スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛苺の第3の選択肢(原作コミックス版 Phase 33 感想)

 今日は月刊コミックバーズの発売日~♪ でも今月号ばかりは開くのに覚悟が要りました。この先はネタバレですのでご注意下さい。
 あ、その前に、今月号の付録は真紅の下敷です。サイズはB5ノートにぴったりサイズです。さらに表紙イラスト(憂い顔の真紅と笑顔の薔薇水晶)のテレカが応募者全員サービスですので、興味のある方は書店に急ぎましょう。出来るだけ大きな書店に…。

...続きを読む

スポンサーサイト

京ぽん2ことWX310Kのシルバーモデルに「水銀ぽん」という愛称を提案します

 色々とケチを付けたり付けられたりと複雑な気分ではありますが、予定通り発売日に買ってしまいました、Willcomの新端末、京セラWX310K、通称「京ぽん2」のシルバーモデル。以前から水銀燈のイメージだと私が勝手に言い張っているヤツです。このWX310Kのシルバーモデルに「水銀ぽん」という愛称を提案します、というのが今日のブログの趣旨です。

 11月25日(金)の発売日には「祭」が起こるであろうことは容易に想像出来たので、念の為に前日にヨドバシカメラのお店まで行って店員さんに問い合わせましたら、込み合うと機種変更の手続きに5時間くらい待たされる可能性があるので、仕事帰りの午後7時に行ったのでは間に合わないでしょうとのこと。
 それなら…と、当日はお昼休みに職場を飛び出て秋葉原まで行って、古い端末を預けて機種変更手続きを始めてもらうことにしました。大急ぎで戻って午後の始業には間に合いましたが、久し振りに全力疾走した気がします。…この行動力を仕事に活かしたいものですが、気が付くとローゼンメイデンのことを考えているような私には無理そうです。残業で遅れたものの、午後8時ごろに無事、新機種を入手できました。

 それはそうと、やっと本題ですが、WillcomのPHS端末にはそれぞれの機種に愛称がついているんですよ。「京ぽん2」は「京ぽん」の後継機種なのですが、これは「京セラのエア・エッジホン」が訛った(?)のが語源だそうです。その前に日本無線製のエア・エッジホンが「味ぽん」と訛って呼ばれたのが元祖らしいですが、同様に三洋製の新機種WX310SA(つまり「京ぽん2」のライバル機種)は「洋ぽん」と呼ばれています。
 さらにこの「洋ぽん」には、黒字に赤いラインのモデルと、白地に青いラインのモデルがあるのですが、前者は「ドムぽん」、後者は「キュアぽん」という愛称で親しまれているようです。「ドム」は某機動戦士アニメのモビルスーツの名前で、確かに頭部が黒字に赤です。「キュア」は某最大心臓アニメの「プリキュア」の省略形で、主人公の一人の衣装が確かに白地に青です。PHSファンがアニメファンというわけでも、アニメにお金を使い込みすぎる人ばかりが通話料の安いPHSに流れるわけでもないとは思いますが、機械に愛称をつけて可愛がる人種にはアニメファンが多いということでしょうか。ちなみに私も青いデジカメには「蒼星石」、真っ白いパソコンには「Rozenkristall(=薔薇水晶)」という愛称をつけて大切に使っておりますが。
 とにかく、「京ぽん2」という愛称はその知名度が高すぎて、各カラーモデルにまでは愛称がまだついていないようなのです(当ブログの調査結果)。今がチャンスです。「京ぽん2」のシルバーモデルを、水銀燈の名前をお借りして、「水銀ぽん」という愛称で呼ぼうではありませんか!! (「水ぽん」では短すぎて意味不明ですし、「銀ぽん」は「京ぽん」のシルバーモデルの愛称として既に使われているので)
 だからと言って、運動の企画とか特に何も無いんですけど。これを読んで下さった方、良いアイデアがあったら教えて頂けると嬉しいです。もしくは、京ぽん2ファンが集まるウェブサイトでそれとなく宣伝して頂けるともっと嬉しいです。私の方ではとりあえず12月8日にアニメイトで発売される水銀燈のストラップ薔薇のマークのメールブロックを装備出来たら、その画像をアップするつもりです。

 使い始めてもう5日になりますが、良い端末ですねぇ。見目麗しい上に高性能。水銀燈同様、才色兼備とはこのことです。ローゼンメイデン関係のPC用ウェブサイトをあちこち訪問して、公式BBSも問題なく表示出来て、さらにザウルスでは表示できなかったみずほ銀行のネットバンキングにまで対応しているのには感激しました。今まで使っていた歴代のPHS端末では実質的に通話とメールにしか使えてなかったので(「京ぽん」は持ってませんでした)、電車の中で携帯電話をず~っといじくっている人たちの気持ちがやっと分かった気分です♪

COMOK(名古屋)の真田アサミトークイベント、当たりました♪

 名古屋のメイドカフェ「COMOK」で、ローゼンメイデンイベントの期間中の12月3日(土)、18:30開始予定の「真田アサミトークイベント」。全く期待せずにメールで応募していたのですが、先ほど帰宅したら「入場整理券」が郵便受けに入っていてびっくり。と言う訳で行って来ます、名古屋行きの安い方法を探して。やっぱり東京発の高速バスかな~?
 で、浮かれ気分でPCを起動しようとしたら、また不調に。BIOSが立ち上がりません。とりあえずこの間作っておいたサブシステムのHDDに差し替えてこのブログを書いてます。最近はなにやら幸運と不運のバランスが取れていて、安心して良いやら悪いやら。とりあえずメインシステムを修理しなきゃね…。今度は何が原因なんでしょう?

私の心の師・マクガイバー

 今日は久し振りにローゼンメイデン以外の話題など。発売日から2日経ってしまいましたが、2ヶ月ほど前から予約していた「冒険野郎・マクガイバー」のDVDを買って来ました。えぇ、ローゼンメイデン以外に浮気はしないつもりでしたし経済的にも余裕が無いのですが、これだけはど~~しても欲しかったのです。マクガイバーは私の心の師匠ですから。

 幼稚園の頃、私のヒーローはウルトラマンでも仮面ライダーでもなく、NHK教育テレビで活躍されていた「ノッポさん」でした。紙工作で何でも作ってしまう才能に憧れると同時に、いつも側にいるゴンタ君に嫉妬さえ覚えたものです。小学生になって、日本を離れて渡仏すると、そこではアメリカの人気連続ドラマ・マクガイバーが放送されてました。当時はまだフランス語の吹き替えをほとんど理解出来ませんでしたが、私はすぐに虜になりました。なにしろ、ろくな装備も無いのに、スイスアーミーナイフ一本あれば現場でかき集めた道具を最大限に、それも視聴者が思いも寄らない方法で利用して、どんな困難も乗り越えてしまうのですから。「必要なものは自分で作る」ということ、そして「何でも自分で作れる」という信念は、今でも私を支えています。…言い過ぎかな?

