スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phase 33 における素晴らしい元ネタを発見しました

 雛苺にとってのトラウマ「ひとりぼっち」。その直接的な原因となったのは、柏葉巴より一代前のマスター・コリンヌ=フォッセーが良かれと思って雛苺を鞄の中に避難させたことでした。
 当時南フランスに住んでいたフォッセー家が、戦争による空爆から逃れるために疎開したらしい様子が、Phase 33で描かれています。こんな状況下で、「大きな鞄に入った生きているアンティークドール」などを持って逃げることは不可能だったのでしょう。コリンヌはきっと、まだ小さな頭から精一杯の知恵を絞って、自分が疎開から帰ってくるまで雛苺を最も安全に隠し、そして心配させることなく待たせるために、「かくれんぼ」という善意の嘘をついたのでしょう。
 実際、コリンヌ自身は疎開先からすぐにでも帰って来れるつもりでいたのでしょうが、結果的には数年の後にやっと戻って来れた時には、家は完全に破壊されており、雛苺は鞄ごと消え去っていたのだと思われます。きっとそれ以前に、雛苺の指輪はコリンヌの指から消えてしまっていたでしょうから、そこまでの道中の間ずっと、コリンヌは悪い予感を振り払い続けていたであろう事は容易に想像できます。そして、その悪い予感は的中し、コリンヌは死ぬまで雛苺と再会出来ませんでした。この事件はきっとコリンヌにとってもトラウマに残り、雛苺との再開を切望する想いは孫娘のオディールへと受け継がれました。

 さて、やっとここからが本題になるのですが、コリンヌたちが出会ってしまった「大きな流れ」、つまり空爆を伴う戦争は、いつの時代のことだったのでしょうか。こういった歴史は、実は私、大の苦手で、ずっと後回しにしていたのですが、今日になって大変説得力のある資料…恐らくはPEACH-PITさんたちが元ネタに使ったのではないかと思われるほどの情報を偶然見つけることが出来ましたので、ご報告します。

 キーワードは、「南フランス」、「戦争・空爆」、そして「フォッセー家」。この全てを含む物語とは、ずはり「禁じられた遊び」です!! 第1期アニメ版ローゼンメイデンのオープニング主題歌、ALI PROJECTさんの名曲…ではなくて、物悲しいソロギターの旋律で有名な、あの映画です。いや、白状しますと私はまだこの映画を見たことはないのですが。
 アマゾンによる紹介文を読んでみますと、舞台が南フランスで、主人公の女の子は第二次世界大戦でドイツ軍の戦闘機に両親を殺され、そしてこの女の子を演じた女優の名前がブリジット・フォッセー (Brigitte FOSSEY) というのです。ここまで揃えば、もう単なる偶然とは考えられません。
 それにしても、なんと素晴らしい元ネタでしょう。ストーリー的には映画とは全く関係ないところも、オリジナリティーへのこだわりが感じられて、私はますますますますPEACH-PITさんたちのファンになってしまいます♪

 で、この映画の舞台背景によると、南フランスがドイツ軍の戦闘機に襲われたのは1940年のことだそうです。つまり、2006年現在の今から約66年前のことですね。いや、作品中の時間はゆっくり流れていて、ジュン君は最初からヒキコモリ中学2年生のままですから、連載が始まった2002年で考えると、約62年前のことになります。つまり、真紅と水銀燈が闘った「67年前」には、雛苺はまだネジを巻かれていなかったのではないか、との推論が出来ます。あの2人の闘いに巻き込まれていたら、雛苺はもっと早く大人っぽくなっていたかも知れませんね。あまり想像したくありませんが。  それにしても、雛苺、あぁ…。せめて蒼星石と一緒に仲良く暮らせると良いですね。
スポンサーサイト

ローゼンメイデン・ファン感謝祭レポート(1) 第1部オフ会、物販、入場まで

 今日のイベントは「ローゼンメイデン・ファン感謝祭」。+翠翠+さんのサイトが放つ不思議な魅力に引き寄せられた公式BBS常連(私なんかも常連と認めて頂けるのでしょうか?)が合計8人も集まって、イベントの前後にオフ会を行うことになりました。日本全国に散らばる8人の仲間たちが待ち合わせたのは午前8時の秋葉原、アニメイト前。なんとも分かりやすい待ち合わせです。しかしほとんど全員が初顔合わせなので、照れもあって声を掛け合うのが遅れて、全員がちゃんとお互いを認識できたのは予定時刻の1時間後でした…。

 まずは腹ごしらえ。吉野屋や松屋が24時間営業なのは知っていましたが、ミスタードーナッツが朝の8:30から開店するとは初めて知りました。窓越しにアニメイトの周辺を観察し、その隣のパチンコ屋が大変繁盛しているのに驚いたり、恐らくは子供が入れないと思われるDVD屋さんに長蛇の列が出来ているのに驚いたり、しかしその行列の最後尾を守るスタッフが「AKIBA 48」の看板を持っているのに安心したりしておりました。あまり詳しく解説したくないので読み流して頂けますと幸いです♪

 アニメイトではローゼンメイデンの関連商品を漁り、トレカが完売していることを再確認し(レアカードって本当に罪な存在ですよね)、アソビットシティーでは等身大のフィギュアの迫力に驚き、ゲーマーズではローゼンメイデンのコーナーがかなり縮小されていることに寂しさを覚え、そして早々に秋葉原からイベント会場のある横浜に移動することにしました。…遠方からいらっしゃった皆様、こんな東京案内で本当に良かったのでしょうか?

