スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あしや人形感謝祭」レポート・その3「神事」

 記念グッズの即売会で一通りお買い物が終わった後は、そこで再会したmezasiさんと共に岡湊神社に向かいました。即売会の会場から一本の道路を真っ直ぐ歩いて2~3分程度のご近所なので、道に迷う心配もありません。道の両側にはスーパーマーケットやブティックなどが並んでいるのですが、あしや人形感謝祭のチラシやポスターが町のあちこちに貼ってあるのを見つけては写真に撮りました。
20060429-010Parking
↑駐車場にも、
20060429-011Boutique
↑ブティックにも、
20060429-012SuperMarket
↑スーパーにも。

 一応神社のお祭りだからでしょうか、たこ焼きの屋台が出ておりましたが、私は真紅バスツアーでお昼ご飯が出る予定になっていましたのでそのまま通り過ぎてしまいました。今考えたら、1船200円だったので、何人かで分けて「博多のたこ焼き」を一口だけでも味見だけでもするべきでしたね~。

 岡湊神社の正面に立つと、その景色になんだかデジャヴュを感じました。…良く考えたら、記念グッズのイラストの背景と全く同じなのです。いや、当たり前の事なのかも知れませんが、イラストレーターさんのこだわりようが伝わって来ます。

 社務所では各種のお守りが売られてました。学業、安産、厄除け、交通安全、等の他に、何故かアニメ「おじゃる丸」のキャラクターを模したお守りも。来年はここに薔薇乙女のお守りが並んでいると嬉しいのですが。予定外の出費ではありすが、ここは一つ岡湊神社のお世話になるお礼と家族へのお土産を兼ねて、お守りを5個購入しました。買ってから気付いたのですが、私が九州まで遠征していることは家族には秘密にしておりましたので、「岡湊神社」と大きく書かれたお守りを渡しては説明に困ることになる予感がします。どうしましょうねぇ??

 境内では熱々のほうじ茶とぜんざいとが、ボランティアの女性達から無料で配られていました。とても積極的に勧めて頂いたので遠慮なくほうじ茶を頂いたのですが、ちゃんと注意を聞いておきながら舌を火傷してしまったのでぜんざいの方は諦めました。自分で思っている以上に舞い上がっていたようです♪

 神事が始まりそうな雰囲気を察知して移動すると、50脚くらい(?)用意されたパイプ椅子に運良く座ることが出来ました。隣にはmezasiさん、さらにその向こうには2人ほど見覚えのあるお顔が…お話をしてみると、やはりファン感謝祭にいらした方たちでした。すかさず弓月水晶の名刺をお渡ししてブログの宣伝♪ そんな事をしている間に神事が始まりました。
20060429-013Shinji

 宮司様のお話によると、そのうち私が聞き取れてしかも理解できてさらに思い出せる範囲(汗)ですが、あしや人形感謝祭の趣旨は、
・古来より、「人形(ひとがた)」は、所有者である人間の身代わりになって、悪いモノを自らの体に引き受ける事で、その人間を守ってくれる存在であり、
・悪いモノを吸い取ってくれた人形は最終的に廃棄しなければならないが、ただ捨ててしまうにはあまりに忍びないので、人間を守ってくれた事に対する感謝の気持ちを込めて、岡湊神社に奉納し、お祓いをして供養する、
 かなり乱暴な要約ですが、大体こんなお話だったと思います。そう言えば、「流し雛」というのも似た様な目的で行われるのだと聞いた記憶があります。

 もちろん、「身代わり」を意識せずとも、純粋に長年可愛がったお人形を泣く泣く手放さざるを得ない時に、神社で由緒正しい儀式を通してお別れできると言うのは、持ち主にとってもせめてもの慰めになると思います。実際、奉納されたお人形が並べられているのを見ると、純和風な博多人形っぽいものからディズニーキャラクターのぬいぐるみまで千差万別でした。その数、ざっと数十体。毎年これだけのお人形が集まるのでしょうか?