 マクガイバーがいわゆるジェームズ・ボンド的なエージェントであることは理解しているのですが、その所属機関などのバックストーリーは覚えていませんしそれ以前にちゃんと理解できていなかったのでここでちゃんとご紹介出来ないのが残念ですが、これから日本語版をじっくり観ることにします。

 それにしても第1期全22話、DVD6枚組にして本編が全部で約1,045分だそうです。これで定価税込17,640円なのですから、1分当たり約17円の計算になります。アニメのセルDVD、例えばローゼンメイデンの第1期アニメの場合はDVD6枚合わせて本編が全部で約288分、定価税込31,500円で1分当たり約109円。実に6倍以上です。もう少し何とかなりませんか、アニメDVDの値段…。

ローゼンメイデンのトレーディングカードが再販予定

 大人気で売り切れ続出のローゼンメイデンのトレーディングカード。私も「プレミアムカード」の応募に必要な残り3パックがどうしても見つけられません。秋葉原と地元のアニメショップはもちろん、ネット通販も全滅状態です。
 そんな中、明るいニュースが。ゲーマーズの通信販売サイトでは、現時点では「SOLD OUT」としながらも、
※再入荷予定有り
12月中旬再販分再入荷予定
の但し書きを発見しました。さらに、楽天市場の「セレッサ」というお店では、既に注文受付を再開しています。ただし、
次回12月下旬以降再販予定。仮ご予約受付中!!
※こちらの商品はメーカー生産の都合により、再販予約受注総数が、生産ロット数に満たない場合には再生産しない場合もございますので、仮ご予約とさせていただきます。予めご了承下さい。
とのことですので、まだ確実という訳では無さそうです(ちなみに、折角メーカーと直結しているのにアニメイトの通販サイトでは現時点では何の情報も見つかりませんでしたが、あそこの更新が遅いのはいつものことですから想定の範囲内です)。逆に考えれば、みんなで予約すればするほど再販の可能性が高まるわけですが…ショップとメーカーの思う壷? いやいや、こればっかりは喜んで上手い話に乗せられて甘い蜜を吸いたいものです。

 いや、待てよ…レアカードはどういう扱いになるのでしょうか? 初期ロットの300枚は既に市場に出回っているわけですから、
  • 可能性その1:再販分も初期ロットと同じ(つまり声優さんがもう一度直筆サインをしてくれる)
  • 可能性その2:再販分は直筆サインの代わりに「箔押し」に仕様変更
  • 可能性その3:再販分のローゼンメイデンカードはレアカードのままサイン無し
  • 可能性その4:再販分のローゼンメイデンカードはサイン無しでレアカードでもなくなる(スペシャルカード程度の出現率か?)
現実的な選択肢としてはこのくらいでしょうか。既に仮予約可能なセレッサで思わずポチッと注文しそうになりましたが、ここらへんの情報が入ってくるまでもう少し様子を見ようかと思います。最低3パックは必ず入手したいですが、可能性その1ならレアカード欲しさにもう少しだけ奮発したいところです。その場合、送料の節約や店舗での購入も視野に入れると、どうしよう…。いずれにせよ、ヤフオクやトレカショップの相場にも影響する筈ですから、慌てて散財する理由もなくなりました(実は危ないところでした)。

 +翠翠+さんのウェブサイトを拝見したところ、関西地方では関東地方ほどにはローゼンメイデンが盛り上がっていないのだそうです。そう言えば、MBSの放送は12月10日開始予定でしたね。なら今のうちに関西まで足を伸ばして…というのも移動にかかる費用を考えると文字通り二の足を踏んでしまいます。まかり間違って大阪か名古屋のメイドカフェイベントが当たりでもしたらかなりの確率で行ってしまいそうですが。安い高速バスで。



参考資料:
ローゼンメイデントレーディングカード(再販予約) 12月下旬発売予定!(注:リンク先は楽天市場内「セレッサ」の注文ページです)
このショップは再販予定の仮予約として既に注文を受付中ですが、私はもうしばらく様子を見ることにします。…でも、いつもこうやって機会を逃してるんですよね~。

登場人物の名前に秘められた暗号について

 やられたっ…! まさか第6話「天使」でもうあの話が出るなんて。第8話「人形師」までにまとめれば良いかと高をくくってましたよ。でも折角考えたこのネタを封印するのももったいないので、後出しっぽいですけど要点だけ発表します。
 この先は例によってネタバレですのでご注意下さい。

...続きを読む

ローゼンメイデン・トロイメント第6話「天使 -Engel-」速報

 さぁ~ついに始まりましたよぉ~♪ 当然ながら完全ネタバレですのでご注意を。

...続きを読む

水銀燈の媒介候補として人工精霊のメイメイが柿崎めぐを選んだ理由(2)

 一昨日の続きです…。例によって完全ネタバレですのでご注意下さい。
 ややっ!! いつの間にか2万ヒットの大台突破。皆様ありがとうございます~。

...続きを読む

アニメイトの「薔薇の香りのミニカード」に見る薔薇乙女の人気ランキング

 ローゼンメイデンのトレーディングカードを25パック分購入して応募すると必ず貰える「プレミアムカード」。既に22パック買ったので、残り3パック。今日も今日とて秋葉原に買いに出かけたら、もう何処にも無い~~っ!! 次回の入荷も未定とのこと。むむ~、甘く見てましたよ。やはりモノとの出会いも一期一会なのですっ!!
 とりあえず、本日発売のフィルムコミックス第3巻(2冊)と、アントラクト、それから5種類のピンズを1つずつ、アニメイトで買ってきました。合計4千円オーバー。11月にローゼンメイデン関係で使った総額は…計算したくない~。
 こんな無理をしたのも、全てはアニメイトで貰える「薔薇の香りのミニカード」のためです。もう2セットも持っているのに、折角貰える物を貰わないと何だかとっても損した気分になるものなのです。えぇ、アニメイトの計算どおりですね。
 で、折角2セットも持っているのですから、今回は思いっきり趣味に走って、4枚とも翠星石を貰おうと思っていましたら、「終了しました」とのシールが、翠ちゃんの顔だけにべったり。むむ~、みんな考えることは同じですねぇ。
 その反面、一人だけごっそり在庫が残っているのが、金糸雀。もうね、レジの向こうの在庫を見ると、真紅、雛苺、蒼星石、薔薇水晶、水銀燈が大体同じくらい残っているのに、金糸雀はその5倍くらい残っていたでしょうか。5階のキャラクターグッズ売り場も、3階のコミックス売り場も、同じ。ここまで差が出ると、カナちゃんがもう不憫で不憫で…。でも私は4枚とも水銀燈を貰って帰りました。数時間後に完全復活する記念に。

