スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデントレーディングカード

 11月17日(木)はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日だったんですねぇ。下戸な私は完全に忘れていました。それよりも、ローゼンメイデン・トレーディングカードですよ!! 予想通り発売予定日の前日、つまり11月17日(木)に発売されていたのをアニメイトで早速購入しました。なお、早く入手したくて月曜日から毎日アニメイトに通っていたことはどうかご内密に。

 発売が発表されてすぐに別のネットショップで2ボックス予約しておいたので、アニメイトでは1ボックス(=7パック)と1パック(=8枚)だけにしました。追加の1パックは、ボックスが税込2,940円なのにローゼンメイデンフェアのカードが2枚しか貰えなかったために、端数合わせで買いまして、7枚1セット入手できたのでした…残りの4枚は、ついつい原作コミックス単行本第6巻初回限定版を2部予約してしまったからです。ちなみにこれは内金として全額前払いです。この日だけでアニメイトで使ったのは合計金額7,140円也。先週土曜日と合わせてミニカードが7枚2セット計14枚入手できましたとさ、めでたしめでたし。すっかりアニメイト様の下僕状態ですね。今回ばかりは1セットをヤフオクに出品しないと年を越せないかもしれません。何のために揃えたんだか。

 帰宅したら昼間に依頼した時間帯のとおりにネット通販の2ボックスが届きました。佐川急便は深夜も時間指定できるのは大変ありがたいのですが、さすがにサービスドライバーの方が気の毒になります…なんてことはすぐに忘れてしまってさっそく開封&リストアップ開始。こんなときにばかり活躍する高価な表計算ソフトの存在意義を疑うこともなく熱中していたら睡魔に襲われて肝心のテレビ放送を寝過ごしてしまいました。というわけで第5話「手紙」の感想は遅れます。

 最初に驚いたのは、25パック分集めて応募するともれなく貰えるプレミアムカードの存在。私の手元には22パックもありますが、まだ足りません。っていうか1パック税込420円×25パック=10,500円って凄っ!! どうかこの特殊カードは1種類だけであって下さい。

 このシリーズは全77種+αとありますが、どうやらこのαには25パックで応募のプレミアムカード(種類数不明)と、ボックス単位で購入した場合の特典カード(=プロモーションカード)、が含まれるようです。特典カードにも番号が振ってあって、アニメイト購入分は3番、ネットショップ購入分は2枚とも1番でした。2枚一緒にせずに、別々にして下されば良いのに…。多分、このネットショップには1番1種類しか無かったのでしょうね。さすがにそこまでサービスが悪いとは考えにくいです。

 今回は一度に合計22パック分(=176枚)も入手したせいか、いきなり全54種ノーマルコンプしました。しかも2組も。「2パックに1枚の割合」で入っているとされるスペシャルカードは、全18種中11種13枚集まりましたので、私にしてはかなり運が良かったと言えますね。そして「数ボックスに1枚の割合」で入っているとされる「声優サイン入りレアカード」(正式名称「ローゼンメイデンカード」)は皆無。「数ボックス」の記載が「数十ボックス」の間違いでないことを祈ります。

 肝心な絵柄の感想ですが、なかなか良い感じです。こう言っちゃ悪いのですが、同じ第1期アニメを題材にしたエポック社ステッカードのデザインが多少見劣りしてしまいます。
 オープニングカードなんてあの妖しく美しいゴシックな雰囲気が良く出ていると思います。
 ストーリーカードは全12話の各話につき3枚ずつ、名場面を台詞付きで再現しています。「乳酸菌~」はありませんでしたが。
 エンディングカードが全3種類というのはちょっと寂しい気がしていましたが仕方ないですよね、もともとカット数が少ないのですから。しかし3枚つなげると1枚の絵(真紅のヘッドドレス、雛苺と翠星石のリボン、蒼星石の帽子、ジュン君とのり姉ちゃんの眼鏡、のカット)になるという仕掛けがされています。
 キャラクターカードが全6種類の内訳は、薔薇乙女5体とジュン君でした。別途に「ローゼンメイデンカード」があるので、個人的にはジュン君とのり姉ちゃんと巴嬢を期待していたのですが、そうすると残る3名をくんくん探偵、不死身の山本君、柴崎さんちの3人家族から選ばなければならないので却下ですよね。
 スペシャルカードはCDのジャケット絵やアニメ雑誌のピンナップイラストで、それぞれ初出が記載されているのは資料性が高いかも。金色の縁取りが箔押しされていたりして、高級感があります。裏面は同じ絵がモノトーン処理されていて、なかなかお洒落です。ここでも一部の絵は2分割されていますね。このシリーズは、販売元の株式会社ムービックがアニメイトに関連する会社なためか、全てアニメ絵柄です。エポック社のステッカードのような原作絵柄が無いのはちょっと残念ですね~。

 11月18日(金)、秋葉原のラジオ会館7階にあるイエローサブマリンというトレカショップに行きましたら、既に売られていました。スペシャルカードは600円~900円程度、レアカードに至っては3万円を超える値段です。とても手が出ませんよ。プレミアムカードの応募に必要な応募券25枚セットまで2,500円くらいで売られていたのにはちょっと受けました♪

 こんなところに書くのはどうかと思いますが、私、ノーマルカード全種(オープニングカード9種、ストーリーカード36種、エンディングカード3種、キャラクターカード6種、通し番号はそれぞれNos.01~54)の他にスペシャルカードのNo.05とNo.06(通し番号はそれぞれNo.59とNo.60)と、ボックス特典カード(=プロモーションカード)のNo.01がダブっているのですが、どなたか交換して下さいませんか? 現時点ではスペシャルカードのNos.01, 02, 09, 10, 11, 13, 14(通し番号はそれぞれNos.55, 56, 63, 64, 65, 67, 68)と、ボックス特典カードのNo.02(あと存在するならNo.4以降)が抜けているので(あとレアカード全種♪)。

参考資料:
ローゼンメイデントレーディングカード(予約) 11月18日発売予定!(注:リンク先は楽天市場の通販ページです)
このパッケージが目印なのですが…ヨドバシカメラ秋葉原店では取り扱わないのだそうです。あそこのトレカ売り場はポイント還元も含めればかなり割引になっているのに残念です。電話で問い合わせたら、ビックカメラでも取り扱いは無いとのこと。う~ん、意外と人気無いのか? そんな筈は無いっ!!
スポンサーサイト

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。