スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルショ前夜撮影会兼徹カラ

T.H.さん「ドール系イベント前夜ですが、通例の徹カラはどうなっているのでしょうか?(意訳)」(4/28の日記より)

 4/29(祝・日)は、柿崎メグ役・河原木志穂さんのお誕生日でした!! おめでとうございます~♪ また、あしや人形感謝祭の日でもありました!! 今年は選挙の関係でローゼンメイデン関係のイベントは開催出来なかったのが残念ですが、来年に期待してます♪ そして、第19回ドールショウの開催日でした!! お会い出来た皆様、お会い出来なかった皆様、お疲れ様でした&失礼しました&お世話様でした~♪ …あ、あと昭和の日でもありましたね(汗) お陰で月曜日の仕事の心配をせずに体力の限界まで楽しませて頂きましたww

 それはゴールデンウィーク初日の事。冒頭のような挑発(じゃなくて)お誘いを頂いた以上は受けて立たなければ♪ せっかく干したお布団を濡らしてくれた夕立が治まるのを待って、まずは渋谷へ。とみおかっちさんと合流して、某ショップで某グッズをウィンドーショッピング。…ブランド物は質は良いけれどお値段が高いということが良く分かったところで退散(汗)。

 その時、衝撃の第一報が。…月刊コミックバーズ7月号でローゼンメイデンが最終回!? 相変わらず訳の分からない編集部に対して動揺を隠せないまま、東鳩さんと合流して夕食に…その前にアニメイトに寄って月刊コミックバーズ6月号を購入。無理矢理な希望的観測をモブログで送信して精神的安定を図りました(汗)

 その後、某カラオケ屋さんに移動したところで、仕事帰りの堀場さんと合流。最後に、同じく仕事帰りでしかも職場の飲み会後の横山さんも何故か3人に増えた娘さんたちを連れて合流ww これでお父様が4人に対して娘さんが6体も。お留守番組も合わせれば1人平均2体という状況。「ドールは増殖する」の法則は真理です♪
集合写真@徹カラ
↑せっかくなので記念の集合写真♪ 左から、
です。なんだかもう色々な意味でカオスですww とにかく、楽しんだ者勝ちと言う事で♪ なお、どの子が誰の娘なのかは一部の家庭の事情により伏せさせて頂きますので悪しからずご了承下さいww

 隣りの部屋から漏れ聞こえた選曲に何故か対抗心が燃え上がり、こちらも負けじと:
3人でハレ晴れダンスww
↑「ハレ晴れユカイ」を歌う前に、かの有名なダンスのポーズを取らせたり♪ 腹部の左右方向の可動範囲はDDが一番ですねww

メイド合わせ♪
↑もう一枚、メイドさん合わせ(汗)

 鉄カラを終えて外に出ると日光が目にしみました(汗) まずは腹ごしらえ…と何故かラーメン屋へ。替え玉まで頂いてお腹が一杯になったところで浜松町へ移動。1,000円払って貰ったガイドブックは…どのディーラーさんが何を売っているのかがさっぱり分かりません(汗) 整理券の番号を呼ばれるまでうとうとして、呼ばれた後も列に並んでうとうと。

 肝心のドールショウ19ですが、その5日後に開催されるドールズパーティー17で限定発売される公式SD双子で頭(特に予算面で・汗)が一杯な私は結局パンフレット以外何も買わず仕舞い。ぷにコレシリーズの翠星石を見かけたのですが、残念ながら撮影禁止。プーリップ&蒼星石薔薇水晶とダル金糸雀も展示されていましたが、その時は撮影禁止時間(混雑緩和のため)中でした(汗) 今回の収穫は、ディーラーさんの中には色々と交渉可能な方も存在することが分かったこと♪ 特に、水銀燈&薔薇水晶のヒールブーツをSDサイズで作って頂けるかも知れないのは嬉しいですねぇww 既に3人から希望が出ていて、加えて私たちの仲間が3人、あと14人くらい増えれば6,000円程度で作って頂けるそうですよ♪ しかも、前もってお願いしておけば色違いも可とは…素晴らしいww

