スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーベルテューレを勝手に予想

 8月19日(土)~20日(日)のTBSアニメフェスタ2006では、ローゼンメイデン特別偏の情報が一部公開されました。2月19日のローゼンメイデンファン感謝祭で電撃的に発表されて以来、初めての情報ですから、可能な限り深読みをしてその正体に近付きたいものです♪(私としてはこの予想は外れても構わないのですww)

 とは言え、今回公開された情報は、 ・タイトルが「ローゼンメイデンオーベルテューレ(Rozen Maiden oubertüre)」であるということ(ただし「oubertüre」はスペルミスで正しくは「ouvertüre」との意見も)、
・OPがアリプロジェクトさんの新曲で、映像付きで完成していること、
だけです。

 まず、「オーベルテューレ」は英語の「オヴァーチャー(overture)」に相当するドイツ語で、「序曲」を意味する音楽用語らしいです。つまり、この後に何かが続くということですね♪ まさか、第3期アニメでしょうか?? 後述しますが、これは違うと私は思っています。

 次に、OPですが…2回も聞いたのに歌詞をほとんど聞き取れていません。映像があまりに美しかったものですから(言い訳)。映像に登場するのは、水銀燈が圧倒的に多く、真紅がほんの少し、翠星石と蒼星石が1枚の静止画像で縦スクロール、お父様(=人形師ローゼン)らしき人物が一瞬、以上です。雛苺、金糸雀、薔薇水晶、雪華綺晶に至っては一切出番がありませんでした(涙)。

 それぞれの役どころですが、もう間違いなく水銀燈が主人公です。翠星石は落ちていく蒼星石を掴もうとしているようですが、これだけでは推測すら不可能です。そして真紅は…正面に向かって薔薇の花びらで攻撃しているカットがありました。その表情は固く、あぁ、本気の真紅を敵に回すと怖いなぁ、というのが正直な感想です。さらには真紅と水銀燈の横顔がアップですれ違うカット。水銀燈が真紅を強く意識している様子が伝わります。そして、これが私にとっては少々衝撃的だったのですが、赤い薔薇が一面に広がる庭園で、水銀燈が剣を両手に構えて斬って斬って斬りまくり、赤い花びらが舞い踊るシーンが、アングルを変えて3回は出て来た気がします。真紅憎けりゃ薔薇まで憎いとばかりの迫力です。というわけで、オーベルテューレのテーマは、水銀燈から見たアリスゲーム、特に宿敵にして好敵手である真紅との確執ではないかと想像します。

 もう1つ重要なのが、水銀燈が人形師ローゼンの手によって抱かれ(そうにな)るシーン。神々しい光に包まれた両手が、横たわる水銀燈の頭と肩のあたりに伸びる様子は、トロイメント第1話冒頭で真紅に向けられたのと同じ様な優しさを感じます。そしてこのシーンの直前に、「水銀燈が燃えてしまうフィルムを逆再生したかのような」場面が映るのですが、これは、第1期最終話で燃えてしまった水銀燈が人形師ローゼンの手で復活する様子としか考えられません。炎の色も、青ではなくオレンジ色でしたし。したがって、オーベルテューレの舞台は、第1期最終話以降、トロイメント第6話「天使」以前、だと考えています。

 すると、「序曲」とは「トロイメント」の始まり、を意味するのではないかと思うのです。トロイメント第6話で、復活したばかりで記憶がまだあやふやな水銀燈に向かって薔薇水晶が言った「ローゼンメイデンを直せるのは、お父様だけ…」の「お父様」は、薔薇水晶のお父様(=槐)ではなく、水銀燈のお父様(=人形師ローゼン)だったのではないでしょうか。そして、真紅に「時間のゼンマイを巻き戻す能力」を与えた人形師ローゼン自身なら、さらに強力な力をもって、水銀燈全体を元通りに出来たのではないかとも思うのです。このような方法で水銀燈が復活したのなら、トロイメント第6話で復活した水銀燈の腹部が欠損したままである説明がつきます。そもそも、人形師ローゼンの水銀燈への愛情を考えれば、腹部が欠損した状態が水銀燈の完成形なのであって、これをもって「未完成品」と呼んだ真紅も、これをもってお父様の愛情を感じ取れない水銀燈本人も、勘違いしていると私は思うのですが。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/373-83c291ba