 神事には、宮司様(男性)がお二人、巫女様がお一人、計3人の神社関係者(?)が向かって右側に、あしや人形感謝祭の会長さん(? うろ覚え)、あしや町が地元の麻生太郎外務大臣…ではなくその秘書の方と、あしや町の町長さん(? うろ覚え)、計3人のお偉いさんが向かって左側に座られて、合計6人の方が入れ替わり立ち代り祝詞を詠唱されたり榊の枝に白い紙が付いた物(正式名称は何でしょう?)を振り回したりしていたようなのですが、体感時間にして半分くらいは参列者も立ったり座ったりしながら頭を下げていましたので、詳しい様子は残念ながら良く分かりません。

 神社で行われる神事なんて形だけの儀式だろう、などと失礼にもバカにしていたのが正直なところなのですが、この度は生まれて初めて、お二人の宮司様とお一人の巫女様の儀式に臨まれる雰囲気に圧倒されてしまいました。なんというか、文字通り神々しい雰囲気だったのです。仏教で読む不可解なお経と違って、神道の祝詞は、日本語として理解できる文章になっていましたので、それを聞いているだけの参列者としても共感しやすかったのかも知れませんね。祝詞で使われる言葉のほとんどが訓読み(つまり大和言葉)だったことも、私が幻想的な雰囲気に包まれたように感じた理由の一つかもしれません。

 本当はデジカメでバシバシ写真やムービーを撮りたかったのですが、とてもそんな事は許されそうにない厳かな雰囲気でしたので、私は始終見よう見真似で周囲の人に合わせて大人しくすることにしました。むしろ、何度か携帯電話で写真を撮ったと思われる電子音が響いた時には怒りすら感じてしまいました。

 神事はどうやら滞りなく無事に終わったようで、安心しました。内心、どこかの成人式のような混乱を心配していたものですから。お払いが終わったお人形がその後どうなるのかは分かりません。しかし問題はその後で、お偉いさんや宮司様達を放ったらかして、カメラを持った連中が合計3人の巫女様達に群がって撮影会状態に。え~っと、あの3人は本物の巫女様であってコスプレじゃありませんから、念の為。なんて偉そうな事は言えません、私も共犯ですから♪
20060429-014GuujisAndMiko

 その後、今度は「巫女姿の巴ちゃん」のコスプレをした「眠兎」さんの撮影会。舞台は当然、ポスターのイラストと同じ鳥居が見えるアングルで、しかも「眠兎」さんがわざわざ持参されたSD真紅と雛苺の人形と一緒に。
20060429-015MintoLikePoster
↑赤い鼻緒の草履まで、こだわってます…!!
この様子を見て思い出したですが、この「眠兎」さんは2月19日のファン感謝祭で、寒い中をトロイメントの巴ちゃん(つまり夏服のセーラー服)のコスプレをしていたお方です。このサービス精神には本当に頭が下がります。

 岡湊神社の名物、珍樹「なんじゃもんじゃ」も見ました。まだ四分咲きくらいと聞きましたが、なにしろ初めてみるものですから何が珍しいのかも良く分かりません。
20060429-016NanjaMonja
その珍しい木の苗が今日のためにどこかの島(うろ覚え)から届けられたそうで、真紅バスツアーの参加者は特別にその植樹のお手伝いをさせて頂ける事になりました。私もスコップをお借りして少しだけ土をかけさせて頂きました。私の次の次くらいに「眠兎」さんがスコップを握ったのですが、年配の宮司様は「眠兎」さんのことを余程気に入られたのか、それともカメラマン達に対するサービス精神なのか、土をかけるポーズを色々と指導されているようでした。宮司様ってもっと伝統を重んじる石頭で巫女のコスプレなんて怒られるのではないかと心配していたのですが(私は小心者なのです♪)、少なくともこの方に限ってはそんなことはなく、むしろ喜んでいらっしゃったようです。
20060429-017PlantingNanjaMonja

 真紅バスに戻る時刻が近づいた頃になって、岡湊神社に薔薇水晶が現われました。遠目にチラッと見ただけですが、とても完成度の高いコスプレに見えました。しかし、真紅バスツアーで遅刻者は置いて行かれると言われておりましたので、後ろ髪を引かれる思いでそのまま写真も撮らずに岡湊神社を後にしました。

 丁度別の2人組が神社を出た所でしたので、私も彼らの後について行きました。神社の周囲は住宅地と思っておりましたが、パチンコ屋さんが見えます。本日新台入荷とか看板が立っているのに、中を覗くと閑古鳥が鳴いている様子。あしや町の皆さんは神事の方に集中してしまっているのでしょうか?

