スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの子」と「あの子」の命日の特定を試みる(1)

 最近は風邪をこじらせたりパソコンのOSを再インストールしたり(あとそれなのにコンサートにお出かけしたり)で薔薇乙女の研究をさぼり気味だったのですが、そんなことをしている間に祝・8万ヒット~!! 皆様、ありがとうございます~♪

 ちょっと真面目に(?)再開するに当たって選んだテーマは、「あの子」と「あの子」の命日の特定を試みるというものです。Verdazuri-Hgさん御発案の「あの子」の追悼式典を執り行なうに当たってお役に立てれば幸いです(不謹慎に思われるかもしれませんが、これでも大真面目なんですよ~♪)。あと、水銀燈の復活記念日も特定出来るかもしれませんね。お祝いは既に去年のクリスマスにしちゃいましたが。

 で、当然のことながらこの先はトロイメント全12話まで完全ネタバレですのでご注意下さい~!!
 「あの子」と「あの子」とは、もちろん蒼星石と雛苺の2人のことです。翠星石と金糸雀とは違って、最後まで生き返りませんでしたから。蒼星石は第9話「戒」にて、雛苺は第10話「巴」にて、それぞれ旅立ってしまいました(ただし、蒼星石の場合は、水銀燈にローザミスティカを奪われた瞬間に「旅立ち」が確定したという考え方も出来るので、その場合は第10話「巴」)。
 では、この第9~10話は、一体「いつ」の事なのでしょうか? 画面を注意深く観察すると、いくつかのヒントが得られます。

 まず、第1話「薔薇水晶」が、巴ちゃんの通う「上井戸谷第二中学校」の1学期最終日(つまり夏休みが始まる前日)に始まります。そして、第12話「少女」になっても、ジュン君が復学しなかったのはおろか、巴ちゃんまでもが私服のまま街を歩いています。つまり、まだ夏休みは終わっていないのです。
 ローゼンメイデン・トロイメントの舞台は当然日本国内でしょうから、夏休み期間である7~8月の出来事ということになります。ここまで細かく検証しなくとも、第1話「薔薇水晶」の時点ですでにジュン君の部屋のカレンダーが7~8月なのですが、念の為。

 さて、このジュン君の部屋のカレンダー、曜日も確認することが出来ます。その結果、このカレンダーが2005年のものであることが分かります。いや、まだ結論を出すのは早いですね。ちょっと調べただけでも、2011年、2016年、逆に1994年、1988年も同じ曜日だからです(これって節約技として「伊藤家の食卓」で採用されないでしょうか?)。
 さらによく調べると、7月の18日が月曜日なのに赤字になっていることも分かります(私が録画したTBSの地上波では良く分かりませんでしたが、DVDでははっきり分かりました)。これは「海の日」ですね。海の日は、1997年に祝日として制定された当時は(正確には1941年に制定されていたのですが、国民の祝日となったのは1997年以降)7月20日に固定されていたのですが、2003年からは7月の第3月曜日に変更されたという経緯があります。したがって、トロイメントの舞台は2003年以降になります。さらに、先ほど調べたとおり、1994年と2005年の間には曜日が同じ並びになりませんので、2005年以降という所まで候補が絞られました。
 では、2005年、2011年、2016年、…のうち、どの年なのでしょうか。実は、ここまで例によって「念の為」の細かい検証を行いましたが、実は答は最初から提示されていたのです。第8話「人形師」にてジュン君の目の前で槐が人形を造る場面で、人形の首筋に槐の名前が彫ってあって、そこには「Enju 05」と読めるのです。これはつまり、「2005年の槐の作品」という意味ですね。念の為の検証とも合致しますので、これで結論付けても良いでしょう。

 結論(1):ローゼンメイデン・トロイメントの舞台は2005年の7~8月。したがって、蒼星石と雛苺の命日もこの期間に含まれる。

(続く…多分)


 本当は、ここで銀描きさんから教えて頂きました「ドイツ軍問題」を取り上げたいのですが、これだけはどうしても矛盾が残ってしまいそうなのであえて目をつぶらせて頂きたいです。
 「ドイツ軍問題」(と私が勝手に一人でそう呼んでいるのですが)とは、第6話「天使」にてメグの病室で水銀燈が真紅との闘いの記憶を反芻している際に、戦車と軍人の姿が映るのですが、この戦車が活躍した時代が合わないのです。つまり、この戦車は旧ナチスドイツ軍の「パンター」または「ティガー2」のどちらかである可能性が強いらしいのですが、導入されたのが1942年頃なので、水銀燈の復活を2005年と仮定して、その58万6,920時間前、つまり67年前は1938年となり、4年程度の誤差が生じてしまうのです。銀描きさんの考察によると、真紅と水銀燈が戦車の近くで闘う場面はnのフィールドではなく現実世界なので、水銀燈の記憶違い、という解釈が一番無難なのかもしれません。第1期第12話「真紅」で真紅に倒されてから復活するまで、設定では数ヶ月経っているらしいのに、その間の記憶が完全に抜け落ちてましたものね。



 このテーマを続ける上で参考にさせて頂きたいのですが、2005年に中学生だった方がおられましたら(つまり…現役中学生の方)、
・お住まいの地域(関東地方とか、東京都とか、大雑把で結構です)と合わせて、
・1学期の最終日がいつだったか(つまり夏休みがいつから始まったか)、
を教えて頂けないでしょうか? 私は中学生の頃は海外に住んでいたものですから、よく分からないのですが、全国的に同じ日なのかどうか、違うならどの程度の幅があるのか、を教えて頂きたいのです。
 コメント欄に書き込んで頂けると一番お手軽です。ただ、本名や学校名などの個人情報を出すのは意外と危険だったりするので、くれぐれもハンドルネームや無記名でお願いします。「管理人だけに表示を許可する」にチェックを入れて頂ければ、書き込みの内容は私にしか見えません。

 よろしくお願い致します~♪
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/211-f4c0c75d

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
匿名希望様、
詳しい情報をありがとうございました~!!
大変参考になりました。
日本の中学校の夏休みって、私が想像していた以上に幅が広いのですね…。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。