スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼星石の「庭師の鋏」の使い方について

翠星石「蒼星石の鋏は人の心を守るためにあるのです!」
(ローゼンメイデン・トロイメント第9話「戒」より)
 薔薇乙女たちがそれぞれに持つ特殊能力は、必ずしも戦闘に適しているとは言えません。特に、翠星石と蒼星石は「夢の庭師」として、人間の心の樹の成長を正しく導くことを目的とした能力を持っています。
 トロイメント第7話の対金糸雀戦のように、翠星石が庭師の如雨露を振り回して闘うのには違和感を感じますが、元々が刃物である庭師の鋏を蒼星石が振り回しても、それはそれで「アリ」な気がしてしまいます。しかし…蒼星石って庭師の鋏を鋏として用いて闘ったことがないのでは? と気になって調べてみました。

●第2期第1話、鋏の落書きを雛苺に見せる蒼星石:出現時には閉じており、開いて見せる。
○第2期第2話、真紅が閉じこもる鞄を開く場面:閉じた状態の先端で。
●第2期第3話、のりが想像する蒼星石の泥棒を撃退する場面:開いたり閉じたり。
●第2期第4話、アリスゲームの人形劇における蒼星石人形:開いたまま。
○第2期第4話、薔薇水晶に襲い掛かる蒼星石:閉じたまま。
○第2期第7話、金糸雀に反撃する蒼星石:閉じたまま。
○第2期第8話、薔薇水晶を威嚇する蒼星石:鋏の出現時には半開き、構えた時には閉じている。
○第2期第9話、水銀燈と闘う蒼星石、翠星石を威嚇する蒼星石:閉じたまま。
●第2期第11話、翠星石を威嚇する水銀燈:出現時は閉じており、開いて見せる。
●第2期第12話、真紅との最終決戦に臨む薔薇水晶:閉じたまま。

 以上トロイメント全12話から「庭師の鋏の登場シーン」を全てリストアップしました。そのうち、「○」の部分が、「蒼星石が庭師の鋏で闘っている場面」です。やはり、蒼星石は鋏を閉じたまま闘っていることを確認出来ました。つまり、アリスゲームに臨んでもなお、ずっと「峰打ち」だけで闘っていたのです。姉妹を刃で斬ることは出来なかったのでしょうか、それとも庭師の鋏の刃はあくまでも人間の心の樹だけを切るためにしか使いたくなかったのでしょうか。いずれにせよ、刃の攻撃性を象徴する「剣」を手に闘う水銀燈や薔薇水晶に負けてしまった理由も、蒼星石の根本的な優しさにあるような気がしてしまいます。

結論:トロイメントの蒼星石は常に「峰打ち」で闘う(第2期第2話、第4話、第7話、第9話)。なお、鋏が開かないわけではない(第2期第1話、第8話、第11話)。

蛇足:原作版の蒼星石が闘うときは、庭師の鋏を開いてその刃を剥き出しにしています。

さらに蛇足:私も幼い頃に鋏で闘う技の開発などを試みた経験があるのですが(馬鹿)、ヌンチャクや三節棍と違って、鋏の稼動部分はマイナスにしか働かないという結論に達しました…。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。