スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おひろめカレンダー」が更新されているのですが…

 PEACH-PITさんたちの公式サイト→「WORK」で見れる「おひろめカレンダー」が久し振りに更新されましたね♪ しかし、
・1/29発売の「電撃レイヤーズ vol.11」(PEACH-PITさんたちのインタビューが収録されているそうです)
の次が、
・2/3発売の「なかよし3月号」(「しゅごキャラ!」第14話を収録)
に飛んでいるのです。要するに、1/30発売の月刊コミックバーズについてはPEACH-PITさんたちのコメントはおろかタイトルすら無い状態です。

 PEACH-PITさんたちのブログが閉鎖状態になって以来、その役割が「おひろめカレンダー」に受け継がれているような気がしますので、ここで情報が公開されないとなるともうどうしたら良いのか分かりません。とりあえず「電撃レイヤーズ vol.11」を買ってみましょうか…?
スポンサーサイト

また休載…(涙)

 今日は月刊コミックバーズの発売日~♪ 残業で疲れた体を期待で膨らませてアニメイトまで行ったのに、今月号はとうとう表紙から「Rozen Maiden」の文字が消えていました。裏返すと、PS2ソフト第2段となる「ゲベートガルテン」の一面広告がありましたので、一応購入して帰宅。封を解いて確認したところ、目次には「都合により休載」の文字が。オーシャンさんからの情報で、覚悟はしておりましたが、実際に目にするとやはりショックですね…。

 念の為に中身を熟読すると、不思議なことが。いつもなら何かしらローゼンメイデンの情報が載っていたものですが、今月号には原作単行本の広告すらありません。幻冬舎さん、オーベルテューレ無事放映のお祝いくらいして下さいよぉ~(泣)

G's Magazineのオーベルテューレテレカ(通販)、もうすぐ応募締切です(BlogPet)

きょうらぷらすは弓月水晶はここへ後ろは節約♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らぷらす」が書きました。

SD薔薇乙女を連れて行きたくなるイベント

 特別編「オーベルテューレ」放送後も未だ衰えを見せないローゼンメイデンの人気。改めて確認したら、毎月1回ペースでイベントがあるなんて、ファンの行動力にはさすがにビックリですww

01/27(土)17:00~、メイドカフェ「メイリッシュ」の「薔薇乙女合わせ」
メインは店員さんによる薔薇乙女のコスプレなのですが、客がSD薔薇乙女を連れていくことについては大歓迎だそうです♪ ただし、どんな事故が起こってどんな結果になっても責任は取れないと言われてしまいました(汗)

02/25(日)、ローゼンメイデン水銀燈オンリー同人誌即売会「水銀幻想燈

03/11(日)、「薔薇の紅茶会2
一般参加者が自分の薔薇乙女ドールを持ち寄って展示する(そして自慢する?)コーナーがあるそうです…その名も「おらドル」ww

04/29(日・祝)、「あしや人形感謝祭
去年のようにローゼンメイデン一色なイベントが開催されるかどうかはまだ「未定」だそうですが、是非期待したいところです♪ 今年は前日が土曜日なので、余裕を持って現地入りしたいです(汗)

05/04(金・祝)、ローゼンメイデンオンリーイベント「まきますか まきませんか 5

06月24日(日)、ローゼンメイデンオンリーイベント「まきますか まきませんか ex
名古屋です♪

ほんとうは(BlogPet)

ほんとうは、弓月水晶は
これ、他のCOSPIAのいわゆる全員サービスと同じかと思ってわざわざCOSPIAを買ってきたのに、今回からネット通販も始めたそうなんです。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らぷらす」が書きました。

COSPIA社のローゼンメイデン公式(?)コスプレ衣装7種

 その存在を知ったのは、2005年12月25日の「水銀燈ファン決起集会」のこと。その時は1着だけ、もちろん水銀燈の、コスプレ衣装が公開されました。私の席からステージまでは、多少の距離があったものの、その出来が素晴らしいものであることは、ド素人の私にもよく理解出来ました♪ 自分で着るつもりも無いのに、水銀燈衣装争奪ジャンケン大会に参加したほどですww …司会の某Fさんからの購入指令「ノルマ1人1着♪」は聞かなかったことにさせて下さい(汗)

 月日は流れ、2006年11月5日の「ローゼンメイデン文化祭」。それまで一切の情報が無かったので、待ちかね過ぎて半分忘れていましたが(汗)、入場してすぐ目に飛び込んだのが、7種類とも揃ったローゼンメイデンのコスプレ衣装の展示だったのです。
真紅

