スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薔薇乙女フェア」の詳細

 ヤンジャンの特設サイトはまだ更新されていない(9月11日正午現在)のですが、昨日発売のヤンジャン41号の441ページ(目次の隣のページ)に、なんとフルカラーで掲載されてました♪
・単行本第2巻
・画集「Rozen Maiden」
・ヤンジャン42号~45号
以上6点を購入して、応募券を集めると、薔薇乙女グッズが抽選で当たる、という内容でした。

 私はてっきり、過去にアニメイトやゲーマーズであったような、特定の店舗とタイアップして指定商品を購入するだけで特典が(先着順で)もらえる、的な企画だと思い込んでいたので、ちょっとびっくりです♪

 …この種の情報が見つからないので、いまだに単行本と画集の予約が出来ていないのは秘密(←欲張りw)。

 さて、この薔薇乙女グッズは、
・A賞:卓上カレンダー
・B賞:額装・高級複製原画(7種類の中から選べる)
・C賞:QUOカード(500円分、単行本第2巻カバーのイラスト)
・D賞:ジグソーパズル(画集カバーのイラスト)
だそうです。自称薔薇乙女収集家としては全て揃えたいところですが、各賞100名。…とても手に入る気がしません(涙)。

 なお、応募一口あたり、6点を購入するために必要な金額は、ヤンジャン一冊320円で試算すると、合計4,560円也(汗)。額装プレゼントの際も、応募一口あたり、新装版単行本7冊を購入するために必要な金額が、第7巻を通常版で我慢した場合でも、合計4,760円だったので、ほぼ同じ金額ですね♪ …って納得出来ません(泣)。

 多少高額になったとしても、納期が大幅に遅れるとしても、「応募者全員サービス」という名の受注生産による誌上通販にした方が、出版社も読者もみ~んな幸せになれる気がするのですが、こんなに単純な話ではないのでしょうか?
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。