スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今晩、森永理科さんのfunction code();のライブが埼玉テレビで放送されます♪ (BlogPet)

今晩、雛苺と一緒にいるであろう蒼星石の中の人、森永理科さんがヴォーカルのバンド「functioncode();(のはず)」
2月3日は雛祭りを該当したかった
すいません、来週の木曜日は忘れませんので
と、らぷらすは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らぷらす」が書きました。

今晩、森永理科さんのfunction code();のライブが埼玉テレビで放送されます♪

 3月3日は雛祭り、ローゼンメイデンファンにとっては「雛苺祭り」ですね、当然♪ しかし、トロイメントに続き原作までも…(涙)。これ以上はネタバレになりますので自粛しますが(<手遅れ)、雛苺と一緒にいるであろう蒼星石の中の人、森永理科さんがヴォーカルのバンド「function code();」が今晩テレビに出ます。しかも30分間ぜ~んぶfunction code();(のはず)。
 2月5日のCD発売記念ライブの様子が、TV埼玉MUSIC TRACKなる番組で、3月3日の深夜24時から30分番組として放送されるのだそうです。該当地域にお住みの方は、是非ご覧下さい!! もちろん私も録画を予約しました。
 …と言いつつ、今週のV-Clipsを撮り忘れてしまいました。すいません、来週の木曜日は忘れませんので。

HDDが飛びました…(涙)

 嘘だ~~~っ!! 新しいハードディスクの、データ用パーティションが飛びました……っ!! なんかね、「このドライブはフォーマットされてません、今すぐフォーマットしますか?」みたいな事を聞かれるんですよ? フォーマット、するわけないじゃないですか!? 各種イベント(ローゼンメイデン関係)のデジカメ写真とか、各種研究データ(ローゼンメイデン関係)とか、色々と詰まっていたのに……っ!! そして、しなきゃしなきゃと思いつつもバックアップは当然取ってません、はい。
 しかし元来が粘着質な私ですから、原因を突き止めて可能な限りデータをサルベージしなければ気が済みません。「諦めは愚か者の結論」と昔の偉い人もおっしゃったそうですし。
 Googleに思いつく限りのキーワードを入力した結果、先人達の知恵を見つけることが出来ました。今回のトラブルは恐らく、いわゆる「137GBの壁」問題に真正面からぶつかった結果のようです。
 この問題は、昔のPCやOSが、発売時には想定外だったほどに大きな容量のHDDに対応していなくて、それでも無理やり繋いで使うと一見普通に動いているようで実は変な場所にデータを書き込むために、HDDの目次に相当する「パーティション・テーブル」なるデータが壊れてしまうという事らしいです。
 というのも、私が現在使用中のOSは(主にローゼンメイデン関連グッズの買い過ぎが原因で)未だにWindows 2000なのです。もちろん最新のSP4にアップデートはしていますが、しかしインストール時には無印のWin2k。そのために新しく買い足した250GBのHDDを半分程度までしか認識していなかったらしいのです。奮発したのが仇になりました…。さらには、SP4にアップデートしただけではまだ認識してくれなくて、レジストリをいじくる必要があるそうです。
 せめてもの救いは、この飛んだパーティションに入っていたデータの大半が、古いHDDからコピーした物だということ。コピー後のデータは古いHDDから削除したのですが、それ以来何も書き込みをしていないはずなので、サルベージ出来る可能性は高いです。現在、フリーソフトの「復元」というツールを試みているところです。
 …と書いてるうちに解析が終わりました。結果は…素晴らしいですね、私が記憶しているデータは全て復旧出来たようです。作者の方に心から感謝致します。
 残る問題は、古いHDDからコピーした以外のファイルですが…こっちはもっと難しそうですので、焦らずに続けることにします。ふぅ。

「ローゼンメイデン・アントラクト」が絶版に!!

 月刊コミックバーズ2006年4月号の、ローゼンメイデンのその後のページで、「Rozen Maiden Entr'acte」の出荷停止・絶版のお知らせが。全くもって寝耳に水です。もっとも、私がいわゆる「二次作品」に対する興味が薄いものですから(私がコミケでついつい企業ブースばかりに突撃するのはこうした理由もあるのです)、アントラクトも1~2回読んだ程度だったので特に気にしていなかったのですが。とにかく、恐らくは162ページの回想シーンなどの事だと思われますが、上原甲斐さんが作中で「原作からの模写」を行ったことを幻冬舎さんが問題視された結果のようです。

 この公式な「お知らせ」を読んでも、私には詳しいことは分かりませんが、PEACH-PITさんたちの作品がこんな問題に巻き込まれた事実は、残念ですよね~。そういえば、アントラクトの発売が発表された直後にも、PEACH-PITさんたちの原稿が載るのか載らないのかでトラブルがあったような気もします。アントラクトに収録された他の作品の作者さんたちも大変お気の毒です。

 ただ、私が不思議に思うのは……誤解を恐れず失礼を承知で告白しますと、「アンソロジー」って事実上の「パクリ」だと思うのですが、それと「模写」の線引きがどこにあるのか良く分かりません。この種の問題ってまずはPEACH-PITさんたちのご意見を尊重するべきだと思うのですが、「お知らせ」を読む限り、それは伝わってきません。ご本人たちは常々「二次作品を歓迎」する発言をされていたような気がするのですが…??

 とにかく、既にアントラクトをお持ちの方は大切にしましょう、まだ持ってらっしゃらない方は(興味があるのでしたら)早急に探し出して購入しましょう、そして…ヤフオクでプレミアが付くのを待ってぼろ儲け、な~んて火事場泥棒的発想はどうか実行しないで頂きたいのです、一人のローゼンメイデンファンとしましては。…自由経済を無視した勝手な言い分だということは百も承知ですが。

ローゼンメイデンPhase36(月刊コミックバーズ2006年4月号)

 ゆったりとした流れの中に、物語は大きく動いた気がします。この先はネタバレ全開ですので御覚悟を…♪

...続きを読む

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。