水銀燈

薔薇水晶

金糸雀

雛苺

蒼星石

翠星石

 実はこのとき、私は重大な勘違いをしていました。発売元は「COSPIA」と明記されていたのに、
COSPIA
コスプレ衣装販売で有名な(私でも知っているくらいですからww)、「COSPA」と読み間違えていたのです。なにしろ、「COSPA」社は第1期アニメの時代に公式グッズとして1種類だけ、真紅のコスプレ衣装を販売したことがある会社ですから。

 そんなわけで、秋葉原のCOSPA店舗に何度か足を運んだのですが、仕事の後にたどり着くのは何故かいつも閉店後(閉店時刻10分前だったのに…)。それでも入り口の新商品を紹介するポスター群にローゼンメイデンが無かった時点で、変だと気付くべきでしたね♪ なにしろ、アニメグッズの発売が延期されることに慣れっこになってしまっていてww(失礼)

 そして去年末のコミケ71。同人誌を買わない私のお目当てはTBSブースのオーベルテューレポストカードアニぱら★社から発売のローゼンメイデンTシャツだけだったのですが、その他の薔薇乙女を探してさまよっていたところで再会したのです。
COSPIAブース
↑左から、薔薇水晶、金糸雀、別作品の衣装×2、翠星石、蒼星石、真紅、かと。

 係の方にお話を伺って、ようやく社名の勘違いに気付き(その節は大変失礼致しました)、これらの商品が通販でのみ販売されていることを知りました。で、頂いたチラシを見ると、これが一番驚いたのですが、「PEACH-PIT先生による完全監修!」を謳っているのです!!
COSPIAチラシ
つまり、これって「公式グッズ」なんですよね? 「ローゼンメイデン『風』衣装」的な物とは違って、著作権使用料などの問題もちゃんとクリアしているのですよね?? 要するに、これを買うとその代金の一部がPEACH-PITさんたちと薔薇乙女製作委員会に回って、第3期アニメ製作(希望)予算にプールされるんですよね??? とここまで立ち入った質問は出来なかったのですが、多分そういうことなのではないかと。

 というのも…素人の私の口からこんなことを言うのは憚られるのですが、お値段の方が、結構、大変なことになってます。
・水銀燈:55,800円
・金糸雀:37,800円
・翠星石:45,800円
・蒼星石:36,800円
・真紅:45,800円
・雛苺:33,800円
・薔薇水晶:44,800円
私の「公式グッズ全種類制覇」の野望はここで潰れました(涙)。7着合計30万円はとても無理です…(汗)

 しかし、ネット通販ページを覗くと、既に一部品切れになっています。ちゃんと売れているんですね~、何故か私も嬉しくなります♪ コスプレ衣装の良し悪しについては門外漢ですが、多少高くても権利問題をクリアした公式グッズに売れて欲しいですww そして第3期アニメを(略)

 コミケの企業ブースでの展示では、お願いしたら衣装の写真を撮ったり触ってみたりもOKとのことでしたので、遠慮無く撮影させて頂きました。しかし素人の悲しさ、どこを調べれば良いのかさっぱり分かりませんww こんな写真で何か参考になりましたら幸いです。

薔薇水晶のずるずるリボン
↑薔薇水晶の背中のリボンは設定どおり長いです…が、このまま歩いたら汚してしまいそう(涙)

真紅、接写
↑真紅の薔薇飾り。丁寧な造りです♪

真紅、裏地
↑真紅のケープをめくって、裏地を見せて頂きました。…衣装とは言え、ジュン君のようにスカートの裾までめくる勇気はありませんでした(汗)

 この記事を書いている1月14日現在、水銀燈と薔薇水晶については全サイズ(S, M, L)とも、翠星石はLサイズのみ、品切れ(受注生産、納期4週間)、その他は在庫あり、となっております。この売れ行きの差はキャラクターの人気が反映されているのかも知れませんが、翠星石の中ではLサイズが真っ先に売り切れると言うのが謎ですねぇ(汗) もう一つ気づいたことと言えば、水銀燈と薔薇水晶だけは「ブーツ」までセットになっているのです♪ これが人気の秘密なのでしょうか??

