スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エーデルローゼ」で「ローゼンメイデン・トロイメント」の予習

 今更ですが、2005年5月24日(火)に発売された、アニメ「ローゼンメイデン(第1期アニメ)」の関連書籍「ローゼンメイデン エーデルローゼ」について。表紙は金文字、B5版の上質紙で、内容の実に2/3をフルカラー印刷のページが占めるという豪華な仕様なのに、何故か、評判悪いんですよね。
 確かに、全95ページで定価2,415円(税込)というお値段では、余程のファン(例:お給料日の前日であろうと発売日当日に購入した私)でなければ買う気になれないのかも知れません。しかも、掲載されているイラストの大部分が様々なアニメ雑誌や他の関連商品で既出となれば、既に様々なローゼンメイデングッズを収集したコレクターとしては魅力を感じないのも無理はありません。
 しかし、視点を変えて、最近「ローゼンメイデン」のことを初めて知ったばかりの方の立場で考えると、これまで発表されたおよそ全ての関連商品を網羅している「ローゼンメイデン エーデルローゼ」は、大変お買い得です。第1期アニメについて何も知らなくとも、「ローゼンメイデン エーデルローゼ」だけ読めば、2005年秋放送予定の第2期アニメ「ローゼンメイデン・トロイメント」を見る上で十分な予習になるからです。特に、原作コミックス版とはストーリーに決定的な違いがあるので要チェックですよ。
 蛇足ですが…「ローゼンメイデン エーデルローゼ」って、語学的にはかなりチャンポン。私の知る限りでは、「ローゼン (Rozen)」はオランダ語で「薔薇の」、「メイデン (Maiden)」は英語で「乙女」、「エーデル (Edel)」と「ローゼ (Rose)」はドイツ語でそれぞれ「高貴な」と「薔薇」、という意味です。こんな題名、日本ならではですよねぇ、と言いたい所ですが、欧米人もアジア諸国の文化をごちゃ混ぜにしている場合が多々あるようですので、おあいこです。
 更に蛇足ですが…私、「ローゼンメイデン エーデルローゼ」62~64ページのローゼンメイデン関連グッズの紹介を見て初めて「カードガチャ・ステッカード」の存在を知りました。一体いつから販売していたのでしょうねぇ。急いで大人買いをしに出掛けたのですが、自動販売機(と言うのでしょうか?)の調子が悪く、結局4セット16枚しか買えないまま、以来どこを探しても全く見つかりません。ご存知の方が居られましたら是非教えて下さい。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://crystalcroissant.blog20.fc2.com/tb.php/13-8ed975a7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。