 結論:
翠星石>真紅≒雛苺≒蒼星石≒薔薇水晶≒水銀燈>金糸雀
第4~5話で翠星石はすっかり株を上げましたね♪



参考資料:
Rozen Maidenフィルムコミックス第1巻Rozen Maidenフィルムコミックス第2巻Rozen Maidenフィルムコミックス第3巻
(注:リンク先はアマゾンの通販ページです)
一度やってみたかったんですよね、3冊並べた画像。ちゃんと繋がってますね。

Rozen Maiden Entr’acte(注:リンク先はアマゾンの通販ページです)
そして、もう1冊、「アントラクト(=幕間)」。中身はPEACH-PIT以外の色々な作家さんの作品がいっぱい。いわゆる「アンソロジー」というやつですね。
ところで、フィルムコミックスとアントラクトのお値段が、それぞれ893円(ヤクザ)と651円(ムゴイ)って語呂が悪いですよね~。

水銀燈の媒介候補として人工精霊のメイメイが柿崎めぐを選んだ理由(1)

 もういくつ寝ると第6話「天使」。水銀燈が還って来るぅ~~っ!! 待ちきれませんねぇ。きっと放送当日はネットのあちこちでお祭り騒ぎになるのでしょう♪
 先日ネタを振っておきながらそのままになっていたのですが、後出しにならないように今のうちに続きを書いておきます。今日のテーマは、水銀燈の媒介候補として人工精霊のメイメイが柿崎めぐを選んだ理由に関する考察です。
 この先は完全ネタバレですのでご注意下さい。

...続きを読む

薔薇乙女たちが所有する金色の道具について

 翠星石の「庭師の如雨露」と蒼星石の「庭師の鋏」、これらの金色に輝く道具は、きっとコスプレイヤーの皆様を困らせてしまうほどに繊細なアラベスクのデザインが施されています。これらの道具が持つ、人間の夢の木を育てたり剪定したりする能力から考えても、庭師の如雨露と庭師の鋏は翠星石と蒼星石が生まれたときに人形師ローゼンから二人に与えられたものだと思われます。

 同じような金色の道具を、金糸雀も持っています。双眼鏡です。これも人形師ローゼンから授かった物だとしたら、金糸雀の特殊能力は視力や情報収集に関するものなのかもしれませんね。どじっ娘のくせに「薔薇乙女一の頭脳派」を自称するのは、この能力に誇りを持っているからだとしたら、納得がいきます。(個人的には「土」属性の能力であって欲しいのですが…。)

 もう一つ、真紅が持つ懐中時計も、金色の道具に見えます。実際に、真紅は「時間のゼンマイを巻き戻す」という特殊能力の持ち主です。もっとも、本人は「ドレスの時間のゼンマイが巻き戻ったのでしょう」、などと何故か自分の意思ではないかのような表現を使うことがありますが。さらに不思議なことには、窓ガラスや自分のドレスの時間のゼンマイは巻き戻せても、水銀燈によってバラバラにされた人形や、自分自身の右腕は元に戻せませんでした。もちろん第1期アニメ最終話で燃え尽きてしまった水銀燈も元に戻せないのでしょう。これは「生命のカケラを持たないモノ」に制限される能力なのだと解釈すれば良さそうです。

 残る水銀燈、雛苺、薔薇水晶の3人も、何か特殊能力を発揮する金色の道具を持っているのではないでしょうか。今後明らかにされるとしたら、とても楽しみですね。

金糸雀とプロレスラー

 PEACH-PITさんの公式ウェブサイト「もものたね」のメインコンテンツ(と私は思ってます)、「ももたね日記」が珍しく(失礼)たった4日で更新されてますね。お二人ともお元気そうで何よりなのですが、千道万里さんがお好きだった(?)プロレスラー、エディ=ゲレロ (Eddy GUERRERO) さんがお亡くなりになったことを悔やんでおられます。正直に申しますと、私、プロレスは全く興味が無かったので、エディ=ゲレロさんがどれほど素晴らしいレスラーだったのかは全然分からないのですが、この方のモットーが「Lie, Cheat and Steal (騙して、ズルして、頂き)」だったそうで、それってもしや、金糸雀の「楽してズルして頂きかしら♥」のもとネタ!? う~ん、本家サイトを更新する口実が出来てしまいました。

ローゼンメイデン・トロイメント第5話「手紙」感想

 寒くなりましたね~。コンビニには冬の風物詩である苺のお菓子が増えてきましたが、楽しみにしているあれにはまだ出会えてません。生の苺を丸ごと一つ必要とする「うにゅぅ」はもう少し先なのでしょうか?
 というわけで(?)遅くなりましたが、雛苺が主役の第5話「手紙」の感想など。この日はトレーディングカードを大人買いしてリストアップしてたら睡魔に襲われてそのままリアルタイム視聴し損ねました…年ですかねぇ。