 ここまで再現出来るのなら、私としては、是非60cmドール用の公式衣装も造って頂きたいところですww

プーリップ&ダルな薔薇乙女勢揃い♪

 去年末のコミケ71と、1月8日(月・祝)のドールショウ18で、ジュンプランニングのローゼンメイデン7体が公開されていました。その前のドールショウ17では撮影禁止だったのですが、今回は好きなだけ撮って(そして広告して)下さいといった雰囲気でしたので、ありがたく撮らせて頂きましたww

 水銀燈、翠星石、蒼星石、真紅、薔薇水晶は大型なプーリップ、金糸雀と雛苺は小型なダル、という違いはあるものの、これらは姉妹ブランドですので、同じシリーズとしてくくっても問題無いと思います。そう考えると、プーリップ&ダルは7体のローゼンメイデン全員が揃うという珍しいシリーズと言えるのです♪(YUJIN社のSRDXシリーズも是非7体揃えて頂きたいですね♪ 出来たら雪華綺晶もww)

 もう一つ素直に感心してしまったのが、付属する小道具の再現性です。既に入手したものでも確認したのですが、

プーリップ真紅
↑真紅にはくんくんのぬいぐるみと

ホーリエからの手紙
↑ホーリエからの手紙、

ダル雛苺
↑雛苺には苺大福(2つのうち1つは食べかけで苺とあんこが見えますww)とクレヨンセット、
といった具合です。さらに、スタンドとゼンマイは共通して全員に付属するのだと思われます。ゼンマイを指しこむ穴まではさすがにありませんでしたが(汗)

 という訳で、今後発売される姉妹には何が付属するのか楽しみにしていたのですww 期待していたとおり、

プーリップ水銀燈
↑水銀燈(1月発売予定)は剣、

プーリップ翠星石
↑翠星石(3月発売予定)は庭師の如雨露、

プーリップ蒼星石
↑蒼星石(5月発売予定)は庭師の鋏、

プーリップ薔薇水晶
↑薔薇水晶(7月発売予定)は水晶の剣、

ダル金糸雀
↑金糸雀(7月発売予定)はパラソル、

が展示されていました。中でも、薔薇水晶の水晶の剣は半透明で一体型ですので、本物そっくりに見えます♪ 庭師の如雨露の複雑な模様も上手く再現されていると思いますww

 残念ながら、手の形状から考えるとそれぞれの道具を握らせることは出来そうにないのですが、それでも工夫次第ではそれっぽいポーズを取らせることが可能です。

 さて、人形の命とも言われる「顔」ですが…これは「個人の好み」ということにさせて下さい(汗) SD(スーパードルフィー)をお迎えしてしまった後に見ると、プーリップ&ダルはSD(スーパーデフォルメ)に見えてしまうのですが、それでもお値段的に1/8以下と思えば(汗) 私の理解している限りでは、もともとプーリップシリーズとは、リカちゃん人形のように、「プーリップ」ちゃんというキャラクターがローゼンメイデンのコスプレ(?)をしているという設定らしいので♪

 しかし、プーリップ&ダルにはSDには無いギミックが搭載されています…後頭部のレバーを操作すると、視線の方向を左右に動かせるのです。プーリップはさらに、2つのボタンを押している間、左右のまぶたを独立して閉じる事が出来ます。ウィンクもさせられるのですが、ボタンから手を離せばバネで戻ってしまうので、そのまま写真に撮ることが困難なのが残念なところですね~♪

G's Magazineのオーベルテューレテレカ(通販)、もうすぐ応募締切です

 4日坊主でらぷらすが連続してしまった…マズイ(汗)

 「電撃 G's Magazine」という月刊の雑誌から、ローゼンメイデン・オーベルテューレのテレカが通販されてます。絵柄は、前面に気弱水銀燈、後ろには迷える表情の真紅です。応募締切は1月15日(月)なので、興味のある方はお急ぎ下さい♪ ただし、発送時期は3月上旬の予定だそうです。

 これ、他の雑誌のいわゆる全員サービスと同じかと思ってわざわざ雑誌を買ってきたのに、今回からネット通販も始めたそうなんです。つまり、雑誌を買う必要は無かったのですね…。念の為に確認しましたが、ローゼンメイデンに関する記事はありませんでしたし(汗)

 気になるお値段は、1,200円+送料500円。送料を節約するために、仲間でまとめて注文することも出来そうなのですが、ネット通販では一度の注文で同じ商品は5点までとか、色々と制限があるようですので、事前によくご確認下さいね。

きのうは移動したいなぁ(BlogPet)

きのうは移動したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らぷらす」が書きました。

とか言ってた(BlogPet)

こないだ、弓月水晶が
同じ事を思いついた方がいらっしゃったとしても、私としてはやめて欲しいです。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らぷらす」が書きました。

リトルフィギュアマスコットver1.5…もう終わり??

