間ということで、3週間を意味しているのは分かるのですが、何故単位が秒なのでしょうか? きっと、水銀燈が真紅と約67年ぶりに再会した際の台詞:
「586920時間37分ぶりね」
のセルフパロディーなのでしょうけれど、ここで、最小単位は「分」なんですよね…。こんな細かいことにこだわる私の方がおかしいのかも知れませんが、もしもこれが千道万里さんやえばら渋子さんではなく、ヤンジャン編集部の方が考えられた表記だとしたら、ちょっと心配かも(汗)。

 というのは、これが一番の懸念なのですが、真紅の台詞に見える
「わたしは貴方のお人形」
というコピーが、う~ん、う~ん、マスター(しかも「貴方」ですから男性限定)に所有されたり支配されたりするような性格ではないと思うんですよね、真紅って。これもセルフパロディーだとすれば、原文はPhase 18(単行本第4巻の最後)の名台詞:
「私は誇り高いローゼンメイデンの第5ドール、そして幸せな、あなたのお人形…」
になるので、雰囲気もニュアンスも漢字の使い方(わたし≠私、貴方≠あなた)さえも、何かズレている気がしてなりません(汗)。これが、PEACH-PITさんたちによる文面なら問題にする理由は無いのですが、ヤンジャン編集部のアイディアだとしたら、私の愛して止まない作品が今後どのような売られ方をするのかが、ちょっと心配になってしまいます。少なくとも、安易な萌え要素や陳腐なエロ要素は、邪魔なだけだと思うのです、ジュン君のデリケートなトラウマを考えても。

 などと無責任な深読みをしてしまいましたが、4月17日(木)が待ち遠しくてなりません。それまでの2号分も買ってしまうのでしょうね、私はww なお、この17号、ローゼンメイデン関係はフルカラー1ページと、目次に1行しか見つかりませんでした。お値段310円也。…それでももう1冊だけ買ってしまいそうです、保存用に(汗)。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/598-c5b1935a

コメント

ま何はともあれ連載再開をお祝いしましょう。
バーズ誌の最終回から話が続くかは甚だ疑問ですが…

新しい物語として焼き直しの可能性が高いかな~と。
いや邪推でしたね。

来月が楽しみですね。
少し別の見方・・・
あの9頁目は、ローゼンメイデン史に残る1頁ですねw 一応、あれって巻頭カラー扱いなんでしょうか?w
私も、月刊主体の方が週刊連載って大丈夫なのかなぁと思いました。
でも、月一連載ってのもありますし(汗)
>最小単位は「分」
私は桁数に着目しました。期間が短い分、「秒」を使わなければならなかった、とw
やはり、似て非なるもの?(マテw) 漫画は原作者と編集者で作るものらしいですから・・・今度は両者の関係が良好に進むことを望む次第です!
ヤングジャンプやっと捕捉しました(汗)。
連載待ち遠しいです。ヤンジャン買ってもローゼンしか見ないとのはバーズ時代とそんなに変わりないかな(笑)。
ドルパ19のローゼン版権、軒並みアウトっぽい(涙)。連載再開は嬉しいけどローゼンドレス手に入らないのは悲しい。ドルパ20にはなんとか版権許可してあげて下さい集英社さま!
連載再開をよろこびたい所ですが、今後はどうなっていくのでしょうね…?
>(しかも「貴方」ですから男性限定)
どうなるにせよ、私のような女性ファンも多くいることをわかってほしいです;
もしかしてストーリー自体が変わったりして…と思うと楽しみのような、そのままにしててほしいような…w
お父様の目線から見てたりすると面白いかも、と思ってしまいますw
とりあえずは来月を待つしかないですね。
ヤンジャンは若干買いにくいので(笑)弓月さんのレビューを楽しみに待ってます♪
弓月水晶さんのその無責任な深読み?からコアな原理主義者のRMファンであると
思いました^ー^♪本当に深くRMを愛していらっしゃいますね^ー^!♪

>1814400秒
連想しますよね水銀燈の台詞・・・いかにもRMらしい言い回しだと思いました^^♪
まあ編集部の方と考えたと思って大丈夫でしょう^^!

