スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックマーケット68のローゼンメイデン情報

 「首都圏に住んでいる間に、折角ですから一度は行っておきましょう」という建前と、「ローゼンメイデンの限定グッズは必ず入手しなければ」という本音を使い分けながら、行って来ました、コミックマーケット68。
 これでも一応社会人ですので金曜日の第1日目は涙を飲んで諦めて、2日目の今日、ほぼ徹夜状態で、朝8時にりんかい線国際展示場駅に到着しました。興味本位な報道をテレビのニュースで見た事はありましたが、これ程の群衆に混じって行列に参加するというのは、人生初めての経験です。私が田舎者であることは間違いありませんが、それでもこの人数は異常です。
 予定が大幅に遅れたらしく、私の行列が移動を始めたのは9時20分頃だったと思うのですが、それでもあの人数で全くトラブルが発生しないというのもある意味異常です。日本人として誇りに思います。もちろん、コミックマーケットの優秀な誘導員のおかげであることは言うまでもありません。
 私の目的はローゼンメイデングッズのみでしたので、迷う事なく西館4階の企業ブースに向かい、日本人以外が見たら驚嘆するであろう美しい行列に再度並び、実際に建物に入れたのは10時20分頃でしょうか。予め調査しておいた玄冬舎コミックスのブースに直行し、ローゼンメイデン関連商品を全て購入しました。コミックス単行本4冊の表紙がデザインされたテレホンカード(1,000円)を1枚ずつと、パソコン用デスクトップアクセサリー(2,800円)を1本、合計6,800円の出費です。予算は10,000円程度を覚悟しておりましたので、これなら御の字です。正直なところ、折角のイベントなのですから、もう少し珍しい物を期待していたのですが。
 次に、TBS系列のアニメのプロモーションビデオを流しているブースに向かいました。正式にはアニメ「AIR」関連のブースということですが、ここで一番目を引いていたのはローゼンメイデン海の家の横断幕でした。ここでは1分間のローゼンメイデン・トロイメントの映像をデジカメに収めました。なんだか翠星石がまるで悪役のような表情をしていてショックでした。
<%image(20050813-SeaHouseFlag.jpg|320|240|ローゼンメイデン海の家の横断幕)%>ローゼンメイデン海の家の横断幕。書き込みが熱い!
<%image(20050813-PromoVideo0011Title.jpg|320|240|ローゼンメイデントロイメント・プロモーションビデオ・タイトル)%>ローゼンメイデントロイメントのプロモーションビデオ。タイトルは真っ赤。
<%image(20050813-PromoVideo0032Suiseiseki.jpg|320|240|まるで水銀灯に憑依でもされたかのような翠星石)%>まるで水銀灯に憑依でもされたかのような翠星石。怖い…。
<%image(20050813-PromoVideo0107FieldOfN.jpg|320|240|沢山の水晶がそびえたつ「nのフィールド」)%>沢山の水晶がそびえたつ「nのフィールド」。薔薇水晶の世界でしょうか?ジュンの左隣には真紅がいるのですが画像を縮小したら分かりにくいですね。
 今度は東館に向かい、この日にローゼンメイデン関連の同人誌を販売していた唯一のサークルを見に行ったのですが、よほど人気があるらしく、ここでも大変な行列になっていました。並んでいる人達の顔を見ていると、どうもこの同人誌の内容がえっちく思えてしまって(皆さん勝手に決めつけてごめんなさい)、結局並びませんでした。ローゼンメイデンの美しい世界にエロもグロも要らないのですよ、私としましては!
 最後にコスプレの会場に行ってローゼンメイデンのキャラを探しました。見つかったのは翠星石が2人と蒼星石が1人。大体、真夏にあのフリルとレースがいっぱいの立派なドレスを着ろと言う方が酷な話なのです。それにしても、Yahoo! Auctionでたまに出品される翠星石のコスプレ衣装に「男性用」だのサイズが「XL」だのという不可思議な記載の意味がやっと分かりました。ちゃんと需要があったのにはびっくりです。スーパードルフィーの縮尺を考えてローゼンメイデンのドールを人間サイズに換算すると、身長約120cmになるはずですので、小柄な小学生の女の子の翠星石を見てみたいです。結局ここでは日本人の顔にはやっぱり黒髪が似合う、との持論を再確認しただけで写真も撮らずに帰りました。
 今日の天気は朝からずっと曇りで、たまに雨粒が降りはしましたが、熱中症を起こさずに済んだのには大変助かりました。と言いますのは、最初に2時間以上行列に並んだ以外にも、広大な会場内を移動するだけでも相当な時間を費やしたからです。参加者の安全のために一方通行の通路が数多く設けられているので、事前に自分なりの道順を計画しなかった私は酷い大回りを余儀無くされたのです。これが真夏の炎天下でしたら、確実に熱中症を起こしていたことでしょう。それでも雲の向こうから太陽は確実に私の体温を上げたようで、水分補給も大事ですが帽子も不可欠だと痛感しました。
 目的を十分に果たした私は、11時30分には会場を後にしました。帰宅して一眠りして荷物を開いたら、「ローゼンメイデンの世界へようこそ」という無料小冊子が何故か4冊も入っていて驚きました。あちこちでついつい貰ってしまったのです。タダだし。捨てるわけにもいかないし、どうしましょう?
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/30-b005dece

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。