スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【修正】原作単行本第8巻の立場は…?

 3月30日付でリニューアルされたPEACH-PITさんたちの公式サイトですが、4月5日(日)付けでモバイル版ブログも立て続けに更新されていました。なお、このモバイル版ブログは携帯電話などに限らずPCからでも普通に閲覧可能です♪

 ここで、1つ非常に気になる点があるのですが、ローゼンメイデンの単行本は
7巻発売中
と紹介されているのです。単行本は第8巻まで発売中のはずなのですが…単なるミスなのでしょうか? 【追記:情報が古かった(2007年6~7月の時点??)だけみたいです(汗)。以降は早とちりに基づく妄想ということでお願いします(汗)。】それとも、内容が通常の半分程度しか無い第8巻は、「無かったこと」にされてしまうのでしょうか??

 ローゼンメイデンの版権が幻冬舎から集英社に移り、既刊単行本が今後は新装版として集英社から発売されるのだとしたら、単行本第8巻のイレギュラーな形態はそのまま引き継ぐ訳にはいかないような気もします。2~4話を加えて、他の巻と同様の厚みにするというのなら、納得出来る措置だとも思います。

 しかし、これは少々飛躍した想像かも知れませんが、第8巻に収録された、連載中断直前のPhase 41~43の全てまたは一部も「無かったこと」にされる、という可能性も考えてしまいます。連載を再開するにあたって、素直にPhase 43の続きを描くものだという前提であれこれ考えていたのですが、それでは新しい読者にこれまでのあらすじをどのように説明するのは難しいのかも知れませんね~(汗)。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。