スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ローザ・ミスティカ」はイタリア語で「奇しき薔薇」

たまにはちゃんと「ローゼンメイデンの研究」を発表しなきゃ。
この度、ネットの無料(ここ重要)の翻訳サービスを駆使しまして、「ローザ・ミスティカ」がイタリア語で、綴りは“rosa mistica”で、意味は「奇しき薔薇」で、その隠された意味はキリスト教の「聖母マリア」であることが判明しました。

…だから? とか聞かないで下さい…。
ちなみに、英語では「ミスティカル・ローズ (mystical rose)」、フランス語では「ローズ・ミスティック (rose mystique)」、スペイン語では「ローサ・ミスティカ (rosa mistica)」、ドイツ語では「ミスティーシェ・ローゼ (mystische Rose)」、オランダ語では「ミスティエケ・ロース (mystieke roos)」らしいです(詳しく調べたつもりですが、特に発音は間違っているかもしれません)。

念の為にちょっとだけ解説しますと、生きているアンティークドールである「ローゼンメイデンシリーズ」を製作したとされる人形師・ローゼンの名前は“Rozen”という綴りで、「薔薇」を意味するらしいのです。「メイデン」は英語の“Maiden”で、合わせて「薔薇乙女」と書いて「ローゼンメイデン」と読みます(原作コミックス参照)。しかし、“Rozen”が「ローゼン」と発音され「薔薇」を意味する言語は、オランダ語だけでした。
そして、ローゼンメイデンの中で「真紅」はイギリス式のティータイムにこだわる一方でドイツ語で書かれた錬金術の本を愛読し、「雛苺」は興奮するとついフランス語が飛び出て、でもみんな日本語で会話する、という設定は、語学で苦労した帰国子女の私としては(今でもまだ苦労しているとの説有り)大変気になるのです。
で、ローゼンメイデンシリーズのドールにとって命に等しい結晶「ローザ・ミスティカ」はイタリア語…。人形師ローゼンはヨーロッパ中のあちこちを放浪していたのでしょうか。実際、コミックス版第28話(単行本第5巻収録)ではサンジェルマン伯爵と呼ばれたり、カリオストロ伯爵と呼ばれたりしていますしね(どちらもフランス革命の時代に実在したとされる人物)。
人形に命を与える物質を「聖母マリア」の別名で呼ぶあたり、「教会に逆らう不届き者のペテン師」と呼ばれる「素質」があったのかもしれませんね。錬金術も詳しかったようですし。天才は理解されないものです。なんてかわいそうなローゼン…。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/42-1c5d8590

コメント

ローザミスティカを調べているうちにここに来ました。ローゼンメイデンに関することで一つ質問させて下さい。「ローザミスティカ」と「契約の指輪」はまったく別の物なのでしょうか?原作が手に入らない中、調べきれずに困っています。お願い致します。
ハイドさん、
初めまして~&コメントありがとうございます~♪
>「ローザミスティカ」と「契約の指輪」
はい、おっしゃる通り、全く別のものです。
変なたとえですが、ローゼンメイデンのドールがノートパソコンなら、ローザミスティカはCPU、契約の指輪はACアダプター、と言った所でしょうか。どちらが無くなっても、ノートパソコンがただの箱(ただの人形)になってしまうという点では似ていますが、もちろん両者は全く別の物です。

「ローザミスティカ」と「契約の指輪」については、アニメ版でも原作でもほぼ同じ扱いをされていると思います。

原作における「ローザミスティカ」:
サンジェルマン伯爵(フランス革命の時代に実在した錬金術師で、劇中では人形師ローゼンの昔の姿ではないかと思われます)が生成した不思議な結晶体です。1つのローザミスティカが7つの欠片に分かれて7体のドールズが1つずつ持っていました。7つの欠片が1つに戻ることで「究極の少女・アリス」が生まれると信じて、ローゼンメイデン達はお互いのローザミスティカを奪い合う「アリスゲーム」を闘うのですが、ローザミスティカを失ったドールはただの人形に戻り、その魂は「迷子」になってしまうようです。単行本が手に入りましたら、4~5巻に詳細があります。

原作における「契約の指輪」:
ドールが動いたり闘ったりするためのエネルギーは、契約した人間から提供されるのですが、指輪はその契約の象徴とされています。ドールが能力を発揮すると指輪が発熱することから、エネルギーの通り道なのかも知れませんね。雛苺のように、ドールが指輪を失うと、エネルギーの供給が止まるために、ただの人形になってしまいます。この意味で、ローザミスティカと契約の指輪は似ていると言えます。ただし、雛苺の場合は、真紅を中継してジュン君からエネルギーの供給を受けていたために、指輪がなくなった後も動き続けることが出来ました。

他にもご質問がございましたら、お気軽にどうぞ~♪
詳しいご回答ありがとうございます。m(_ _)m
おかげさまで謎が一つ解決致しました。
まだまだ納得のいかないことが幾つかありますが、
また改めまして質問致したいと思います。
その時はよろしくお願い致します。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。