スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池袋手刀前にて

 会場時刻の2時間程前に到着しました♪たまに雨がパラつく空模様のせいか、私より前から並んでいた(?)6人くらいの人達もどこかに行ってしまいました…さすがに早すぎたのでしょうかww  森永理科さんに敬意を表してネクタイまで絞めて来たのですが、場違いみたいですね♪
スポンサーサイト

SRDX金糸雀の組み立てはちょっと大変♪

 金曜日の朝一番、出勤の準備中に来客、佐川急便です。過去に2回、この時間帯に再配達をお願いした事を、地域担当のおじさんが覚えていて下さって、どうやらわざわざ配達ルートの一番最初に寄って下さったようです。ありがとうございました♪

 というわけで、今回は再配達の手間隙をかけずに舞い降りましたよ、智天使ケルビム…ではなくて、自称「ローゼンメイデン一の頭脳派」、第2ドール金糸雀が♥

パッケージ・表

 前回のSRDX翠星石とは違って、今回は組み立てがちょっぴり大変です。本体の他に、パラソル、パラソルの柄、土台、本体を土台の上に浮かばせる(?)針金、そして謎のパーツ…どうやら髪の毛ですね。プラモデルのように枠から切り取って、耳の近くに開いている穴に差し込むのですが…なかなか入りません。私より前に組み立てたザトーone/さんからチャットで助言を頂きながら、まずは頭部を取り外してから作業した結果、髪の毛の組み立てに成功…ただし、片方だけ。もう片方がどうしても入らないと思ったら、左右のパーツを取り違えてました。どおりで、イノシシの牙みたいで変だと思いましたよww せっかく(無理矢理)押し込んだパーツを抜き取って、正しく装着。今度はうまく行きました。組み立て説明書は付属していないものの、パッケージ裏の写真くらいは良く見るべきでした♪

パッケージ・裏

 右手にパラソルの柄を握らせるのもヒヤヒヤもの。指が握った状態になっているので、少し力を加えて開いてやらないとパラソルの柄が隙間に入ってくれないのです。結果的には全く問題なかったのですが、もう少し力を入れ過ぎたら右手を壊していたのかも知れないと思うと不安です…。

 パラソルの柄の先端には、パラソル本体を接続するのですが、ここでもビクビクしてしまいました。柄のパーツも樹脂(?)なのか、力を入れると曲がるのです。かと言って力を入れないとパラソル本体の突起が柄の穴に入ってくれませんし。とは言え、終わってしまえばあっけなく組み立てに成功しました♪

 最後の難関が針金と本体との接続です。針金と土台の接続は簡単なのですが、その反対側の先端は、針金の表面が荒く毛羽立っていて、この部分を金糸雀の左足の裏にある穴に差し込むと中で固定されるということまでは見ただけで想像がつくのですが、問題はどこまで差し込んで良いのか、という事。自然に考えれば、毛羽立った部分を全て入れてしまうのでしょうが、本当にそんなに深くまで穴が続いているのかどうか…?? これも先人のお知恵を拝借しまして、ザトーone/さんから全て入るとの情報を頂きました。そうと分かれば迷いません。出来るだけねじらずに押し込んで、完成です!!

足の裏

全体図

 次の熾天使セラフィム…ではなくて、水銀燈も楽しみです♪

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。