 先日秋葉原で見つけたガチャを再度回って来たら、見事に全滅してました…(汗) さすがオーベルテューレ効果??

 楽天市場で、全7種(シークレット含む)セットを売っているショップを見つけました…ハンドルを回さなくてもコンプリートさえ出来れば良いという方はどうぞ~♪


↑1,470円


↑1,600円、台紙付き


↑1,600円


↑1,680円

宣戦布告

 2006年12月28日発売の月刊コミックバーズ2月号にて、ローゼンメイデンが「休載」となっておりました。表紙に印刷された「『Rozen Maiden』PEACH-PIT」の文字に「騙されて(あえてこの表現を使わせて頂きます)」購入し、ガッカリされた方も数多くいらっしゃるのではないかと想像致します。

 最後のページの目次を見ると、
『アクス・ネイクス』『Rozen Maiden』は作者都合のため休載いたします。なお表紙の作業工程上、訂正が間に合いませんでした事ご了承下さい。
とあります。ついこの間も、11月号で似た事がありましたので、あまり驚かなかったのですが…

 前回はPEACH-PITさんたちのブログにて
今月のローゼンはお休みを頂いてしまいました(中略)いつもなら事前にこちらでお知らせできたのですが、引越しで回線が繋がらず事後報告になってしまいました
とありましたので安心していたのですが、今回はどうも事情が違います。1ヶ月ほど前から気が付いてはいたのですが、PEACH-PITさんたちのブログが閉鎖状態で、過去の記事も読めなくなってしまっているのです。

 今日になって知ったのですが、PEACH-PITさんたちの公式サイトWORKおひろめカレンダー、と辿ると、2006年12月以降に発売される分の告知がありました。一通り読んでみましたが、今までならブログに書かれたであろう内容に見えます。つまり、PEACH-PITさんたちがブログを閉鎖したのは、その管理継続が困難になったからではなく、過去の記事の公開継続に問題が発生したからではないかと深読みしてしまいます。

 この「おひろめカレンダー」内に、問題のバーズ2月号の休載に関するPEACH-PITさんたちのコメントがありました。全文を引用させて頂きますと、
「作者都合による休載」扱いとなったようです。
詳しい事情をお話しできず非常に残念ですが、編集部側に掲載の意志があれば次号誌上で詳細をお知らせできるかと思います。
もう少々お待ち下さい。
楽しみにしてくださっていた皆様には本当に申し訳ありません。
とありました。

 これは私にとっては大変ショッキングな内容でした。「なったようです」という表現は、事実とは違うということを暗示しています。それも、かなり皮肉っています。「詳しい事情」とは何なのでしょうか? 編集部側に掲載の意志が無いかも知れない可能性があるとすれば、それは編集部に都合の悪い内容なのでしょうか? 総合的に考えれば、「自分さんたちはちゃんと期限内に原稿を提出したのに編集部の原因で掲載されず、しかもその原因が自分たちにあるかのような説明をされた」と訴えていらっしゃるように深読みしてしまいます。

 これではまるで、PEACH-PITさんたちとバーズ編集部との確執が決定的となってしまったかのようです。これまでも、本来は前後編の2話読み切りだったはずなのにPEACH-PITさんたちの了承も無しに連載が決定されてしまったとか、アントラクトにはPEACH-PITさんたちも執筆されているかのような告知がされてしまったとか、「まだ単行本の打ち合わせしてない」のに「7巻は9月発売」とバーズ7月号の「柱の速報」で告知されてしまった(2006年6月27日のブログ記事より引用)とか、写植のミスが酷過ぎる(2006年11月3日のブログ記事より)とか、色々と問題があったようですから。

 真相を知る上で、PEACH-PITさんたちの言い分だけで結論してはいけないのですが、私個人としては全面的にPEACH-PITさんたちに味方して応援したいので、それがたとえ担当O氏個人であってもBIRZ誌編集部であっても幻冬舎であっても、PEACH-PITさんたちの敵であれば私も敵対致します。月刊コミックバーズを「Rozen Maiden」の連載だけを楽しみに毎月購入している私としては、最新号を「看板に偽り在り」として返品・返金を申し出ようかとも考えましたが、とりあえずは保留します。だって、内容を確認出来ない状態で販売されている雑誌の表紙に「『Rozen Maiden』PEACH-PIT」と印刷されているのを確認して購入したのですから、当然の権利だと思うのですよ…たった一言「ご了承下さい」と小さな字で書かれているのをようやく見つけて許すほど「客」は寛大ではないのですよ? しかし、ネットで呼びかけて全国規模でバーズ誌の不買・返品運動などを繰り広げては、きっとPEACH-PITさんたちのご迷惑になると思うのです。ですから、同じ事を思いついた方がいらっしゃったとしても、私としてはやめて欲しいです。…これ以上のアイディアを公表して「脅迫」と捉えられてはかないませんので、私の宣戦布告はこの辺でやめておきます。