コメント

初めまして。以前からこのブログは読ませていただいていたのですが
コメントするのは今回が初めてです。
オーベルテューレは水銀燈がメイン!
嬉しい限りです。
OPもアリプロですか!
でも雛苺・金糸雀・薔薇水晶・雪華綺晶が出ないのは残念ですね。

 1期最終話からトロイメント第6話の間の物語、水銀燈が
 どのように復活したのか(ローゼンの能力も)気になる所です。

>宿敵にして好敵手である真紅との確執ではないかと想像します。
これを聞いて、わーいわーい^^真紅と水銀燈の過去に何があったかこれで分かるぅと思っているオーシャンです^^!
>腹部が欠損~勘違い
新説ですね^^!ただお父様であるローゼンはアリスに届かなかった事を悲嘆して姿を晦ませたのだから
それを見た、薔薇乙女は自分達に愛されない罪が自分達にあるのでは?と自分達を責めそれがアリスゲームと言う宿命に薔薇乙女達を走らせる原因に
なっていると考える事も出来ますね
後、腹部が欠損した人形を完成品と人は言うのか?といった常識が勘違いの理由だと思います^^
PC復活、おめでとうございます?
私のブログのほうに、あたしかさんという方から、1単語ではなく、ドイツ語の特徴である合成語から読み解くという興味深いコメントがありました。
PS:違ってたらすいません(汗)
どっかの石像
あれも「腕が無いから完璧な美だ」……って話ですからねぇ、
あながち違うとも言い切れませんね。

が!!

女性にとってお腹がどれほど大切な物か、
ローゼンに小一時間どころか一年は問い詰めたい!
ある意味、神への冒涜……いや全生物に対する侮辱ととられても仕方が無い行為です!!

てめぇが何処から生まれたのか言ってみろォーー!!
自分も、水銀燈が薔薇園で己の敵(かたき)であるが如く、
薔薇を水銀刀(?)で斬るシーンが、最も印象的でした。
アリスゲームにアンビバレントな想いを持っているであろう、
水銀燈ならではの美しい映像でしたね。…水銀燈の内面
の葛藤が象徴されている様な気がしてなりませんでした…

>トロイメント第6話で復活した水銀燈の腹部が欠損したままである
え? 欠損したままだったんですか? 今慌てて確認中w

それにしても、OPだけが完成してるって、なんか妙だと思いませんか?
今更ですが(インターネットに接続不可という事態に陥り、今日何とか復帰)・・皆様アニフェスお疲れ様でしたー。


私もタイトルからして過去の話だと思いましたが、やはりトロイメントで水銀燈が出遅れた(1~5話の間)あたりでしょうかねぇ?

個人的には薔薇乙女が生まれてすぐの話も見てみたいなぁと思っています。これも序曲って感じではmuchしますよね。
どうも、ローゼンは です。

 自分の持っているドイツ語辞書は(以下略)な、Vの字 です。(もうあの話はしません)

え? トロイメントでは、銀様のあの腹部は結局無いままだったんですか? 6話でのあの、自らの胴部を確認する表情・態度からは、元々、どうも、その有無の確認が“こちら側”からは出来かねる状態でしたから・・・

