スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデン・トロイメント「オリジナルドラマCD」感想(ネタバレ自粛)

 すっかり忘れていました。言い訳がましいですが、「ファン感謝祭」のレポートや(もはや誰かに読んで頂くためというよりも、自分自身の記憶力に対する挑戦と化してます)、公式BBS閉鎖のショックなどで頭が一杯で…。私が普段からお世話になっているショップでは発売日前日の晩にはフライングで購入できたのに…!! 発売日当日の昨夜になって仕事帰りに購入し、寝る前にMP3にエンコードして、今朝の通勤電車の中で聞いたのですが、…こういった作品は部屋にこもって一人静かに楽しむべきですよね。いくらポーカーフェイスを気取ってみても、何度か顔がにやついてしまいましたよ。あと、雛苺の声…幼い上に、よく響きます。ヘッドフォンの音漏れが心配になるくらいに。
 余談ですが、今思い出しましたので、忘れないうちに。「ファン感謝祭」で雛苺役の野川さくらさんが、幼い声を出すのが難しくて、第1期よりもトロイメントの方が上手に出来るようになった、という内容の発言をされてました。トロイメント第1話を初めて見たときに、ジュン君の成長以上に雛苺の精神年齢の低下に驚いたのですが、これは野川さくらさんの声優としての成長の証だったというわけですね。

 さて、一通り聞いた感想ですが、なかなか考えてますね~、トロイメントの主な声優陣のほぼ全員が参加してます。例外は…柴崎夫妻と山本君ですか、やっぱり。思わずクスリとしてしまう小ネタが満載なので、これは原作、アニメ、前回のドラマCD、の全てを先に知ってことを前提に作られているのでしょう。



本編「病」前編・後編
 「風邪をひいたジュン君をドールズが看病する」という大枠は広告で知っていましたし、その部分についてはほぼ想像通りのどたばた喜劇なのですが(シナリオを担当したのが第1期とトロイメントの両方で第5話と同じ人ですし)、その脇を固めるキャラクターがいろいろと良い意味で予想を裏切ってくれます。一番印象に残った台詞は、
真紅「巴、恐ろしい子…っ!」
 そして一部のファンからの賛否両論が予想されるのが、水銀燈の意外な一面。ここらへんは、前作のドラマCDを聞いてないと本当に意味不明かも知れません。



番外編その1「翠星石・初めてのお使い」

 こういうタイトルを持ってくるあたり、やはりドールズの本来の精神年齢は幼児並みなのかな~、と思ったりもしますが、確かにこの物語における翠星石は、お使いの目的も内容も方法も結果も、全てにおいて「ライバル」に負けている気がします。これを聞く前に、まずはトロイメント第5話(DVD第3巻収録予定)を見るか原作extra phase(単行本第4巻収録)を読むかすることを強くオススメします(この時点でもうネタバレかなぁ?)。


番外編その2「くんくん探偵対ラプラスの魔」

 まずいよ、これ…。ちょっと良い子の皆には聞かせられませんよ…なんて感想を抱く私は、「そっち」方面にも理解力があることを自ら告白しているようなものですが、私自身は「そっち」の趣味はありませんって言うかむしろ苦手(当たり前だ)って言うかそれ以前に私は「ローゼンメイデン」だけは「工口」から完全に切り離していたいのですよ?? とにかく、このタイトルは間違っています。恐らくは狙った上での確信犯かと存じますが、正しくは「ラプラスの魔×くんくん探偵」です。悪い予感がする方は反転しないで下さい♪ 全くの蛇足ながら、「ラプラス」=“Laplace”は元々は実在したフランス人物理学者の名前(苗字)で、「場所」を意味する女性名詞です(仏語:La place =英語:The place)。…はい、どうでもいい事なのですが、シナリオに違和感を感じたものですから。
 ところで、真紅が真相を知ったら…ラプラスの魔、しっぽを引っこ抜かれるどころか、殺されますよ? いずれにしても、トロイメント第8話「人形師」以来の、「そっち」方面の同人誌での第4の被害者(?)が決定してしまいましたね~♪
 しかし、一人二役でこんなシナリオを演じきる津久井教生さんは、素晴らしい声優さんですね。



番外編その3「薔薇水晶改造計画」
 私が恐れていた、ドレスの色を白くするして眼帯を左右逆にするようなお話ではありませんでした。他の薔薇乙女と比べて薔薇水晶はキャラが立っていないから台詞回しを改造しよう、との白崎の提案で、白崎と槐が薔薇水晶に色々とマニアックな台詞を言わせる、という企画です。薔薇水晶があの声のままであんな事やこんな事を言わされるのがこんなに面白いとは本当に意外でした。全然嫌がらないし。その過程で白崎と槐の意外な趣味が明らかにされるのですが、槐はローゼンと言うよりもクレタ島のピュグマリオン王ですね。そして白崎は本当は薔薇水晶よりも水銀燈の方がお好みなのかも知れません。…これ以上は何を言ってもネタバレなので自粛します♪(既に手遅れか?)
 あと…トロイメントの前に放送されていた「苺ましまろ」の知識があるとちょっぴり余計に楽しめるかも知れません。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/231-4237544f

コメント

…!!  これは…!?
実は…
オトウフマテリアル
に、行ってしまって…
(大量汗)
・・・衝撃(笑劇?)の絵を見てしまった…。

もう、後のことは言いません、敢えて…。(ネタバレになる?し)




ええと、買うのに思わず躊躇してしまう内容なようで…(滝汗)。

・・・とりあえず、金銭的なこともあるけど… 購入は暫く見送ることにしようっと…。
Verdazuri-Hgさん、
>オトウフマテリアル
私も見てしまって噴き出しました…私が受けた印象のまんまです。
>躊躇してしまう内容
PEACH-PITさんたちのブログでも触れられているのですが、
確かに2重にマズイですよ、ホント。
でも、底抜けに楽しい話ばかりなので、鬱要素の残るトロイメントの口直しにぴったりです♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。