>「わたしは貴方のお人形」
真紅がデレてくれたんじゃないですか^ー^♪今まで、信じて待っていてくれた
ファンのために、真紅が大サービスしてくれたんですよきっと^ー^♪
>まあ編集部の方と
「PEACH-PIT」さん達と編集部の方が一緒にね^ー^♪
(誤解の無いよう一応、言っておく)
ヤンジャンは週間誌ですけど連載されている漫画は全て毎週とか限らないんですよね。
それよりも問題なのは「集英社」ってことで、諸々な版権が難しくなるってことなんです。WFなどのアマチュアにはまず絶対に版権が下りなくなります。てえことはこれから先アマチュアガレキデラのローゼンメイデン物はなくなるってことで・・・(-_-;)
ゼロさん、はじめまして!
ゼロさんの言われる通り女性にはちょっと買いにくいマンガ雑誌ですが、男性である私にも十分買いにくいです(汗)。まだ、なかよしのほうが、(オイ)。
今日は大阪日本橋のアニメイトにヤンジャン探しましたが見当たらず。たぶん、流派の違うマンガ雑誌なので元々入荷が少ないのでしょうか? 結局コンビニで購入。ここが一番固いかも?
ヤングジャンプの編集がローゼンの運命を握っていると思っています。ももたね先生が再開を決めたのだから間違いはないと思うのですが、編集側が単なる萌えマンガという意識が少しでもあれば幸せな結末を迎えられないと思います。だから編集さま、頑張って下さいと今のウチにプレッシャーをかけておきましょう(笑)。
本日は物凄い寝不足の中大阪日本橋に!
昨日タワーレコードから届いたアリプロジェクトのソワレⅤのDVDを通しで二回も見た為。本編特典とも!感動再びでした(感涙)。
アリカさん、恋せよ乙女の冒頭で音外してしまいましたがDVDでは修正されてました(笑)。特典映像ではその事をとても悔いておられました。
本編はアリカさんのトークの大部分がカットされていて残念。とても楽しいトークだったのに! ホントに素敵な方です。
ネタバレはこのくらいでもう一度見ます(笑)。
JUMさん、
> 話が続くか
あの回は急展開でしたから、じっくり描き直す、というのを密かに期待してますww

有閑人さん、
> 桁数
確かに、「504時間」や「30240分」では見栄えが悪いですね(汗)。
> 関係が良好に
ですね~♪ 集英社の恐い一面(?)が紹介されているのをあちこちで見付けて、ちょっと神経質になってしまっているようです(汗)。

サラマンダーさん、
> ドルパ19のローゼン版権
そんな…(涙)。
> まだ、なかよしのほうが
ですよね~♪
> 萌えマンガ
登場人物はそれぞれに個性的で可愛らしいのは間違いないのですが、最近流行りの「萌え」とは違いますよね~♪ …「萌え」の定義はイマイチよく分かっていないのですが(汗)。
> ソワレV
再配達で土日に受け取る予定です♪ これも待ち遠しいっ!!

ゼロさん、
> 女性ファン
私なんて、むしろ、少女漫画だと思っているくらいです。…あれ? でもジュン君のハーレム状態は男の夢??
> 若干買いにくい
サラマンダーさん同様、男でもちょっと買いにくいです…ww

オーシャンさん、
> 原理主義者
そんな大それたものではないですよ~(汗)。
> デレ
なるほど!! 私はてっきり既存のヤンジャン読者向けかと(汗)。…って私はこの雑誌に酷い偏見を持っているようですね(大汗)。

小野路さん、
> 全て毎週とは限らない
月1とで、一安心です♪
> アマチュアガレキデラのローゼンメイデン物はなくなる
自分で買ったことは無かったのですが、ガレキ系イベントの楽しみが減るのは淋しいです…(涙)。
弓月さん、すいません。
もうご覧になられたかと思いソワレⅤネタバレしてしまいました。以後気をつけます。
どうもおめでたい事がつづき舞い上がってしまったようです(汗)。
意外な意見が多数・・・(大量汗)
「嘘喰い」、「SINfinity」、「TOUGH」、「孤高の人」、「SIDOOH」、「風が強く吹いている」や「いぬばか」といった作品を激しく愛読している身の者としては、買いにくいという内容の事を言われて、若干ショックを受けております・・・。 但し、グラビアなぞは全く無用だと思っている私なので、実はそちらの女写真が原因で「買い難い」と思っている,というのであれば特に気にしませんが。

 「RozenMaiden」ではなく「ローゼンメイデン」という表記としている件ですが、「版権問題を考慮している」というのが、やはり妥当な判断でしょうかね。

・・・・・・・・・RMは、はっきり言って、以前弓月さんが仰っておられたように哲学的なものであり、若干一部だけとは言え「TOUGH」と被る要素もあります。 戦いとかでなく、精神・思想面で。 そういう意味では、心理・精神面に関して掘り込んで表現される作品も同誌内に多数あるので、“或る意味では、違和感は無いのでは???”などと考えているのですが・・・ ・・・ ・・・そんな私の考えは、間違っているでしょうか?
サラマンダーさん、
> ネタバレ
いえいえそんな、私的にはネタバレになってませんからお気になさらないで下さい♪
日曜日、ようやく再配達にて受け取ることが出来ました!! が、まだ未開封のまま(汗)。最初から最後まで通してじっくり見れるような時間を作るまで我慢です~ww

Verdazuri-Hgさん、
> ショック
大変失礼しました(汗)。正直なところ、私にとっての問題は、あの表紙とグラビアですww
> TOUGH
実は、この作品、私もかなり好きだったりします(汗)。「精神・思想面で被る」というご意見、我が意を得たりという感じで嬉しいです♪ ヤンジャン誌では、他にも「LIAR GAME」や「ハチワンダイバー」も好きなのですが、登場人物の年齢層が比較的高いからなのか、私が「ローゼンメイデン」を神聖視し過ぎているからなのか、何故か違和感を感じてしまいます…ってこれはバーズ時代でもそうだったのですがww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。