スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薔薇乙女7姉妹は日本で生まれた」仮説、その他

 「薔薇乙女研究掲示板」の[69]番の書き込みにて、絶望の片翼さんから大変興味深い研究テーマを頂きました。その答えを考え始めたら書きたいことがあまりに多くなってしまったので、誠に勝手ながらこちらの研究ブログで発表させて頂きます。皆様のご意見も頂けますと嬉しいです♪



1. ローゼンメイデンシリーズの名前は何故すべて漢字なのか。(全般)
2. ローゼンメイデンシリーズは何故日本語を話せるのか。

 まず、これは以前に和姫さんから頂いたヒントから考え始めたことなのですが、水銀燈、翠星石、蒼星石、真紅、の名前は音読みで、金糸雀、雛苺の名前は訓読み(金糸雀は厳密には外来語)、雪華綺晶と薔薇水晶はいわゆる湯桶(ゆとう)読み(=前半が訓読みで後半が音読み)です。したがって、漢字の名前ではありますが、中国語の流れではなく、あくまでも日本語の名前であることが分かります。
 次に、フランス人のオディール=フォッセーさんは、過去に日本に住んでいた経験から日本語が話せますが、しかし雛苺の名前はその祖母にして雛苺の元マスターであるコリンヌ=フォッセーさんから聞いて知ったはずです。したがって、子供の頃からフランスで生まれ育った、つまり日本語を知らないはずのコリンヌ=フォッセーさんが、「雛苺」と読んでいたことになります(もっとも、フランス語の発音では「イナイティゴ」などになるはずですが、そこはコリンヌさんが頑張ったのだと思いたいです)。
 この意味することは、「雛苺」の名前を付けたのはコリンヌ=フォッセーさんではないということです。普通に考えれば、人形に名前を付けたのは、生みの親である人形師ローゼンであって欲しいところです。人形師ローゼンらしき老人が、幼い日のジュン君に自分の過去らしき人形劇を見せる場面が原作のPhase 28にあり、トロイメントでもそれらしきシーンがありますが、とにかくその中で人形師ローゼンは過去にサンジェルマン伯爵やカリオストロ伯爵と呼ばれ、また、ローゼンクロイツやデカルトとしても生きたであろうことを過去に考察させて頂きました。これらの人物はいずれもヨーロッパの人なのに、薔薇乙女たちにつけられた名前は何故、日本語なのか。
 ここで、“Rozen”と書いて「薔薇(の)」を意味しさらに「ローゼン」と発音する言語が(私の調査した限り)唯一オランダ語だけであることに注目します。オランダと言えば、江戸時代に長崎の出島を通じて日本とヨーロッパとの間で貿易を行った唯一の国です。この鎖国政策は1854年ごろまで続いたらしいので(すいません、歴史は苦手で…)サンジェルマン伯爵やカリオストロ伯爵が活躍したフランス革命(1789年)の時代より後まで続いたことになります。すると、こんな仮説を立てたくなってきます。即ち、人形師ローゼンは、フランス革命の後、オランダ人として日本に渡った、と。複数の時代を複数の人物として生き続けているのですから、カリオストロ伯爵として1795年に獄死(これはローゼンメイデンの物語の中ではなく、実際の歴史上の出来事です)した後、別の人間の人生を歩んだ可能性は高いのです。
 この仮説なら、ローゼンメイデンシリーズのドール達が、日本語の名前を付けられ、そしてさらに日本語を話せることをも説明出来ます。つまり、人形師ローゼンは日本国内で7体の姉妹を生み出したのです。というのは、「水銀燈」という名前の元ネタであろう照明器具の「水銀灯」は1901年に発明された(歴史上の事実)ことから、第1ドール水銀燈はその後に名付けられたはずであり、名付けられたのは生み出されるのと同時だと思われるからです。アリスゲームが日本で行われているのも、つまり今回7体の姉妹全員が日本国内で目覚めたという事実も、実は自然な事だと言えます。
 逆に、雛苺が1940年頃(=南フランスをドイツ軍航空機が攻撃した頃)にフランスに渡った事の方が不思議と言えますが、それは日本という異国で生きている珍しい人形を見つけた誰かが、裕福な家庭の娘・コリンヌ=フォッセーに贈ったという事なのでしょう。また、真紅がイギリス流の紅茶にこだわったりドイツ語を読んだりするのも、雛苺と同じような運命を辿ったからかも知れませんね。



3. 真紅だけ何故“トイレ”を知らなかったのか。

 真紅はトイレの概念は知っていましたが(ジュン君の説明に赤面したので)、しかし現代日本の洋式トイレの形状は知りませんでした。したがって、真紅は和式トイレ(もしくは汲み取り式?)しか真紅は知らなかったのかも知れません。それ以前に、常識的に考えて、ローゼンメイデンに限らず、ドールをトイレの中にまで連れて行くマスターはいませんよね♪
 その一方で雛苺にトイレの知識があったのは、苺大福をおなかいっぱい食べた雛苺を心配して巴ちゃんがトイレに連れて行ったのではないかと思います。



4. 水銀燈は何故スィドリーム、レンピカなしで夢の中へ入れるのか。

 水銀燈が人間の夢の中に入れたのは、蒼星石が開きっぱなしにしていた夢の扉を通ったから(原作のPhase 15、第1期アニメ第9話「檻」)だと理解しています。
 また、トロイメント第6話「天使」と第9話「戒」でも水銀燈は真紅の夢の中に侵入しましたが、しかし薔薇乙女の場合は夢の中というよりもドールのフィールドの中であって、特にスィドリームやレンピカの能力を必要としないのではないかと理解しています。



5. 薔薇水晶はどうして動けていたのか。

 そろそろネタバレも大丈夫だと思うのですが、トロイメント最終話で薔薇水晶は実はローゼンメイデンのドールではなく、ローザミスティカも所有していなかったことが明かされました。では、ローザミスティカを持たない薔薇水晶が動く理由はというと、松尾監督はメガミマガジン2006年3月号のインタビューで、「薔薇水晶が好き!という僕の気持ちで」と発言していますが、これが監督の本心だとは到底考えられませんので、私は独自に次のような解釈をしています。
 トロイメント第8話「人形師」にて、人形にかたどった粘土(?)を「ビスクファイアー」の釜に入れるときに、もう一つ、謎の結晶体を設置しています。この結晶体は、トロイメント第1話「薔薇水晶」の冒頭、真紅誕生の場面で、より大きいものが一瞬だけ画面に映ります。これこそが、アニメ版のローザミスティカの「元」だと考えることが出来ると思います。色が茶色っぽいのは、命または魂がこめられて輝く前の色なのでしょうか?
 その場合、薔薇水晶はローザミスティカを実は持ってはいるのですが、しかしその形状が本物のローゼンメイデンシリーズのドールズとは違って、ボディー全体に溶け込んでいる、との解釈が可能ではないかと勝手に考えています。



 絶望の片翼さんがおっしゃるとおり、「こんなこと気にしてたらアニメなんて見れない」のですが、薔薇乙女研究家を自称する私は、こんなことばっかり気にして毎日を生きています♪(真似しちゃダメですよ、ホント)
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。