スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“生きる”ということは、“闘う”ということ

 ローゼンメイデンファンにとっては忘れ得ぬ真紅の名台詞…なのですが、実はタイトルのとはちょっと違います。
真紅「だって… 生きることは闘うことでしょう?」(第1期第10話「別離」より)
 さらには、原作はまたちょっとニュアンスが違うのです。
真紅「だって 闘うことって 生きるってことでしょう?」(単行本第3巻Phase 13より)
 そして、タイトルの「“生きる”ということは、“闘う”ということ」ですが、じつはこれ、ローゼンメイデンではなくて、5月27日(金)5月26日(木)に発売された週刊ヤングジャンプに掲載の「TOUGH」というマンガの主人公のお父さん(格闘家)の台詞です。…これって、やっぱり、ローゼンメイデンの影響なのでしょうか!? そうだとしたら嬉しいですよねぇ♪ その他にも最近はニュース番組でもローゼンメイデンのBGMが使われたりしてますしww

 私にとっては、原作の「だって 闘うことって 生きるってことでしょう?」という台詞がローゼンメイデンという物語の本質を凝縮していると感じておりますので、アニメ版で微妙にニュアンスが変更されたのがずっと引っかかっていたのです。この問題はかなりデリケートなので、詳しくは改めて書きたいのですが、一言だけ。原作版は真紅が自分自身に向けた言葉、アニメ版は真紅がジュン君に問い掛ける言葉、ではないかとと思っています。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/323-8faa14d3

コメント

あれは、毎週木曜の筈ですが
>原作版は真紅が自分自身に向けた言葉、アニメ版は真紅がジュン君に問い掛ける言葉、ではないかと
その解釈が妥当であろうと、自分も思います。原作の方では真紅はアリスゲームのことを説明している時にその説明も含めて言っていて、アニメではアリスゲームの説明ついでに、ジュンの現状を看破している真紅が言ったセリフだと思っていますので。
 また、木曜日発売の漫画雑誌といえば、少年チャンピオンのキックボクシング漫画・「蹴人(シュート)!」のサブタイトルが LIFE IS WAR! なんですよね~~~。しかもひ弱な少年を(キックボクシングの使い手である)強い美女が鍛えるって・・・ あ、いや、別になんでもないからね真紅?

・・・まあ、「TOUGH」の方では、もっと別の方の次元領域であのお言葉を使っていますし・・・。 宮沢 静虎 御大って、本当に「史上最強のモラリスト」として呼ばれてる以外にも、とんでもない兄弟を身内に抱え込んじゃってますからね~~~(笑い事じゃない) ・・・失礼しました


>最近はニュース番組でもローゼンメイデンのBGMが使われたり
 え? マジですか? ・・・僕、全然知らないッス
Verdazuri-Hgさん、
>毎週木曜の筈
あっ、そのとおりです、勘違い~!!(汗) というわけで早速修正しました♪
>>ニュース番組でもローゼンメイデンのBGMが
昨日(5月29日)のフジテレビ「トクダネ」で流れたんですよ~…悲しいニュースだったのに不謹慎にも嬉しくなってしまったのは秘密です(汗)
たしかに最近はニュース番組でもローゼンメイデンのBGMが使われますね。
>TOUGH
今、見てきました^^確かに使われていますね^^!
シンクロシニティでしょうか?RMの影響か?ウウ真相が知りたい><!
>だって… 生きることは闘うことでしょう?
この台詞、奥が深いですね^^!人の歴史と重ねてみるとw歴史とは戦いであると共に戦いを否定する歴史でもあるしw
だから今の世の中、自分の夢を見つける戦いをしなさいってことだね^^!
こうでも考えないと、生きる意味のない世になってる気がするなw
とりあえず漫画家の夢は叶えるぞ^^後の夢は未知生物めぐりの人生だ^^!
でも、本当に今の世の中、
生きる意味について考えさせられる世の中になったなあw
そういう意味でめぐの存在は今の世の中を象徴する所もあると思うw
豊かになるほど自殺者も増えてるし・・・
今の世の中、人は自分の生と死に対しどう折り合いをつけるかって精神的に老化してるなw
ちなみに今日の原作RM37話は面白かった。戦いと平和、愛について考えちゃう話だったよ^^自分好み^^
>真紅が自分自身に向けた言葉
やはり真紅はアリスゲームをしてしまうのでしょうかw?雪と銀の行動は?
原作での真紅のあの言葉は、なんだか切なかったですね。

アニメではソフトにされ毒を抜かれてますが、原作での真紅の
この言葉は、激烈と言ってもいいほど、衝撃的な言葉です。
僕は、真紅にこんな事言わせるお父様が憎かった。
と同時に、迷うことなく己の宿命を受け入れる真紅が、
ひどく愛おしい存在に思えてきて、胸が締めつけられる思いでした。

確かに、これが「生きることは闘うこと」では当たり前過ぎます。
「闘うことは生きること」で初めてこの言葉は命を持つ…
オーシャンさん、
>人は自分の生と死に対しどう折り合いをつけるか
そんな哲学的な悩みに苦しめるのも、豊かな社会のおかげかも、なんて思ってみたり♪

真紅命さん、
>この言葉は命を持つ
ジュン君の「最近まともに話してない」から真紅の「ダメなの?」までの、真紅の心理を想像すると、とっても切なく、そしていとおしくなります…。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。