しかし、mezasidokei さんが指摘している、「ミロのヴィーナス」の腕の事で、また 「ゼロ -the Man of the CREATION-」を思い出してしまいました。 あれは、両腕を持つヴィーナス象をゼロが創り出し、その象の“完璧な姿”の事で芸術界(正確には芸術を学問対象として取り扱う学会)に一悶着が起きる、ということなんですよね・・・(しかもこの際に多くの人命が失われている)。 ・・・ここまで話を引きずり出してきたのは、「ローゼンメイデンシリーズの人形」という芸術作品の持つ価値との関連性を少し述べたいからです。
 特に、水銀燈の場合は漫画版とアニメ版ではあまりにも異なる物理的な要素があるため、その“外見の美”の、
パッと見の部分  と
よく観察して初めて判る部分
との差異が明確に浮き出てくるわけでして、後者に関しては水銀燈本人が、自らの意思、更に、発言する機能まで有している場合、物凄く気にしたり、「こんなので自分が“完成形”だなんて思えるわけがない」と仰る事でしょうし・・・。
ずっと以前に自分の掲げた、「自律稼動・飛翔・浮遊の機能性を重点に置いた、観賞美を超えた美女型機巧 → “超”軽量化説」を、復活させてみようかな・・・???
 (少なくとも自分は、「衣装のみで上体と下体が繋がっているだけという、観賞美を求められた人形」を完成形とは認めません。 それは動かさず安置させる際によく判りますが、〔不安定性があまりにも高すぎる〕のです。 当然、「動く」ことが大前提ならばこの定常バランスの考えは崩れますが)

真紅命 さん、
>薔薇を水銀刀(?)で
 成る程、そういう名前だったのか・・・!!(←違う)

で、ようやく他のドールの話に。
>翠星石は落ちていく蒼星石を掴もうと~~推測すら不可能です。
 うわぁ、そうなのですか・・・ 蒼星石がどうなるのか ・・・って、そういえばその時の表情は、スクリーンでどのくらい判別出来たのでしょうか? 例えば暗い感じとか眼を閉じているとか・・・
あと、真紅以外の“その他”の方々の存在が・・・ 随分とおざなりになっているようでw まあ、いかにも銀様らしい着眼点ですなwww

久々の長文、失礼・・・

特別編は 水銀燈が主体なのですか、

 トロイメントでは 水銀燈の出番は正直、微妙でしたから
ここで水銀燈の話を補完するのも 大局的に見れば納得と言ったところでしょうか

 たしかに水銀燈は 「第一ドール」であるほか
もとより究極をめざしてつくられているわけだから
 言わば薔薇乙女の最も中心にある「王道」と言えるかもしれません。

第一期の物語が 「真紅とジュン」の物語であり
 真紅はいわば「薔薇乙女の中の真紅」「薔薇乙女としての真紅」であったのに対し
水銀燈は もっと 薔薇乙女そのもののアイコンと言った感じでしょうか


ところで わたしも普段 稚拙ながら物を作ることを興としているのですが
 その際には予め「ここまで出来たら及第」というものを設定しているのです、

 こう、はじめに「完璧なものを作るぞ!」と意気込んでしまうと
作れば作るほどに 新しい構想や より高い水準が見えてきてしまって
 そうして、それをこなそうとすればするほどに破綻して 
  やがては空中分解してしまうことがあるのです。

水銀燈も ひょっとすると、そういうことなのではないかと
 ローゼンは はじめに完璧を期して
一発で 究極の薔薇乙女を作ろうとしたものの
 作れば作るほどに破綻して やがては断念し、

その後の反省から、次 肩の力を抜いて金糸雀の製造に着手したのではないか、
そうしてうまくいかないと、こんどは
二個いっぺんに作ることで、なにかを模索しようとしたのではないか
 などと邪推したこともあるのですが どうでしょう。



まあ、まずそれ以前に ローゼンは如何に究極の少女を作ろうとしたか
 初めから、ドールを何体も作ることを意図していたのか
それとも、過程として 結果的に複数体のドールが出来上がったのか、など
 分からないことが多く

