スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥエルヴァルツァの発売日がまた延期に

 3月30日→4月20日→4月27日。このままズルズルなんて嫌ですよ、タイトーさん。噂によるとこの作品を最後にタイトーはスクエアエニックスに吸収合併(?)されてしまうらしいので、悔いの無いように完成度を高めていらっしゃるのでしょうね。

 いやいや、よ~く考えてみると、何故たったの1週間なのか? 私なりの結論から言ってしまえば、
・4月20日には他にも強力なタイトルがいくつも発売されるので、同時に買ってもらえるかどうか…?
・しかし4月25日のお給料日の直後なら、あるいは…!!
という戦略ではないかと思います。いわゆる「キャラゲー」の悲しさ、発売前は過小評価される運命にあります。となれば、ゲーム性よりもローゼンメイデン性(そして懐中時計♪)を求めてしまう私のような薔薇乙女ファン以外の「一般の」お客さんは、4月20日に発売予定の「MOTHER 3」などを優先して、ドゥエルヴァルツァ用の予算までは残らないでしょう。そこで、多くの企業でお給料日に設定されている25日を挟んで、その直後の27日に勝負を持ち越した、とは考えられないでしょうか。

 …などといくら理屈をこねても、やっぱり延期は嫌ですね。私としては引越しの後で、お給料日が待ち遠しい状態ですので、大助かりなのですが(汗)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/274-61c33e1d

コメント

1週間という微妙な延期は私も気になっておりました。やはり競争という道は避けては通れないのかもしれませんねぇ・・・
やはりここはファンの一人としてゲームの面白さと(やる前から言うな)ローゼンメイデンの素晴らしさを少しでも世に広めていきたいですね!
一般人よ、ローゼンに目覚めよです~w
いや、このままズルズルなんて、むしろ歓迎ですw
PS2を我が手中に収めるまでは! …ん?

実は、PS2を買うのにちょっと躊躇いがあって… 
…買うと、のめり込んでしまい、PS2と一体化してしまう危険が(汗)
なにしろ、セルフコントロールがきかない性分なので、
(世間的には、おサルさんと呼ぶ?)買う決心がなかなかつかない…

ローゼンゲームやりたいし、でも、これ以上おサルさんになりたくないし、
う~ん、うんうん、…ほとほと困っています。(このへんもおサルさん並?w)
ギンさん、
>競争という道
アニメDVDも高いですが、ゲームソフトも高いですよね~(涙)。私なんて年間1本買うかどうか…(ローゼンメイデンは別♪)
>一般人よ、ローゼンに目覚めよ
そのとおりであります!! 調べれば調べるほど、その深~い世界観に驚かされるので、大人でも十分に楽しめる作品なのですが…「萌え」要素だけが有名になってしまっているのでしょうか?

真紅命さん、
>のめり込んでしまい、PS2と一体化
そうですね~、私ものめり込むと止まらない性分で、大学受験直前の追い込み期間も毎日ゲームしてました…(汗)。今でも、ローゼンメイデンと一体化して…ww
弓月水晶さんへ
たぶん、この抱き枕などのグッズの発売日に重ねたかったんだと思います。これらのグッズを買いに来た方々が合わせて購入されるようにと・・・・・
蒼帽子さん、
こちらでは初めまして~&コメントありがとうございます~♪
>抱き枕
あっっ!! …もうそんな時期でしたね…。あれ、どうやって持って帰よば良いのでしょうねぇ? さすがの私でも恥ずかしいですよ? でもその前に、予算が!! 予算が~っ!!
それ以前にスペースが無いしぃぃ~~っ・・・

ローゼンは、お久しぶりです

以前既に書いたかもしれませんが、自分はゲームはPCのみでやっており(パソコンソフトとしてインストールするタイプのもの限定でプレイ)、その他のゲーム機は一切持っておりません(一応・・・ 弟なら・・・(大量汗) )。 しかも、ゲームのジャンル自体、自分が興味無いと・・・(どう言うんだろう、この状況を? ・・・「遣る瀬無い」か ・・・??)

 それとこれは別の記事のレスへのコメントなのですが・・・
>親に借金
 自分も同じです。 ちなみに、両親からは「自分たち(親)以外のところからは絶対に借金するな!」と、言われております。(実は、自分と 弓月水晶 さんは、まさか・・・ かなり同類かも?  とは言っても、日本国内から出た事があるのは20数年の人生の中でほんの数日ですが) )
悲しくもアニメ=萌え系みたいな偏見がありますからね・・・
そりゃ薔薇乙女は大好きですしグッズには飛びつきますけどw
あと別記事ですが、
>何はともあれまずは2枚のローゼンメイデンのポスターを壁に飾って
涙が出ました、弓月さんはローゼンファンの鏡です。私も引越しの時ローゼン関係は本当に気を使いました・・・
Verdazuri-Hgさん、
>お久しぶりです
思わぬご無沙汰をしてしまいました~(汗)
>ゲームのジャンル自体
システムの説明を読む限り、いわゆる「ギャルゲー」というか、アドベンチャーというか…ww 戦闘シーンが「シューティング」という情報が気になって仕方ありません♪
>「自分たち(親)以外のところからは絶対に借金するな!」
やはり、皆さん同じですね~。私なんてむしろ親に仕送りをするべきお年頃なのに…。
>かなり同類かも?
色々な意味で、似た「ニオイ」を感じます…ww 是非一度お会いしたいですね~♪

ギンさん、
>アニメ=萌え系みたいな偏見
知ったかぶった人たちって、本当に困ったものですよね~。そんな人たちには是非「蟲師」を見て頂きたいです。
いや、勿論ローゼンメイデンシリーズも、松尾監督が作品に込めた想いを読み解けば、実はかなり重たいテーマなのですが。
>引越しの時ローゼン関係は本当に気を使いました・・・
ですよね~、たとえお金を積んでも二度と入手できないようなものもありますから。
そういうわけで私は事前にローゼンメイデングッズだけを抱えて新旧住居を2往復したのでした(契約などのついでですけど)♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。