 結局、仲間内でお買い物をしたのは、東鳩さんのロングドレス1着だけ。一旦会場を出て腹ごしらえをしてから、会場に戻って今度は撮影スペースへ。ついつい薔薇乙女なドールを探していたら、見覚えのある凛々しい水銀燈と、可愛らしい水銀燈を発見。すぐに移動されてしまいましたが、その先にはやはり見覚えのある集団薔薇乙女が♪ 集団はローゼンメイデン系オンリーイベントで何度かお会いした麦×罰さんの娘さんたちでした。なんか増えてる…と思ったら、MSDでFateのイリヤちゃんをお迎えされたそうで♪ さらにお話を聞いてみると、凛々しい水銀燈は予想どおりrevさんの娘さんでした。もう一人、凛々しくもアホ毛の立派なセイバーさんはrevさんの新作♪ 可愛らしい水銀燈のお父様はぞるださん。残り時間が少なかったのでほとんどお話出来なかったのが残念ですが、写真だけちゃっかり取らせて頂いて、マイミクに登録して頂けました♪
集合写真@ドルショ19
↑最後の集合写真…一番左は新しいドレスに着替えた銀(しろがね)ちゃん♪ すっかり某アリカお姉様ですww

 4時に拍手で閉会して、浜松町駅で解散して帰宅したのですが、気が付いたら深夜23時。軽く夕食を摂ってもう一度寝て起きたらお昼過ぎ。……。…さて、連休を利用して部屋を大掃除しなきゃ(汗)
スポンサーサイト

【注:毒物含有】月刊コミックバーズ7月号掲載予定の原作版ローゼンメイデンの「堂々」最終回に関する考察

以下、月刊コミックバーズ6月号「次号予告」より引用~~
堂々の最終回!!
~~以上、月刊コミックバーズ6月号「次号予告」より引用

 え~、「堂々」の最終回、だそうですww これまで、
・PEACH-PITさんたちから担当O氏による数々の仕打ちをブログで何度も告発されたり、
・実際には休載となったのに、表紙には「Rozen Maiden」と印刷したまま発売して一部読者(注:弓月を含む)に「詐欺だ!!」と罵られたり、
・その理由を「作者都合」とした事をPEACH-PITさんたちから皮肉られたり、
・その後3回に渡って「休載」の発表すらせずに読者を放ったらかしにしたり、
など数々の実績を誇る月刊コミックバーズが「堂々」と最終回を掲載する意味について考察してみました♪

 国語辞典によりますと、

以下、小学館「国語大辞典(新装版)」より引用~~
堂々
1. 態度、容姿などが立派で、気品があり、いかめしいさま。「堂々たる体躯」「堂々の行進」
2. 少しもかくすところのないさま。公然としたさま。「堂々と発言する」
~~以上、小学館「国語大辞典(新装版)」より引用

という2つの意味があるのだそうです。したがって、最低でも2種類の解釈が可能ですね。

仮説その1:実は、PEACH-PITさんたちは、3月号~6月号までの分も、毎月ちゃ~んと原稿を描いていた。7月号には5か月分の連載が一挙収録。つまり、「堂々」としているのは「最終回」のページ数。1月号~2月号までの掲載分も合わせれば十分なページ数が確保されて、単行本第8巻も無事発売される。ただし、たった5回分の連載で最終話まで収束させるにはどうしても物語が駆け足になってしまい、これまで残された膨大な数の謎に対する答は消化不良になってしまいそう。

仮説その2a:実は、3月号に掲載されるはずだった原稿が7月号に掲載される。「原稿紛失説」を否定出来て、月刊コミックバーズ編集部は「堂々」としていられる。ただし、この原稿が今まで無事に保管されていたのか、それとも紛失された後に見つかったのか、の謎は残る。PEACH-PITさんたちからの信用が回復することは無く、結局は別の雑誌に移籍して連載続行。

仮説その2b:実は、月刊コミックバーズ編集部は上記の「実績」を自認しており、それでも開き直ってしまった。当然PEACH-PITさんたちからの信用が回復することは無く、結局は別の雑誌に移籍して連載続行。

 う~ん、少々毒を吐き過ぎましたかねww しかし、こんな情緒不安定になるくらいのショックと不安とに苦しむ読者も存在することを思い知らせてみたいものです♪

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。