 そんな事を考えながら歩いているうちに、私の前を歩いていたはずの2人を見失ってしまいました。そう言えば、もうとっくに真紅バスが見えても良いくらいの距離は歩いた気がします。いやいやそれ以前に、神社に向かって歩いていたときには、パチンコ屋さんなどありませんでした!! 気付くのが遅い!! そう、私は道を間違えていたのです。さらに言えば、私が追いかけていた2人組はどうやらあしや町の住民の方で、真紅バスツアー参加者ではなかったようです。

 …改めて周囲を見渡すと、全っ然見覚えのない景色です。これって、もしかして、迷子? この年になって…。知らない町で迷子になったとしても、言葉が通じる限り何の心配もないのですが、真紅バスに乗り遅れてお昼ご飯を食べ損なうのは勘弁!! さ迷い歩くうちに見つけた親切な女性の方に道を尋ねて事無きを得ました、制限時間ギリギリでしたが。 いや~、良い汗をかきました!!(半分は冷や汗)
20060429-018ShinkuBusLeftSideIntegral

 バスに乗り込んでから窓の外を見ると、背の高い水銀燈と、ヒップのスマートな金糸雀がいたのですが、…すいません、その時は写真を撮る元気も残っておりませんでした。だってどう見ても女装した男性なんだもん!! 真紅バスでお隣になった「3B(仮)」さんによると、かの有名な(?)漏電迷伝の皆さんとは別のグループだそうで、私は行った事がないのですが「まきまき」のイベントにいらっしゃった方達らしいです。肩幅が男らしいのがどうしても目に付くのですが、しかし衣装はとても丁寧な出来に見えました。

 またもや大勢のカメラマンに見送られて、真紅バスは次の目的地に向かって出発したのでした。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/302-7f159a90

コメント

実のところ、私も神社で巫女コスは怒られるんじゃないかと思ってましたが
ここでもあのW(仮)さんが楽しそうに真紅たちを抱っこした私を撮影してたので
『大丈夫だ』と思いました(笑)
案の定、一番ノリノリだったのは神主さんだったかも。
植樹では『あなたが主役だから』と細かいポーズの指示が(笑)
なんとも親しみやすい雰囲気でしたね♪

帰りに迷子になっていたとは…
無事バスに戻れてよかったですね!
眠兎さん、
>一番ノリノリだったのは神主さん
ですよね~、私まで嬉しくなってしまいました♪
>植樹では『あなたが主役だから』
すいません、私がいた場所からは主役のお顔が写りませんでした…。
>迷子
いや~、お恥ずかしい話で…。福岡空港まで皆さんと御一緒させて頂けましたのは心強かったです!!
ローゼンはー
茶菓シューです。

あしや・・・行きたかった~。
まぁ、関東在住の高校生には無理な話ですが。
ほぉ、眠兎さんもいらしていたのですか~。
・・・というか初めまして。
僕は感謝祭の時、眠兎さんの近くにいました。。
弓月さんたちと一緒に行動してました。
あのときはヒナの人形気づいてもらって良かったですね~。