 金糸雀の朝ご飯。靴を脱いで、正座して、お行儀良いですね。他人の家の庭先ですけど。みっちゃんの教育の賜物でしょうか。ただ、一人で座っている様子はちょっと寂しい気がしますね。原作では猫や小鳥にご飯を分けてあげて、しかもケンカの仲裁までして、金糸雀って意外と優しいししっかり者なんですけど、アニメ版ではそのあたりが省略されていて気の毒です。
 蒼星石は達筆。文字の最後に左にはねるあたりがちょっと老人っぽい書体です。きっと柴崎老夫婦に教わったのでしょうね。文面も優等生です。
…………がつのってまいりま…
………ずにお元気にお過ごしのことと存じます
……れから本番となります
…さま、おばあさま、お体をくれぐれも
愛くださいますよう
地上波の4:3画面ではこれが限界です。あとは16:9画面で放送のBS-i組の皆様に託したいと思います…(+翠翠+さん、よろしくお願いします)。勝手に予想しますと、
日増しに熱さがつのってまいりましたが
あい変わらずにお元気にお過ごしのことと存じます
熱さはこれから本番となります
おじいさま、おばあさま、お体をくれぐれも
ご自愛くださいますよう
こんな感じでしょうか。そう言えば、「お世話になったお礼」とか、「近況報告」とか、わざわざ手紙を書くなんて、蒼星石も桜田家に引っ越したの?
 ジュン君は数学の他に英語も勉強してたんですね、当然ながら。べたべた仲良しの真紅とジュン君にやきもちを焼いているのは翠星石だけではない筈。きっとテレビの前の全員が(以下略)。
 お掃除作戦は侵入者を撃退(虐待?)したので結果オーライかと。
 「乳酸菌」再び。苺カルピスがヨーグルトに変更されたのはスポンサーへの配慮などといった大人の都合でしょうか。
 大爆発を起こした卵、ドールのサイズを考慮しても、中身増幅し過ぎ。きっと鶏のではないですよ?
 薔薇乙女たちにとってトイレという空間はどういう意味を持つのでしょうか。真紅も蒼星石も好んでいるようですが。金糸雀にとっては単なる絶好の侵入経路ですね。
 金糸雀の拳銃は水鉄砲でした。画面の縮尺を比例計算しますと、金糸雀の水鉄砲の全長は約7.5cmと出ました。みっちゃんが「ひゃっきん」で買ってくれたのでしょうか? その水をどこで補充したかは考えますまい(ごめんなさい、下品でしたね)。
 真紅の猫嫌い、理由が明らかになりました。真紅って叫び声までお上品。真紅の前の前のマスター(家来)の家って真紅のフィールドにそっくりな雰囲気。桜田家に来て粗末とか狭苦しいとか言うのも無理ないですね。
 ベリーベル初登場。雛苺の召還は気合が入りまくりですが、当の人工精霊は駄目駄目な感じです。何度でもドアに体当たりする姿は、根性の証でしょうか、それとも知性の欠如でしょうか。いや、ジュン君が開いてくれることを期待していたのでしょうね。ジュン君は数学と英語の他に国語の勉強も(以下略)。
 雛苺の「はじめてのおつかい」。金糸雀とは違って出入り口はお風呂場。ヒキコモリの物語なので屋外の場面は新鮮です。
 みっちゃんも初登場。金糸雀のドレスはネットオークションで無理矢理競り落としたのではなかったのですね。まぁ、トロイメントは第1期アニメよりも低い年齢層の視聴者を意識しているようなことを松尾監督がおっしゃってましたし、教育上の配慮?
 みっちゃんの物欲は…自分を見ているようで嫌です。スーパードルフィー真紅は、それこそクレジットカードの魔力が無いと無理っぽいです。
 雛苺のお手紙の内容は、「ジュン…さっき…ありが…」まで解読に成功。あとはBS-i組の皆様に(以下略)。  次回予告、やっと水銀燈ですよ!! きっと当日はネットのあちこちでお祭り騒ぎですよ!! しかし、水銀燈復活シーンの美しいこと…。うっとりしますね。相当力が入ってます。その分、今週の作画がへろへろでしたが(だって、ギャグ絵とは言っても原作から離れすぎですよ)。
 あ~~っ!! めぐちゃんがいきなり契約を結んでます!! 「契約内容を良くご確認下さい」って某サラ金会社があれほどうるさいのに、テレビは見てないの? 病弱美少女めぐちゃんの体力が心配です。いや、蒼星石が薔薇水晶に全力で立ち向かっても柴崎のお爺さんは死ななかったようですし、真紅に加えて雛苺の分も体力を提供しているヒキコモリのジュン君も最近は山本君以上に不死身ですし、ドールと契約すると意外と体力が増えるのかも。しかし、水銀燈、何をそんなに動揺しているのでしょうか? とにかくこれで真紅の心の重荷が外れると良いですね。
 最後のオマケ。これって毎回あったんですね~。第1~3話分は気付かずに消してしまいましたよ。DVDに収録されることを祈るばかりです。今回はくんくん探偵の他に金糸雀までおもちゃにされて…ちょっとヤダ。

CDTVで「聖少女領域」が32位に上昇

 なんとなくTVを付けっ放しにしてましたら、聞き覚えのある曲が流れたので振り返りますと、ローゼンメイデン・トロイメントのOP「聖少女領域(ALI PROJECT)」がCDTVで32位と紹介されてました。確か先々週に7位で初登場して、先週いきなり47位にまで落ちていたのでガッカリしていたのですが、少し回復したようですね~♪ 良かった良かった。
 BS-iでも放送が始まった影響でしょうか? だとしたら、これから関西でも始まることですし、もう一波来そうですね。…はっ! 放送開始時期を細かくずらしたのは、この波状攻撃を狙ってのことですか!? やるな、TBS!!

参考資料:
聖少女領域 (TVアニメ「ローゼンメイデン・トロイメント」オープニング主題歌)(注:リンク先はアマゾンの通販ページです)
CDTVでは宝野アリカさんがこの衣装を着た静止画像が映ったのですが、折角同じTBSの番組なんですから、ローゼンメイデン・トロイメントの動画像を流してくださっても良いのに…。

ローゼンメイデントレーディングカード

 11月17日(木)はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日だったんですねぇ。下戸な私は完全に忘れていました。それよりも、ローゼンメイデン・トレーディングカードですよ!! 予想通り発売予定日の前日、つまり11月17日(木)に発売されていたのをアニメイトで早速購入しました。なお、早く入手したくて月曜日から毎日アニメイトに通っていたことはどうかご内密に。

 発売が発表されてすぐに別のネットショップで2ボックス予約しておいたので、アニメイトでは1ボックス(=7パック)と1パック(=8枚)だけにしました。追加の1パックは、ボックスが税込2,940円なのにローゼンメイデンフェアのカードが2枚しか貰えなかったために、端数合わせで買いまして、7枚1セット入手できたのでした…残りの4枚は、ついつい原作コミックス単行本第6巻初回限定版を2部予約してしまったからです。ちなみにこれは内金として全額前払いです。この日だけでアニメイトで使ったのは合計金額7,140円也。先週土曜日と合わせてミニカードが7枚2セット計14枚入手できましたとさ、めでたしめでたし。すっかりアニメイト様の下僕状態ですね。今回ばかりは1セットをヤフオクに出品しないと年を越せないかもしれません。何のために揃えたんだか。

 帰宅したら昼間に依頼した時間帯のとおりにネット通販の2ボックスが届きました。佐川急便は深夜も時間指定できるのは大変ありがたいのですが、さすがにサービスドライバーの方が気の毒になります…なんてことはすぐに忘れてしまってさっそく開封&リストアップ開始。こんなときにばかり活躍する高価な表計算ソフトの存在意義を疑うこともなく熱中していたら睡魔に襲われて肝心のテレビ放送を寝過ごしてしまいました。というわけで第5話「手紙」の感想は遅れます。

 最初に驚いたのは、25パック分集めて応募するともれなく貰えるプレミアムカードの存在。私の手元には22パックもありますが、まだ足りません。っていうか1パック税込420円×25パック=10,500円って凄っ!! どうかこの特殊カードは1種類だけであって下さい。

 このシリーズは全77種+αとありますが、どうやらこのαには25パックで応募のプレミアムカード(種類数不明)と、ボックス単位で購入した場合の特典カード(=プロモーションカード)、が含まれるようです。特典カードにも番号が振ってあって、アニメイト購入分は3番、ネットショップ購入分は2枚とも1番でした。2枚一緒にせずに、別々にして下されば良いのに…。多分、このネットショップには1番1種類しか無かったのでしょうね。さすがにそこまでサービスが悪いとは考えにくいです。

