スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【注:毒物含有】月刊コミックバーズ7月号掲載予定の原作版ローゼンメイデンの「堂々」最終回に関する考察

以下、月刊コミックバーズ6月号「次号予告」より引用~~
堂々の最終回!!
~~以上、月刊コミックバーズ6月号「次号予告」より引用

 え~、「堂々」の最終回、だそうですww これまで、
・PEACH-PITさんたちから担当O氏による数々の仕打ちをブログで何度も告発されたり、
・実際には休載となったのに、表紙には「Rozen Maiden」と印刷したまま発売して一部読者(注:弓月を含む)に「詐欺だ!!」と罵られたり、
・その理由を「作者都合」とした事をPEACH-PITさんたちから皮肉られたり、
・その後3回に渡って「休載」の発表すらせずに読者を放ったらかしにしたり、
など数々の実績を誇る月刊コミックバーズが「堂々」と最終回を掲載する意味について考察してみました♪

 国語辞典によりますと、

以下、小学館「国語大辞典(新装版)」より引用~~
堂々
1. 態度、容姿などが立派で、気品があり、いかめしいさま。「堂々たる体躯」「堂々の行進」
2. 少しもかくすところのないさま。公然としたさま。「堂々と発言する」
~~以上、小学館「国語大辞典(新装版)」より引用

という2つの意味があるのだそうです。したがって、最低でも2種類の解釈が可能ですね。

仮説その1:実は、PEACH-PITさんたちは、3月号~6月号までの分も、毎月ちゃ~んと原稿を描いていた。7月号には5か月分の連載が一挙収録。つまり、「堂々」としているのは「最終回」のページ数。1月号~2月号までの掲載分も合わせれば十分なページ数が確保されて、単行本第8巻も無事発売される。ただし、たった5回分の連載で最終話まで収束させるにはどうしても物語が駆け足になってしまい、これまで残された膨大な数の謎に対する答は消化不良になってしまいそう。

仮説その2a:実は、3月号に掲載されるはずだった原稿が7月号に掲載される。「原稿紛失説」を否定出来て、月刊コミックバーズ編集部は「堂々」としていられる。ただし、この原稿が今まで無事に保管されていたのか、それとも紛失された後に見つかったのか、の謎は残る。PEACH-PITさんたちからの信用が回復することは無く、結局は別の雑誌に移籍して連載続行。

仮説その2b:実は、月刊コミックバーズ編集部は上記の「実績」を自認しており、それでも開き直ってしまった。当然PEACH-PITさんたちからの信用が回復することは無く、結局は別の雑誌に移籍して連載続行。

 う~ん、少々毒を吐き過ぎましたかねww しかし、こんな情緒不安定になるくらいのショックと不安とに苦しむ読者も存在することを思い知らせてみたいものです♪
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/494-bec327b8

コメント

ハハハ・・・ (乾いた笑い)
>う~ん、少々毒を吐き過ぎましたかねww
 いやいや、このくらいのことは言わせて貰っても当然と思いますよ。 だって、私の考えたことの方が遥かに酷い表現のオンパレードでズバズバと切り裂いてく感じの内容だったり・・・(とりあえず、自主規制の方向でwww)


仮説その2-b が、元も現実的というか信憑性高そう ・・・と思ってしまう、そんな自分がヤだ
まあ、編集部の方が悪い結末である事はまちがいあるまい(怒
多分編集者の原稿紛失が・・・だって、普通そんなとこでしょ!
ちなみに担当O氏はクビになったようですし(・・!(2チャンで聞いた)
小田さんが首になったって考えにくいと思います。
理由:
彼は、
1)コミックバーズからローゼンメイデンをプロデュースした(テレビアニメ化にも尽力した)
1-2)そのお陰でコミックバーズの雑誌購買数が大幅に増えた
2)商標および版権「PEACH-PIT&幻冬舎コミックス(P&G)」で莫大の収益を幻冬舎にもたらした
以上二つの理由から、その功績だけでも編集長から栄転させてもらえると考えられます。
>毒を吐き過ぎました
全然吐き過ぎではないと思いますよ、むしろ弓月水晶さんには
もっと怒って欲しいですw ローゼンを好きであればあるほど、
この状況にやり場のない怒りを覚えるのではないでしょうか?

>編集長から栄転
ローゼンの移籍先の編集長にチャッカリ居座ってたりしたら、
きっとPEACH-PITさんパニくるだろうなぁ…(ハイ、あり得ませんね;)
レスが遅れてすみません~(汗)

Verdazuri-Hgさん、
> 酷い表現のオンパレード
今はまだ想像の域を出ないので大人しくしておりますが、事実関係が正式に発表された暁には、フランス仕込みの毒舌を披露させて頂きます♪

オーシャンさん、
> 担当O氏
編集長の小田さんのことなのでしょうか…??

サンゲチさん、
> 栄転
ネット上で公表されている限り、幻冬舎コミックスからも親会社の幻冬舎からもその他の子会社からも小田さんの名前が消えているのが気になります…(汗)

真紅命さん、
> やり場のない怒り
そしてストレス発散のためにローゼングッズを買い漁る私ww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。