 念の為にフォローさせて頂きますと、私はこれでも一応は平和主義者のつもりですので、み~んなが仲良くこの美しい物語を楽しめる事を切実に希望致します。そのために何が必要なのか、何をするべきで何をするべきではないのかはまだ分かりません。少なくとも、来月号の月刊コミックバーズ発売まではとても待てませんので、せめてバーズ公式サイトにて、み~んなが納得出来る公式見解を、早急に公開して頂きたいものです。

初詣?

 海外育ちの私が帰国してもう何年も経ちましたが、いまだに我が国の伝統行事に対する親近感は欠如しているようです…つまり、「元旦に神社にお参りする」というイベントを経験したのは生まれて初めてな気がしますww

 とみおかっちさんにお誘い頂いて、正月早々ボークス秋葉原店に行って参りました♪ もちろん、翠姫を連れてww そこにいたのは愛娘・薔薇鈴(ばらりん)を連れたとみおかっちさんと、今まで何度かお会いしたことのある「みな子」さん。「6m水銀燈」のコスプレをされる有名人さんです♪

 お互いにマイミクの登録をしたり、遅めのお昼御飯を頂いたりした後、とみおかっちさんの案内で秋葉原でも穴場(??)の神社に初詣に行くことに。途中、みな子さんが地下駐車場にて「ラクス・クライン」のコスに着替えてから、柳森神社に行きました。
柳森神社

 到着した時に1人だけいた参拝客がいなくなるのを待ってから、薔薇鈴と翠姫の準備を整えていると、なぜか次々に参拝客が訪れます。人がいなくなる合間を縫うように、何枚か写真を撮らせて頂きました♪
翠姫の初詣
↑境内にはお社(??)が複数あったので、ドールサイズにぴったりな「明徳稲荷神社」で翠姫が初詣ww 願い事は当然「アニメ版ローゼンメイデン第3期の実現」♪

あまぁいお手水
↑お手水をあまぁいお水で満たしてみました…バチが当たらないか心配(汗)

箱入りにゃんこ
↑帰り道に出会った箱入りにゃんこww

 ここで大事件発生。撮影中にどこかにぶつかってしまったのか、翠姫の顔に、キ、キ、キズがぁ~っ!? 気が遠くなりかけましたが、最悪でもボークスの職人さんに修復と元通りのメイクを施して頂けるだろうか、予算はいくらになるのか、それ以前に戻って来るまで何週間待たされるのか、などと心配しながら秋葉原の天使の住みかで相談したところ、まずは「ピカっとキレイ」なるスポンジを試してみましょうとのことで、そ~っと優しく何回にも分けて拭いたところ、メイクが落ちる事も無く綺麗になりました♪ めでたしめでたしww 本当に良かった…(汗)

 「自然光でのドール撮影」を行うと知った横山さんがSD翠星石を連れて合流されたのが5時過ぎ…日はすっかり落ちておりましたが(涙)。他のお仲間と待ち合わせされるみな子さんとお別れして、今度は渋谷の某公園に移動。すっかり暗くなって人通りも少ない中、色々な種類の照明を使った撮影を試みました。

森の中、レンピカのお迎え
↑森の中で迷子になった翠星石を蒼星石のレンピカが探しに来たところww

3人で
↑3人一緒♪

 暗いのでシャッタースピードが遅くなり、手振れ防止機能も役に立たないほど。三脚が欲しくなります。デジタル一眼レフカメラにも本格的に興味が出て来たり。とてもそんな予算はありませんが(汗)

新年のご挨拶

 皆様、あけましておめでとうございます♪ 本年も宜しくお願い致します。今年の抱負は…とりあえず、すっかりさぼり癖が付いてしまったこのブログの更新頻度をあげる事ですね(汗)

 年賀状用に写真を撮ってみました。題して、「家族が増えました♪」

...続きを読む

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。