 今回は一度に合計22パック分(=176枚)も入手したせいか、いきなり全54種ノーマルコンプしました。しかも2組も。「2パックに1枚の割合」で入っているとされるスペシャルカードは、全18種中11種13枚集まりましたので、私にしてはかなり運が良かったと言えますね。そして「数ボックスに1枚の割合」で入っているとされる「声優サイン入りレアカード」(正式名称「ローゼンメイデンカード」)は皆無。「数ボックス」の記載が「数十ボックス」の間違いでないことを祈ります。

 肝心な絵柄の感想ですが、なかなか良い感じです。こう言っちゃ悪いのですが、同じ第1期アニメを題材にしたエポック社ステッカードのデザインが多少見劣りしてしまいます。
 オープニングカードなんてあの妖しく美しいゴシックな雰囲気が良く出ていると思います。
 ストーリーカードは全12話の各話につき3枚ずつ、名場面を台詞付きで再現しています。「乳酸菌~」はありませんでしたが。
 エンディングカードが全3種類というのはちょっと寂しい気がしていましたが仕方ないですよね、もともとカット数が少ないのですから。しかし3枚つなげると1枚の絵(真紅のヘッドドレス、雛苺と翠星石のリボン、蒼星石の帽子、ジュン君とのり姉ちゃんの眼鏡、のカット)になるという仕掛けがされています。
 キャラクターカードが全6種類の内訳は、薔薇乙女5体とジュン君でした。別途に「ローゼンメイデンカード」があるので、個人的にはジュン君とのり姉ちゃんと巴嬢を期待していたのですが、そうすると残る3名をくんくん探偵、不死身の山本君、柴崎さんちの3人家族から選ばなければならないので却下ですよね。
 スペシャルカードはCDのジャケット絵やアニメ雑誌のピンナップイラストで、それぞれ初出が記載されているのは資料性が高いかも。金色の縁取りが箔押しされていたりして、高級感があります。裏面は同じ絵がモノトーン処理されていて、なかなかお洒落です。ここでも一部の絵は2分割されていますね。このシリーズは、販売元の株式会社ムービックがアニメイトに関連する会社なためか、全てアニメ絵柄です。エポック社のステッカードのような原作絵柄が無いのはちょっと残念ですね~。

 11月18日(金)、秋葉原のラジオ会館7階にあるイエローサブマリンというトレカショップに行きましたら、既に売られていました。スペシャルカードは600円~900円程度、レアカードに至っては3万円を超える値段です。とても手が出ませんよ。プレミアムカードの応募に必要な応募券25枚セットまで2,500円くらいで売られていたのにはちょっと受けました♪

 こんなところに書くのはどうかと思いますが、私、ノーマルカード全種(オープニングカード9種、ストーリーカード36種、エンディングカード3種、キャラクターカード6種、通し番号はそれぞれNos.01~54)の他にスペシャルカードのNo.05とNo.06(通し番号はそれぞれNo.59とNo.60)と、ボックス特典カード(=プロモーションカード)のNo.01がダブっているのですが、どなたか交換して下さいませんか? 現時点ではスペシャルカードのNos.01, 02, 09, 10, 11, 13, 14(通し番号はそれぞれNos.55, 56, 63, 64, 65, 67, 68)と、ボックス特典カードのNo.02(あと存在するならNo.4以降)が抜けているので(あとレアカード全種♪)。

参考資料:
ローゼンメイデントレーディングカード(予約) 11月18日発売予定!(注:リンク先は楽天市場の通販ページです)
このパッケージが目印なのですが…ヨドバシカメラ秋葉原店では取り扱わないのだそうです。あそこのトレカ売り場はポイント還元も含めればかなり割引になっているのに残念です。電話で問い合わせたら、ビックカメラでも取り扱いは無いとのこと。う~ん、意外と人気無いのか? そんな筈は無いっ!!

貰っちゃった貰っちゃったぁ…

 水銀燈ファン決起集会のご招待状貰っちゃったぁ~!!
 帰宅したら、なんか嬉しい葉書が届いてましたよ? 整理番号は01以上50以下なのですが、これって試験の成績に連動しているのでしょうか?
 それよりも朗報なのですが、整理番号は最大157だそうです! 人数が大幅に増えたようですね~♪

ミニドール真紅 / 原作コミックス単行本第16巻初回限定版

 PCの不調の原因がHDDではなかったみたい。FDD一体型のメモリカードリーダの接続を外したら旧HDDが嘘のように元気に。以前のPC環境が戻って嬉しい限りです。
 久し振りに色々と検索しましたら、短い間にも新商品の情報が。まずは真紅のミニドール。
ローゼンメイデン ミニドールシリーズ 真紅(注:リンク先は楽天市場の通販ページです)
通販ページの説明によると、
愛らしい女の子フィギュアで女性にもファンの多いNagiy氏が発表した『ぷちぱーティ』。
その素体が大人気アニメ「ローゼンメイデン」と夢のコラボレート!
その第1弾として「真紅」の発売が遂に決定しました。
とのことです。ん~、結構良い感じかも。過去にアニメージュ誌上で限定販売された真紅のスペシャルドール(30cm、15,000円)より小さくて(12cm)ドレスのデザインも簡略化されていますが、安いし(定価税込3,444円→16%引きで税込2,882円)、なにより全体的なプロポーションがオリジナルに近いのが気に入りました。
 ただ、よ~く見てしまうと、真紅というよりは真紅のコスプレをしている別の人形、という感じがしてしまいます。また、「第1弾」とあるように、別のウェブサイトによると、「第6弾」までのラインアップが予定されているらしいのですが、中途半端な数字ですよね。
 お値段的には、リンク先のネット通販ショップが一番安かったのですが、私は「翠星石」で一度失敗しているので、もうしばらく様子を見ることにします。