そもそも、本当に「究極の少女の製造」そのものを目論んでいたのか
 或いはアリスゲームを始めたきっかけは何か?など
あまりにも推論で建つ部分が多いので 実際にはなんとも言えませんが。
やややっ
こんばんわ、ここに書き込むのは久しぶりですね。
水銀燈キャラクタードラマCD聞きながらかいてます。

オーベルテューレですが19世紀に目覚めたローゼンメイデン
達の活躍を水銀燈を中心に描く物語では・・?
アニメイトTVはうそなんですかねw

ドラマCD>SRDX>オーベルテューレと水銀燈つくしですね!
おれもまきまき4に向けて「Mercury Lampe Kalender」制作中!
ではまた~
銀様が主役って嬉しいな
骨元気さん、
初めまして~&コメントありがとうございます~♪
> でも雛苺・金糸雀・薔薇水晶・雪華綺晶が出ない
OPでは出ませんでしたが、本編にはチョイ役でも出番があってほしいです♪
> 水銀燈がどのように復活したのか(ローゼンの能力も)
その謎が解ければ、蒼星石と雛苺が戻って来られるのかも…と期待したり♪

オーシャンさん、
> 新説
そうでしたっけ?? 人形師ローゼンが復活させてもなお腹部パーツが欠損しているなら、それが「人形師ローゼンにとっての完成形」なのではないか? という、それだけの根拠から、ずっと前からそう思い込んでましたww

有閑人さん、
> PC復活
実は、まだなんです…これも職場のPCからこっそり書きこんでます♪ ドキドキ。
> ドイツ語の特徴である合成語
拝見しました~♪ これ、本当に興味深いです!!

mezasidokeiさん、
> お腹がどれほど大切な物か
アニメージュ水銀燈を実際に手に取って感じたのですが、水銀燈のウェストって細いですよね。そういう意味でも7姉妹中最も女性らしい姿をしていると思います(某のりたかさん6さいは「ふとももがせくしい」とおっしゃってましたがww)。ここでジュン君の「ドール服なんだから」発言を思い出すと、究極的に細いウェストは「腹部パーツ欠損」につながるのかな? なんて思ったりします♪

真紅命さん、
レスが遅れててスミマセン、あの書きこみにもっと早く気付いていれば…19日、お会いしたかったです~!!
> 欠損したままだったんですか?
私も、映像を見たときは腹部があるように感じたのですが、台本を入手された方によると、「無い腹をさする」という内容のト書きがあるらしいのです。最終話で人形師ローゼンが水銀燈の腹部をなでた時も、へこんだようにも見えますし、今度こそ腹部があるようにも見えますし、…謎です♪
> なんか妙
普通、逆ですよね…謎です♪

愛真紅さん、
> インターネットに接続不可という事態
大変でしたね~。私もインターネットの偉大さを今更ながらに痛感しておりますww
> 薔薇乙女が生まれてすぐの話
良いですね~♪ 是非原作でもフォローして頂きたいです♪

Verdazuri-Hgさん、
> その有無の確認が“こちら側”からは出来かねる状態
上にも書きましたとおり、台本的には「無い」らしいのです…。
> 不安定性があまりにも高すぎる
上半身と下半身とが非接触で接続されているように見える原理も謎ですよね~♪
> その時の表情
ちょっと記憶に自身が無いのですが、蒼星石は目をつぶっていたような気がします…。

DORAさん、
> 作れば作るほどに 新しい構想や より高い水準が見えてきてしまって
私も同じです…考え込むといつまでたってもそのままになってしまうので、ある程度のレベルに達した時点で「仮説」という形で発表させて頂いてます。皆様のコメントを参考にさせて頂きながら、完成に近付ければ、な~んて虫の良い事を考えてますww

