スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデンで旧漢字のお勉強

 「すいぎんとう」を漢字変換して一発で「水銀」と出る人は、まず間違いなくローゼンメイデンファンです。普通なら「水銀」になりますから…♪

 私もローゼンメイデンを通して初めて知ったのですが、「燈」って「灯」の旧漢字なんですね。「水銀燈」に慣れ親しんだ今となっては「水銀灯」なんて羽根のように軽い感じがしてしまいます。

 私が調べた限りでは、薔薇乙女達の名前で使われている旧漢字はこの「燈」だけのようです。他にも、
・金糸雀→旧漢字では「金雀」
・真紅→旧漢字では「紅」
・雛苺→旧漢字では「雛
などの可能性があったのですが、何故か水銀燈だけが特別扱いなのです。

 あと、蒼星石、雛苺、薔薇水晶、雪華綺晶、に含まれる草冠も、旧漢字では「++」っぽい形や「艸」っぽい形だったりするようですが、時代によって違ったり活字体と筆記体で異なったりとかなりややこしく、私のような素人にはとても手が出ませんのでこれ以上触れません。悪しからずご了承下さい。

 さて、旧漢字について調べてみますと、どうも戦後に法律で切り換えられたらしいですね。このあたりのことも専門家の学者さんたちが今でも激しく議論されており、私のような素人(以下略)。

 とにかく言える事は、もしも戦前や戦時中に名前を付けられていたら、「金雀」、「紅」、「雛」、などになっていた可能性があるのです。だからどうした、と言われると困ってしまうのですが、やはり水銀燈は第1ドールだけあって一番最初に日本語名を付けてもらったのかな? とか、金糸雀以降のドールズは20世紀後半になってから日本語名を付けられたのかな? とか、以前に私が唱えたトンデモ仮説を蒸し返すようで恐縮ですが、そんなことを考えてしまうのです。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。