 もう一つ、原作コミックス単行本第6巻の発売が来年2006年1月24日(火)に決定だそうです。ニュースソースは幻冬舎コミックスのウェブサイトです。
初回限定仕様「ローゼンメイデン第6巻(注:リンク先は楽天市場の通販ページです)
 前回の第5巻に引き続き、また初回限定版が出るのですが、
「ローゼンメイデン専用特製ブックカバー2種類付き」で、
「初回20,000部限定生産」で、
「税込1,890円」だそうです。
…危険な香りが漂っているように感じるのは気のせいでしょうか。 幻冬舎コミックスさんはどうやら前回の初回限定版は成功したと思ってらっしゃるようです。全ての面で前回を上回ってますよ。
 単行本第5巻の初回限定版を思い返しますと、
「ピクチャーレーベル仕様のブランクDVD-RとブランクCD-Rが1枚ずつ」で、
「初回10,000部限定生産」で、
「税込1,680円」だったのです。
 結果、アニメイト秋葉原店では未だに平積みになって売れ残っているようですし、ヤフオクでも出品数が多過ぎて買い手が付いていないようです。
 ピクチャーレーベルのDVD-RとCD-Rは、こう言っちゃなんですがあの程度のクォリティーなら自作出来そうな気がしますし、そもそも絵柄も過去の使い回しで全く意外性を味わえませんでした。今回のブックカバー、1枚635円の価値を見出せるかどうか(通常版を620円として計算)、とっても不安です。
 それでも私は前回(第5巻)と同じく2部予約しますけどね。コレクターとして。予約の期限は2005年11月23日(水・祝)なので、興味のある方はお早めにどうぞ。幻冬舎コミックスのウェブサイトからフルカラーの立派な予約票を11月18日(金)までダウンロード出来ますが、無くても書店で口頭で注文すれば良いような気がします。

皇室とローゼンメイデンの関係

 紀宮様、御結婚おめでとうございます。

 皇族の中にも、漫研出身で、宮崎駿さん監督「ルパン三世・カリオストロの城」のヒロイン・クラリス姫と同じドレスで御自身の結婚式に臨まれるようなお方がいらっしゃったとは、俗に「ジャパニメーション」と呼ばれる我が国の文化の未来も明るいものと、感無量でございます。

 …これってやっぱりコスプレですよね? ね!?

 蛇足ながら、「カリオストロ」とは件のアニメ映画における敵役・カリオストロ伯爵のことで、これはフランス革命の時代に実在したイタリア人錬金術師にして詐欺師のジュゼッペ=パルザモが名乗っていた偽名です。そして、原作コミックス版ローゼンメイデンでは錬金術師にして人形師のローゼンもその時代をカリオストロ伯爵として生きているのです(Phase 28、単行本第5巻収録)。

 というわけで、ローゼンメイデンの物語は皇室ともつながるくらいに奥が深いのでした。完全にこじつけですけど♪

京ぽん2の水銀燈モデル化計画(3)

 前回のアニメイト・ローゼンメイデンフェア事件に続き、ヨドバシカメラ秋葉原店にも騙されていたとは…さすがにへこんでおります。
 ヨドバシカメラ秋葉原店の京ぽん2(京セラWX310K)のポイント還元率を、先日の記事で「15%」とご紹介したのですが、これが大間違いだったことが偶然判明致しましたのでご報告します。私のブログを読んで信じて下さっていた方がいらしたら、本当に申し訳ないです。
 今日また売り場まで遊びに情報収集に出掛けたら、正しくは「10%」と訂正されて驚きました。すぐに私を担当した店員さんを捜し出して問い詰めたところ、予約時(金曜日)にその店員さんが勘違いしていたと言うのです。

...続きを読む

アニメイトのローゼンメイデンフェアの広告はアンフェアな気が

 11月こそは毎日更新を目標にしていたのですが、もう1日サボってしまいました。PCのHDDがとうとうお亡くなりになってしまって、新HDDの増設、旧HDDからのデータ復旧、新規システムのインストール、などで丸2日間もネットから離れていたのです
 こういう理由でご報告が遅れたのですが、以前から何度かご紹介したアニメイトのローゼンメイデンフェア、広告文句に注意が必要であることが判明しましたのでお知らせします。別にアニメイトの悪口を言いたい訳ではないのですが、事実私自身がトラブルを経験してしまったので、このブログで宣伝してしまった関係上、責任を感じてしまうのです。
 問題は、アニメイトのローゼンメイデンフェアの広告には、
期間中に、『ローゼンメイデン』『ローゼンメイデン・トロイメント』関連商品のお買い上げ・ご予約 1,000円ごとに、「薔薇の香りのミニカード」(7種)を1枚プレゼント致します。
とあるのですが、ここでいう「ご予約」の対象はDVDやCDなどであって、10月24日(木)発売予定のピンバッジや12月8日(木)発売予定のストラップなど、いわゆる「キャラクター商品」は対象外なのだそうです。10月24日(木)~12月8日(木)に発売予定の全商品をリストアップしてアニメイト秋葉原店のレジまで持って行ったのに、とんだ恥をかかされました&無駄足を踏まされましたよ。合計金額が22,000円以上にもなるので景品7種が3セットも揃うと思っていたのに~っ!!
 アニメイト公式ウェブサイト上の広告を読む限り、キャラクター商品の予約でも景品を頂けるはずですが、といくら訴えても、店員さんの説明は「DVDやCDは予約時に預かる内金1,000円ごとに景品を貰えるが、キャラクター商品は予約時に内金を預からないので景品は貰えない」の1点張りで、しかも「ウェブサイトの記載に間違いは無い」のだそうです。ふむ~、だとすると広告の「ご予約」という単語は「内金の支払いが発生する予約」を意味するアニメイト関係者のみに通じる方言なのかもしれませんが帰国子女の私にはいくら考えても理解不能です。日本語って難しいですね。
 というわけで、アニメイトのローゼンメイデンフェアの景品をご希望の方は、DVDやCDをご予約されるようご注意下さい。私は急遽ローゼンメイデン・トロイメントのDVD第2巻を予約することでなんとか7種1セットだけは入手できました。
 普段から私、DVDやCDは、最大で20%の割引をして貰えるヤマギワソフトで買うことに決めているので、今回のフェア景品のうち5枚は最大1,050円で購入したことに相当するのですが、それでもヤフオクの出品相場よりは安い計算になりますので良しとすることにします。
 このままでは本当に悪口だけで終わってしまうので、アニメイトの名誉のために補足しますと、DVDやCDを予約した場合、例えば発売日が延期された場合などには郵便や電話で連絡を下さるそうです。一方、割引率の高いヤマギワソフトにはこの種のサービスはありません。サービス&グッズを取るか、割引を取るか、と考えると、アニメイトのターゲットは富裕層ということになるのでしょうか。だから殿様商売なんですねぇ(あぁ、やっぱり悪口になってしまう…)。

アリスゲームを支配する陰陽五行説(2)

 ローゼンメイデン・トロイメント第4話「契約」での闘いを陰陽五行説に当てはめて考察しました。以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい。また、ご興味のある方は、是非「アリスゲームを支配する陰陽五行説(1)」と併せてお読み下さい。

...続きを読む

京ぽん2水銀燈モデル化計画(2)