なおさん、
> アニメイトTV
えぇっ!! そんな情報が!? PCが直ったら見に行きます…さすがに職場からではまずいのでww

ローゼンさん、
> 銀様が主役
第1期では純粋な敵役、トロイメントでは薔薇水晶に良いように操られて、可哀想なくらいでしたから、オーベルテューレでは思いきり活躍してほしいですよね~♪
 もしかしたら、水銀燈を復活させることが出来たのですから、
雛苺・蒼星石も復活させることが出来るかもしれませんね!
 2人には一刻も早く復活して欲しいです!
 あっ、私のPCもぶっ壊れてるのに
駆使して使っちゃってます・・・
PCが一日も早く退院されるといいですね♪
はじめまして。

私もTBSアニメフェスタ06のレポートを見る限り、
舞台が19世紀なので、
ジュンやのりはもちろん、めぐちゃんはまだ生まれてないですよね。

トロイメント6話で復活した銀様が、
昔の記憶を遡る回想シーンに、
戦車や横たわる兵士のシーンがあることから、
おそらくその当時のお話ではないかと…。

19世紀と言うと、
戦争が盛んなイメージがあるでしょうけど、
戦争だけはいやです!
※アリスゲームはいいんかと自分に突っこんでるんですけど…。
銀狼さん、
初めまして~ & コメントありがとうございます~♪
> 昔の記憶
私の計算では、さらに昔の話みたいです♪ 長ったらしくて理屈っぽいのですが、記事にまとめてみましたので、読んで頂けますと嬉しいです♪
> 戦争だけは
嫌ですよね… これも一種の生存競争と考えると複雑な思いですが。アリスゲームも、人形師ローゼン自身が否定してるようにも思えますので、実はドールズは全員誰かにだまされているのかも知れません!?
戦争とアリスゲームを一緒にして考えた事あったなw!
弱肉強食とも一緒にした事あったが、違うだろw
むしろ戦争に近いと想うw薔薇乙女は話し合う事が出来るからなぁ~w
お互いアリスになる事を諦めれば共存可能なわけだw
真紅ぅ~生きる事は戦う事だって言ってたけど、
それに同意できるがあえて言わしてもらうと
生きる事って、お互いが歩み寄る事じゃないの(・・?と小1時間問い詰めたいw
それが出来ないなら、互いを無視すりゃいいw少なくとも殺しあうよりマシだw
互いの命と未来が助かるし反省が出来る分そっちの方が救いあるしw
本当はお互いが歩み寄る事が出来れば良いんだけどねw世の中難しいw
しん・くぅ~主役なんだから、きっぱりアリスゲームやめて、
皆を救うヒーローになってくれよぅ><!なんか、2ちゃんでも言ってたが、
本当に、トロイメントと同じ展開になりそうだw
でなきゃ水銀燈応援するぞぉ~あの子アリスになりたがってるしwまあ
それもどうかと自分に突っ込めますが、色々とwああなんか自暴自棄^^(笑
ただ本当に最近はアリスゲームやめて欲しい気持ちでいっぱいだw
ただ、冷静に見てみると、アリスゲームってもう一つ何か隠されたルールが
あるように思えて仕方ないとこありますが、
なんたって、雪華綺晶は自分のローザミスティカを取り出せたりするしね~w
また、いなくなった蒼星石はどこへいったのか?
アリスゲームにはもう一つ大きな意味がありそうで気になりますw
気のせいでしょうか(・・?
12月6日に
オーベルテューレのOPが発売されますよ。

「薔薇獄乙女」というタイトル…
タイトルがほぼストレートwwww
オーシャンさん、
このコメントは完全に見落としてました!! 失礼しました~っ(汗)
> アリスゲームにはもう一つ大きな意味が
PEACH-PITさんたちのことですから、きっとトロイメントとは違う大どんでん返しがあるものと期待してます♪

銀狼さん、
> ほぼストレート
ありがとうございます、右の散財リストに追加しました♪ このタイトルは、水銀燈のみならずローゼンメイデン全員に当てはまる気がしますね…(涙)
ローゼンメイデン オーベルテューレ

12月22日(金)に前編、23日(土)に後編、TBSで2夜連続放映予定。

楽しみですね♪
その次が24日のクリスマスイブですからwww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。