スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガミマガジン3月号の松尾監督の御言葉

 真紅命さんに教えて頂きまして、早速読んで来ました、立ったまま。あまりの内容にびっくりして結局買わずに帰って来たのですが、ん~~、冷静になって考えれば「ローゼンメイデン・トロイメントを総括する記事」と言って良いくらいに充実した内容でしたので、明日あたり改めて780円出して買って来てしまいそうです。7体のドールズにそれぞれ1ページ丸ごと費やしていて、さらにみっちゃんさん宅にてコスプレした真紅の等身大(?)ピンナップも付いているので、ローゼンメイデンにしか興味を持っていない(持たないようにしている)私のような者にも高過ぎない買い物かも知れません(?)。

 で、松尾監督のお言葉なのですが、真紅命さんのおっしゃるとおり、う~~~ん、少々首をひねってしまいます。ネタバレになりますので具体的な内容はここでは伏せておきますが、あの記事を通して松尾監督は「お父様」の代役として話をしているようですので、Q&Aもその延長上にある、という解釈が可能かと思われますが、それでもまだ腑に落ちませんねぇ。あとは、インタビューを受けたときに松尾監督が疲れてしまってふざけたくなっちゃったとか? そもそも最終話のシナリオが決定するまでは相当もめたらしいですので(水銀燈ファン決起集会で聞いた話だと記憶してます)、当初の設定から多少ずれてしまったために誤魔化した、とか?

 いずれにしても、設定の公式な発表でもまだ矛盾や謎が残ってくれる方が、私としては調査やら考察やら研究やらで楽しめますので全く問題ございませんどころかむしろ大歓迎です♪
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。