もしかしたら、W(仮)さんが今回の企画をしたのかもしれませんねww
レポートお疲れ様です。こういうイベント(?)は初めて参加したのですが、以外に人がいて驚きました。弓月さんみつけられるかな~って思ったんですけどわからなかったです・・・
今度またなにかあるときは是非ご一緒したいです!
そういえばクオカード二枚買ったうち一枚速攻で落としてしまいました・・・><悔しい!
レポートありがとう!!????
>一応神社のお祭りだからでしょうか、たこ焼きの屋台が出ておりました
はぁ~、そうなんですか。どこでも結構、同じというか・・・
>買ってから気付いたのですが、私が九州まで遠征していることは家族には秘密にしておりました
「お土産を買おう」という意識に、感服しました。自分なら、絶対に誰にもそんなことしないし・・・
>ほうじ茶
この言葉で、蒼星石を連想した俺って・・・w
>「流し雛」というのも似た様な目的
ええ、そうでしょうね。文面から、そうだと判断できました。ま、詳しいことはあまり言うつもりはありませんが・・。
>なんというか、文字通り神々しい雰囲気だったのです。仏教で読む不可解なお経と違って、神道の祝詞は、日本語として理解できる文章になっていましたので
スンマセン自分は結構仏教言葉も理解できてたりします・・・。 RM以外の、某漫画数種が結構好きだったり・・・(当然ここでは言及しません)
>何度か携帯電話で写真を撮ったと思われる電子音が響いた時には怒りすら感じてしまいました。
当然の心理でしょう。・・・というか、本来そうであるべきです。何故、そんな余計、いや、自粛されるべき事を・・・
>(巫女さんの写真)私も共犯ですから♪
オオバカヤロウかあんたは~~~~~~!!!
>真紅バスツアーの参加者は特別にその植樹のお手伝いをさせて頂ける事になりました
それは、非常にうらやましい限りです(非常に個人的なことですが(汗) )
>少なくともこの方に限ってはそんなことはなく、むしろ喜んでいらっしゃったようです。
時代の流れとか、今回のマスコットキャラクターのことについてそれなりに理解を示したというか、示さざるを得ないというか・・・? 眠兎 さんもこの前のレスで書いておりますが・・・ ひょっとすると、 W(仮) さんの存在がかなり大きかったのかも・・・?
>かの有名な(?)漏電迷伝の皆さんとは
・・・自分、知ってます(大量汗)。 他のサイト「RMS」の管理人さん(ナオ さんという方)も、似たようなレポートを・・・(汗)

それでは~・・・
茶菓シューさん、
>W(仮)さんが今回の企画を
私もそう思っています♪

神威さん、
>今度またなにかあるときは
こちらこそよろしくお願い致します!! 事前に目印を決めておかないと、あれだけの人がいると見つからないですね~
>落として
それはショック!! 私も乗車証を無くしてしまったかと思って焦りました…(ポケットに入れていたのを忘れていました)

Verdazuri-Hgさん、
>蒼星石を連想
そうだったのか!! 今頃分かりましたよ… ありがとうございます(汗)
>オオバカヤロウか
はい、そうで~す♪ 遠慮しながら撮ったので後姿ですがww
>非常にうらやましい
そう言えば、農学部でしたよね。なんじゃもんじゃって、よっぽど珍しい植物なんですね~。私なんかでは猫に小判です…。
当日僕は、めずらしく道に迷わずに一発で町民会館前に8:30ごろに到着しました。
でも帰り、道まちがえた・・・
弓月さん、探したんです
赤いシャツを着ている人探したんですが、わからなかったです。ていうか赤い
シャツ着ている人が数人いたので・・・
でも勇気を出して声をかければよかったなぁー


「巫女姿の巴さん」
て、スタッフの方だと思ってました。自分は、ホンマ何もわかってないなぁー。
>古来より、「人形(ひとがた)」は、所有者である人間の~守ってくれる存在であり~供養する。
母の実家にも70年近く前の雛人形がありますが(まさに薔薇乙女の生まれた時代?)これは、当時(何年ごろか、わすれましたが戦時中です)母が小さい
ころ、妹が不慮の事故で(最悪なことに家の中で)亡くなったとき、好きだった
この雛人形が亡くなった妹の前に飾ってあった(もちろん雛祭りでもないのに)
そして、当時を知る身内がその時のことを思い出すのでイヤだと言って,「雛祭り」の時すら出さなかった・・・。でも、4~5年前に出したのを見た。
このような境遇の人形も供養した方がいいのかな。
>大きなダルマがありましたけど、これも人形ですか?
硝子さん、
>8:30ごろに到着
早っ!! それだけ早ければ、グッズの売り切れには会わなかったのでは?
>赤いシャツ着ている人が数人いた
赤いシャツなんて平凡な目印でした…。次こそはお会いしたいです~♪
>このような境遇の人形
どうなんでしょうね~? お人形って、ある意味で自分自身を映す鏡のような物という感じもしますし、持ち主(お母様?)次第だと思います…。
>大きなダルマ
う~ん、一応、実在した人間を表してしているので、そう言えるの、かな~? はっ!! もしや、麻生外務大臣が選挙運動中に使った物、とか!?

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。