 帰宅途中に秋葉原に寄り道して、ヨドバシカメラで京ぽん2ことWX310Kを予約してきました! 当然シルバーモデル。
 お値段は機種変更なので税込24,800円也。ウィルコムのショップと同じ値段だそうです。そのかわり15%のポイントが付くので、実際には21,080円の計算になります。そのかわり3,720円分ヨドバシカメラで何か買わないといけないのですが。あ、miniSDカードが要りますよね、やっぱり。…こんなお金の使い方をしていてお正月を越せるのでしょうか。
 なんて心配をしながら何故か脚は秋葉原のさらに奥へ向かいます。このところ調子の悪いHDDが本格的にクラッシュする前に、別のHDDが必要なのです。と自分に言い訳しながらクレジットカードでお買い物。SATA/250GBで税込9,970円也。安くなりましたねぇ。ちなみに2回払いだと金利手数料がかからないのでとってもお得な気分になれます。カード会社の思う壷ですね♪。
 家に帰って念の為にPCを起動しましたが、ある程度HDDにアクセスがあるとフリーズしてしまいます。ね、買ってきて正解だったでしょう? と自分を納得させながらケースを開けて気付きました。HDD増設用のケーブルを何も買ってこなかったことに。今まではノートPCばかり使っていたので、HDD用のケーブルに対する意識が低かったのが原因ですね。といくら分析したところで今夜は何も出来ません。しょうがないのでケーブルの接触不良チェックとか、出来ることだけでもしましょうか。ってHDDを買う前に試すことでしたね。で、改めてケースの中を見ると…凄いホコリだぁ~…。これをPC用ウェットティッシュでふき取ったりスプレーで吹き飛ばしたりした結果、なんだかPCの挙動が安定しましたよ? そういうものなの? 今までノートPCばかり使っていたので(以下略)。っていうか…HDD買わなくて良かったじゃん。……いやいや、いいんです、必要だったんです、どうせ容量がいっぱいいっぱいだったのですから、と自分を説得している最中です。はぁ。

ローゼンメイデントロイメント第4話「契約」感想

これまでの主人公は真紅、蒼星石、金糸雀、そして今週は翠星石。やった~♪
この先はネタバレです~

...続きを読む

復活

 いやぁ~、焦りました。PCが起動しなくなっちゃって。
 ことの始まりは昨夜のこと、今晩のローゼンメイデン・トロイメントの動画編集するためにHDDの領域を空けようと思ったら、いつの間にやらデフラグすら出来ない状態になっていまして、急いでパーティションをいじくったのが運のつき。システムファイルの設定を間違えて再起動をかけたらうんともすんとも言わなくなりました。PCって怖いですねぇ。
 色々な復旧方法を試した挙句、結局は空きパーティションにもう一つ別のシステムをインストールすることで、元のシステムのシステムファイルを2文字書き換えて、やっと元通りに。たった2文字で完全に駄目になるんですから、ひ弱と言うか、神経質というか。睡眠時間が2時間ほど犠牲になりました。今晩のために多めに寝ておきたかったのに~っ!!
 さらに、今日。念の為にシステムのアップデータをかけようとしたらまた動かなくなりました!! うわぁん!! 私の勘ではHDDに不良セクタが出来始めているのだと思います…。とりあえず騙し騙し動かす分には調子良さそうなので様子を見ます。12日(土)にはアニメイトでローゼンメイデンフェアが始まるので、今HDDを購入するわけにはいかないのですよ!! アニメって怖いですねぇ。それから、京ぽん2の水銀燈モデル化計画も25日(金)に迫ってますしね。
 とりあえずは今晩のローゼンメイデン・トロイメント第4話「契約」をPCに取り込んでザウルス用にDivXエンコード出来るまでが最優先です♪

アニメイトでローゼンメイデン関連商品フライング(?)発売

 昨晩も情報収集と称してアニメイトへ。もしやと思いましたがやっぱりフライングで発売されてました。11月10日(木)発売予定のローゼンメイデン関連商品が、8日(火)のうちに。もしかしたらもっと前から発売する場合もあるのかもしれませんね、ヤフオクの出品とか見てますと。
 で、今回面白かった(?)のが、レターセット。アニメイトのネット通販サイトにある写真を見ていて、変な形だな~と気になってはいたのですが、あれはメッセージの記入後に折り曲げて、最終的には紅茶のティーバッグの形になるのだそうです。
 ははぁ、なるほど、これはオリジナルなアイディアだと思います。こういうのって素直に感心しちゃいますよね~、真紅の紅茶好きの設定を生かしているわけですし。ただ、ティーバッグの紅茶を真紅に出したらまたビンタされると思いますよ?
 それから、実はアニメイトに行く前にウィルコムプラザ秋葉原店に寄ったのですが、まだWX310Kなど新機種のモックアップは展示してませんでした。手ぶらで帰るのが癪だったのでカタログを貰ってきたのですが、やっぱりかっこいいデザインですよ~、京ぽん2! 特にシルバー(くどい)。

京ぽん2の「水銀燈モデル」化計画

 以前にもご紹介したとおり、ウィルコムから発表されたPHS端末の新機種のうちの1つ(京セラ製「WX310K」、通称「京ぽん2」の、シルバーモデル)が、われらが水銀燈のイメージにぴったりなんですよ。シルバーの表面は水銀燈の髪に、その中央にはカメラのレンズとサブディスプレイを格納する黒いブロックがあるのですがこれは水銀燈のヘアバンド? カチューシャ? (DearSの寧々子ちゃんに怒鳴られそう)に、見えるでしょ?
 で、ずっと続報を待っていたのですが、今日になってやっと、発売日とお値段が発表されました。11月25日(金)のお給料日、新規契約なら19,800円、機種変更なら5,000円増しの24,800円(税込)。ただしこれはウィルコムの通販価格なので、量販店では多少の値引きを期待したいところですね。ポイントとかも付くのでしょうか?
 12月8日(木)にはアニメイトでローゼンメイデン関連商品のメールブロックや、水銀燈ストラップも発売されることですし、11月24日(木)深夜に予定(?)の水銀燈復活を祝って、(そしてあわよくば決起集会にご招待頂けたりすればその日に向けて)水銀燈一色の端末に仕上げたいと思っているのですが…結構高いですよねぇ、やっぱり。特に私は機種変更組なので。
 あと、画面の解像度もQVGA(横240×縦320ピクセル)なので、公式ウェブサイトで配布中の携帯待受画像もぴったりです♪
 ちなみに、私のデジカメ(パナソニック製「Lumix DMC-FX8」のコンフォートブルーモデル)には「蒼星石」という名前を付けて可愛がっております。えぇ、莫迦ですとも。

ローゼンメイデンのファンが「犬」と聞いて連想するのは

 もちろん「くんくん探偵」ですよね。
 来年の干支は戌年ですから、これで年賀状の絵柄は決定したも同然です。しかし…紙の年賀状を出すような相手の理解を頂くのは難しそうですので、電子的年賀状だけの話になりそうです。最近盛んにTVCMを流す郵便局には悪いですが。
 あ、それ以前に私は絵が描けないのを忘れてましたよ…。