 前日に下見した甲斐があって、秋葉原からイベント会場である横浜BLITZへの移動はスムーズでした。良かった良かった♪

 まずは物販。13:00開始とのことでしたが、1時間くらい早めに行ったのに既に80人ほどの行列が(仲間の2人が実際に数えて下さいました、ありがとうございます)。すかさず最後尾に並んで、暇つぶしの大読書大会。あえてその内容には触れませんが、それを目にしたらしい小学生くらいの女の子からめちゃくちゃ睨まれてしまいました。あ、私は関係ないですよ? 念の為(卑怯者♪)
 時間になると、「限定テレカは、各キャラ1人3枚まで」とのアナウンスが。はぁ~っ!? 限定テレカって「複数の種類」あるのですかっ!? そんなこと、告知されてませんでしたよ? これだから、単数と複数の違いの無い日本語って難しいのですよ。今回は予算を1万円に定めて(実際、給料日前ですし)それ以上の現金を持って来なかったのですが(あればあるだけついつい使ってしまうのは自分が良く分かっておりますので…特に「限定グッズ」は本当に一期一会ですから)、これでは全種類買えない可能性が…っ!! (なお、限定グッズを全種購入するのは自分ルールです♪)
 記憶を辿ると、去年の夏、TBSアニメフェスタ2005での物販では、限定テレカは1種類だけで税込1,200円でした。この例から推察すると、トロイメントのキャラ=7体のドールズで1,200×7=8,400円也。これなら大丈夫。先に買った人がお財布に2,000円のお釣りを仕舞う現場を目撃して、この仮説は確信に変わりました。この人も全種類買って、10,400円出して2,000円丁度のお釣りを受け取ったのでしょう。どうも私はこんな暗算ばかり得意なのです。
 しかし…自分の番が近付いて、実際の値段を見てみると、1,500円也。台紙付きだからって、イベントそのものはチケット代を払っていない(入場券はあくまで、DVD第2巻初回版の「特典」=オマケなのです)からって、ちょっとさすがにぼったくられている気分に…なる暇もなく、高速暗算を再開です。1,500×7=10,500円也。予算オーバー。大問題です。それでも「全種類購入」の大前提から抜け出せない自分がちょっと嫌ですね。とにかく、結局は「第1期アニメの5体のドールズ」、つまり5種類のテレカしかありませんでしたので、1,500×5=7,500円也、で事なきを得ました。…これって「トロイメント」のイベントの限定テレカだとばかり思っていましたが、金糸雀と薔薇水晶が仲間外れ…??
 その他、「一般グッズ」のコーナーには、アニメイトで既出の商品ばかりで、例外は今週中に発売予定のレターパッド3種類のみでした。ここで買ってもポイントの対象にならないので、それ以前に予算の問題もありますし、私は何も買いませんでした。あ、ポイントが無い代わりと言ってはなんですが、税込の値段が1の位で切り捨てられていたようで、ちょっぴり安くなっていました。釣銭対策でしょうが。

 8人の仲間は全員、予算の範囲で限定テレカを無事購入できたようです。14:00になって、次は会場予定時刻の16:00まで時間が空くのですが…そう、お昼御飯を忘れていました。予定では、16:00に行列に並んでからイベント終了予定時刻の19:00まで3時間は立ちっぱなしの筈ですので、やはり体力を付けておきたい所。しかし、周囲は観光地なのか、どの飲食店も満席に近く、しかも値段がお安くありません。一通り歩き回ってさらに体力と足腰の限界に近付いてから、最終的にはゲーセンの奥に8人座れるスペースを確保し、それぞれ予算の範囲で食事が出来ました。えぇ、今日のような日は、食事よりも限定グッズが優先するのですよ。
 前日の寝不足のために私もうとうとしてしまって、気が付いたら15:45。急いで行列に並ばなければ、折角の整理番号より後の入場になってしまう可能性があります。この時、結局仲間の1人だけ行方不明のまま連絡が取れなかったのですが、携帯電話の必要性をひしひしと再認識させられました。
 会場予定時刻になりましたが、入場出来ません。まだリハーサルが続いているのだそうです。外からは何の音も聞こえませんが(当たり前)。しばらくして、予定通り、ほぼ「整理番号順」に入場が開始しました。入り口では鞄を開いてカメラチェックを受けて(この種のイベントは当然ながら撮影も録画も録音も禁止)、ローゼンメイデンその他の作品の関連商品のパンフレットを頂いて(私はここで公式BBS御担当の藤田さんから頂けてラッキー!! この人のファンなんです♪)、会場に入ると…ある意味カオス状態で、次の行動を決定するのに一瞬の戸惑いが生じました。だだっ広い空間を想像していたのに、色々と障害物があるのです。すぐに分かりましたが、立った状態で体重を預けられる器具(?)が床から生えているのです。つまり、ここはいわゆるライブコンサート会場だったのですね。
 で、私の思考が一瞬停止した理由は、ステージに密着しているグループと、それより後ろから生えている器具(?)にもたれかかっているグループの間に、かなりのスペースがあるのです。さて、ステージに少しでも近付くべきか、それともスタンディングを楽に過ごすべきか。…あまり迷うことでもありませんね。私はこれらの器具(?)をくぐって、出来るだけステージの近くに参りました。やはり、ゲストの皆様のお顔はスクリーンではなく直接に見たいですから。
 もう一つ驚いたのが、2階の席は座席になっているのですが、1階が埋まる前どころか恐らくは最初からそちらに行っていた方々が結構な数に登る事。ははぁ、私はてっきり整理番号1401~1700の人が2階に通されるのだと思い込んでいましたが、早いもの順で好きな場所を選べたのですね。最も私の場合は、最前列から7人目、中央から5人目、と十分満足な位置を確保できたので文句は無いのですが。

(今日は疲れてしまいましたので、イベントそのもののレポートは明日にでも)

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。