スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデンとローゼンクロイツ・その1【修正済】

水銀燈「私は水銀燈、闇を纏わされ、逆十字を標された、薔薇乙女最凶のドールよ」(原作Phase 36より)
 自らを呪われた存在であるとする水銀燈の自虐的な自己紹介は、受動態の動詞が「お父様」への恨み言に聞こえるのがなんとも物悲しいのですが、とにかくこの発想は、キリスト教徒のものと考えて問題無いでしょう。キリスト教が唱える救世主・イエス=キリストが磔刑に処された十字架が神性の象徴なら、その天地を引っ繰り返した逆十字は神への反逆の象徴であり、転じて悪魔崇拝の象徴でもあるらしいからです。

 さて、水銀燈が隠れ住んでいた廃教会の「十字架」、水銀燈のドレスに標された「逆十字」、と来れば、ローゼンメイデンにおけるもう一つの十字架についても触れなければなりません。薔薇乙女たちの鞄の紋章である、「薔薇十字」です。

 欧米の方なら馴染みが深いのかも知れませんが、薔薇十字とは「薔薇十字団」の紋章です。もっとも、本物の薔薇十字団の紋章が薔薇の花と十字架の組み合わせであることまでは間違いなさそうなのですが、実際には色々とバリエーションがあるらしく、ネットで調べてみたのですが詳しいことは分かりません。なにしろ、薔薇十字団そのものが謎の秘密結社らしいのです。

 こういう言い方をすると、世界を影から操る国際的陰謀組織か何かのように聞こえますが、そういう噂の多いことで有名な「フリーメーソン」と同じく、その実態も構成も目的もよく分かりませんし、実のところ私はあまり興味ありません。ローゼンメイデンにおいて重要なのは、薔薇十字団の始祖とされる人物が伝説の「クリスチャン=ローゼンクロイツ(Christian Rosenkreuz)」であるというこの一点のみなのです。

 ローゼンクロイツ(Rosenkreuz)は、ドイツ語で「薔薇の(ローゼン、Rosen)」「十字(クロイツ、Kreuz)」を意味します。イタリア語で「奇しき薔薇」を意味するローザミスティカが聖母マリアを意味するように、キリスト教において薔薇は聖母マリアの象徴であるらしく、さらに下の名前がキリストに由来する「クリスチャン」ともなると、いくらなんでもちょっと出来過ぎた「偽名」に思えてしまうのは私だけではないと思います。実際、ローゼンクロイツに関する研究によると、どうやらクリスチャン=ローゼンクロイツとは架空の人物らしく、しかし17世紀に実在の人物として宣伝されたために今でも多くの人がその実在を信じているとする説が、私がネットで調べた限りでは最も信憑性が高く感じます。

 しかしこれでは話が終わってしまいますので、伝説として語り継がれるクリスチャン=ローゼンクロイツが実在したと仮定して続けます。というのは、クリスチャン=ローゼンクロイツはその死の120年後に死体が発見されると予言したり実際そのとおり見つかったりその死体が全く腐敗していなかったりと不思議な噂の絶えない人物なのですが、その生まれ変わりとされているのが、不老不死と噂される伝説的錬金術師・サンジェルマン伯爵(Comte de Saint-Germain)なのです。

 サンジェルマン伯爵は、18世紀頃に活躍した、実在の錬金術師とされています。しかし錬金術師を名乗る多くの人物が詐欺師呼ばわりされた歴史からも、今となってはその真偽はよく分かりません。とにかく、史実はどうあれ、ローゼンメイデンの作中においてサンジェルマン伯爵はローザミスティカの生成にやっとの想いで成功した人物です。その前世が薔薇十字の紋章にゆかりのローゼンクロイツというのも、その薔薇十字の紋章が薔薇乙女たちの鞄に使われているというのも、PEACH-PITさんたちの教養の深さにはただただ感服するばかりです。

続く
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。