スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kukuiさんの「アルカナ」の歌詞の意味について

 ローゼンメイデン・トロイメントのED「光の螺旋律」のCDに収録されている「アルカナ」には、歌詞カードに書かれていない歌詞があります。とは言っても、たったの6文字、
「キ・リ・エ キ・リ・エ」
という全く意味不明な音節の連続で、意味があるのかどうかも深く考えていなかったのですが。いや、正直なところ、無理やりフランス語での解釈を試みたら、
“Qui riait?”=「誰が笑っていた?」
とか、
“Qui liait?”=「誰が繋いでいた?」
とかになってしまい、ますます不可解になるので諦めていたのです。しかしこの度偶然にも、それっぽい情報が見つかりましたのでご紹介します。

http://www.asahi-net.or.jp/~ez3k-msym/kyrie.htm(massangeanaさん、誠に勝手ながらリンクを張らせて頂きました)
↑こちらに、これ以上無い程に詳しく説明されていて、失礼ながら私の興味がある部分だけ抜粋させて頂きますと、「キリエ」とはギリシャ語で「主」を意味する言葉なのだそうです。つまり、「アルカナ」は、平たく言ってしまえば、「神様~」と呼びかける歌なのですね。

 ここで、ローゼンメイデンとしての解釈を加えますと、ドールズにとっての「神様」とは即ち「創造主」であり、つまりは生みの親である「お父様」を意味します。

 さらに、蛇足ながら、タイトルの「アルカナ」の意味を考察してみます。
 一般的に「アルカナ」と言えばタロットカードのことで、特に「魔術師」、「隠者」、「星」、「教皇」、「戦車」、「愚者」などの特殊な絵札を「大アルカナ」と呼ぶのですが、「アルカナ」=“Arcana”とは本来は「神秘そのもの、または神秘的な何か」を意味するラテン語の単語(複数形)です。
 ローゼンメイデンにおいて「神秘」と言えば、イタリア語で「神秘的な薔薇」を意味する「ローザミスティカ」=“Rosa mistica”です。そして、この歌詞の元ネタ(?)と思しきミサ曲では「キリエ(=主よ)」の後に「エレイゾン(=憐れみ給え)」と続くそうです。

 したがって、この曲は「ローザミスティカの力によって生きる人形であるローゼンメイデンシリーズのドールズが、お父様に慈悲を請う歌」なのではないかと考えられるのです。

 以上の仮説を検討するために、作中で「アルカナ」が流れる場面を探したところ、第8話「人形師」で見学中のジュン君に槐が人形の頭部を見せて「これは失敗作だけどね」と説明するシーンを見つけました(他にもあるかも知れません)。その後、ハンマーで砕かれてしまう運命であることを考えると、失敗作とされた人形がまさしく「慈悲を請う」心境であろう事は想像に難くありません。もちろん、失敗作ではない薔薇乙女達にとっても、特に真紅や翠星石は、なんとか「お父様」の慈悲にすがってアリスゲームによって姉妹が「迷子になる」ことを止めて欲しいはず。そんな心境がテーマの曲なのではないかと思いました。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/233-03822aa8

コメント

初めまして、蒼と申します。
結構前からここを見させて貰っていたのですが、
書き込みするのはこれが初めてです。
いつも深い、ローゼンについて凄く追求して
凄いと思います。
「光の螺旋律」、私も持っていますが
「アルカナ」についてはあまりよく考えた事は
ありませんでした。
「キリエ」の意味はそういう意味だったのでしょうね、恐らく・・・。
弓月水晶さんの記事には毎回驚かされ、毎回感心します。
これからも頑張って下さいね。ではでは。
ちょっと、確認したいことが…
あのリンク先の、ギリシア語とラテン系語の説明の文章は、RM関係のものでしょうか?
自分には、なんとなくRMとは無関連の、神話等全く別のコンテンツを扱っているサイトかと感じられたので…。

 あと、これは別の話題になりますが、12月下旬初出の、Phase33でのオディールさんの指輪のこと、今度のBIRZ4月号ではやっぱり判明しませんよね~!?

 ちなみに、話は前後しますが、自分の専攻分野などの関係上、ギリシア語やラテン系語を目にする機会があるものでして…余計且つ中途半端な知識や情報が、あ、いや、何でもないです失礼(汗)w
蒼さん、
こちらでは初めまして~&コメントありがとうございます~♪
>「アルカナ」については
私も偶然に見つけたんですよ~
実は「Kamp」の歌詞もとても気になっているのです…。

Verdaruri-Hgさん、
>リンク先の、ギリシア語とラテン系語の説明の文章
いいえ、恐らくローゼンメイデンとは全くの無関係だと思います。
一応サイト全体を拝見したのですが、あの説明文は一般的な「ミサ曲」の解説をされているようです。
>今度のBIRZ4月号では
どうなんでしょう? 早く答を知りたいですね~♪
PEACH-PITさんたちの公式サイトでは「真紅と金糸雀と水銀燈と…なお話。」との予告がされていますので、雪華綺晶とオディールさんの物語は、う~ん、望み薄ですかね~??
>専攻分野などの関係上、ギリシア語やラテン系語を目にする
年末に「コンピュータ・シミュレーション」のお話がありましたので、勝手に理学・工学系かと想像していたのですが、もしかして化学・バイオ系でしょうか?
実は、趣味(興味対象分野)が・・・
「自然科学全般」なんです・・・
そういうことが結構小さい頃から好きなので、実質“専攻分野云々”というべきではなかったかな?とも思ってたりして・・・
 ま、いわゆる理工学系というか・・・似たようなもの・・・じゃないかな、その上に、ホレ、世界史とか人類・民俗・文化や経済にも明るくなければ出来ない学際領域分野・・・ あるじゃないですか、ホラ、農薬化学や園芸学・植物遺伝学、○○実践や家畜飼育の倫理学に到るまで、全部出来なくちゃやってられない、人間生存環境に関する分野に直接的且つ間接的に関わってくる、物凄くステキな学術大系分野が・・・
“農学” ですよ、農学。 文/理の区別を完全に飛び越えた総合科学分野の。
 ・・・ドイツ語とフランス語にある程度明るくて、当然の立場??? ・・・です


話は思いっきり前後しますが、やはり「ミサ曲」を主題にしているサイトですか・・・


・そちらの方(というか、仕事先の東京の方)では、BIRZは本日発売でしたっけ? ネタバレ込みの感想、楽しみにしています。まあ、お仕事で忙しい事もあるかもしれませんので、気長に待ちますが。

P.S. また、「薔薇乙女研究掲示板」に、荒らし・・・というか、spamが入り込んでいるので、報告しておきます。
Verdazuri-Hgさん、
>農学
おぉ、なるほど~、納得です。私の身内にも農学部出身者がいて、いろいろと面白い話を聞かせてもらったものです。
>BIRZ
期待しつつ発売日前日の今日、秋葉原に行って来たのですが、フライングはありませんでした…残念。明日こそは、勝負!!(<何の?)
>SPAM
ありがとうございます~。毎回別のドメインから書き込んでるんですよね~。多分自動ツールを使っているのでしょうが。…そっか、掲示板のアドレスを少し変更すれば良いのかな? それ以前にちゃんと活用していない気が…(汗)
歌詞に書いていないのは
そんな事言ってたのですね・・・
参考になります
ローゼンさん、
>そんな事
私も意外でした…♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。