本家サイトに合わせてデザイン変更

 特に記念日でもなんでもないのですが、ブログのテンプレートを全面的に変更してみました。出来るだけ本家サイトの「薔薇乙女研究所」に合わせたつもりです。色彩テーマはローゼンメイデン第5ドールこと真紅なのですが、可読性を優先するとどうしても第6ドールこと雛苺っぽくなってしまいますね。
 この度の変更によって、
  • 画面の幅に合わせて伸縮して、無駄な面積無く表示され、
  • 文字が大きくなり、
  • FC2の「プラグイン」機能が使えるようになり
ました。さっそく以前から興味のあった「ブログペット」を導入しました。こうさぎで、名前は「らぷらす」。あまりヒネリがないですね~。この子の台詞は私のブログから抜き出した言葉なので、たまに自己嫌悪に陥りそうなのが心配です。突然「秋葉原ー!」とか言うんだもん。
 動作確認は、Windows 2000 SP4 の Firefox ver. 1.0.7、Internet Explorer 6、そしてリナザウ SL-C860 の Netfront ver 3.0で行ってますが、問題がございましたら是非教えて下さい。出来るだけの対応を試みます。
 最後になりましたが、ベースとなるテンプレートをご提供下さいましたdw99さん、ありがとうございます♪

追記:しまった…アクセス解析のスクリプトを埋め忘れて、作業中断中3時間分のログが取れてない…。

アリスゲームを支配する陰陽五行説

 映画「陰陽師」シリーズやアニメ「お伽草子」でご存知の方も多いかとは思いますが、世界の全てを木火土金水の5つの属性に分けて考える、アジアンテイストな科学理論(?)、陰陽五行説。これがアリスゲームを支配するルールだとしたら、ちょっと面白いと思いませんか?
 実は私がこの仮説に取り付かれたのが今年の4月のことで、以来、金糸雀と薔薇水晶にもこの理論が適用可能かどうか、設定の公開をず~っと待っていたのですが、未だ金糸雀の能力が明らかにされないまま、薔薇水晶と蒼星石が闘うトロイメント第4話「契約」の予告編を見てしまいましたので、来週その本編が放送される前に暫定版として発表させて頂きます。
 まず、五行説を簡単に(本当にかなり簡略化して)説明しますと、
ある属性が別の属性を生み出す「相生」:
  • 木生火:木が燃えて火を生み、
  • 火生土:火が灰を残して土を生み、
  • 土生金:土の奥から金を生み、
  • 金生水:金が冷えて水を生み、
  • 水生木:水が育てて木を生む、
という循環と、反対に
ある属性が別の属性を殺す「相克」:
  • 木克土:木が養分を吸い取って土を殺し、
  • 土克水:土が濁らせて水を殺し、
  • 水克火:水がかかって火を殺し、
  • 火克金:火が溶かして金を殺し、
  • 金克木:金が切り倒して木を殺す、
という循環の、2種類の関係で森羅万象を解釈します。
 木火土金水はあくまでも物の性質を記号化したものであって、本物の木、火、土、金、水とは異なるものの、ちょっと強引にこじつけられているというか、対称性が数学的に美しいものの出来過ぎているというか、異論反論ございますでしょうが、私の個人的な解釈も混じっていることですし、興味のある方は是非ご自分でも五行説について調べてみて下さい。
 さらに、プラスとマイナス、表と裏、男と女など、世界を陽と陰の2つの属性に分けて考える陰陽道と合体した陰陽五行説では、2×5=10で10種類の属性に分けて考えます。いわゆる十干です。
  • 陽の木、甲(きのえ):大木などの性質
  • 陰の木、乙(きのと):草木などの性質
  • 陽の火、丙(ひのえ):太陽などの性質
  • 陰の火、丁(ひのと):火炎などの性質
  • 陽の土、戊(つちのえ):山などの性質
  • 陰の土、己(つちのと):砂などの性質
  • 陽の金、庚(かのえ):金属などの性質
  • 陰の金、辛(かのと):宝石などの性質
  • 陽の水、壬(みずのえ):海や川のなど性質
  • 陰の水、癸(みずのと):雨などの性質
 これもまたかなり私の個人的な解釈が混じっていますので、良かったらご自分でも調べてみて下さい。

 前置きが長くなりましたが、ここからがローゼンメイデンです。7体の薔薇乙女には、それぞれに特殊な能力が与えられています。そして、それらは陰陽五行説の10の属性に分類することが出来るのです。
  • 第1ドール「水銀燈」:炎を宿す黒い羽根を飛ばして闘うので、丁(ひのと)
  • 第2ドール「金糸雀」:未だ不明
  • 第3ドール「翠星石」:庭師の如雨露から出す水で闘うので、癸(みずのと)
  • 第4ドール「蒼星石」:庭師の鋏で直接闘うので、庚(かのえ)
  • 第5ドール「真紅」:薔薇の花弁を飛ばして闘うので、乙(きのと)
  • 第6ドール「雛苺」:苺わだちを伸ばして闘うので、乙(きのと)
  • 第7ドール「薔薇水晶」:水晶で闘うので、辛(かのと)
という具合です(真紅は「時間のゼンマイを巻き戻す能力」も持ってますが、戦闘中に使用したことが無いのでここではとりあえず無視します)。
アリスゲームと陰陽五行説(図解・クリックで拡大)
 そしてさらに、特に原作コミックス版では、アリスゲームの勝敗が相生や相克に当てはまっているのです。
  • 原作コミックス Phase 16 (単行本第3巻収録)で、雛苺は苺わだちで蒼星石の庭師の鋏を止めますが、すぐに千切られてしまいます(金克木)。
  • 原作コミックス Phase 17 (単行本第3巻収録)で、水銀燈が他の全員を縛り上げた黒い羽根を、ジュン君と契約して力が解放された翠星石が「もうケンカはやめやがれですーッ!!!」の一撃で撃退します(水克火)。
  • 原作コミックス Phase 21 (単行本第4巻収録)で、蒼星石は自分のローザミスティカを翠星石に譲ろうとします(金生水)。
  • 原作コミックス Phase 21 (単行本第4巻収録)で、水銀燈は蒼星石を翠星石と闘うよう仕向けた挙句に蒼星石のローザミスティカを奪います(火克金)。
  • 第1期アニメ最終話「真紅」で、水銀燈の炎を真紅が跳ね返した結果、勢いを増した炎によって水銀燈自身が燃えてしまいます(木生火)。
  • トロイメント第1話「薔薇水晶」~第2話「槐」で、精神的な原因もあるものの、真紅は薔薇水晶の水晶攻撃に押されっぱなしでした(金克木)。
 なお、原作コミックス Phase 6 (単行本第2巻収録)と第1期アニメ第2話「雛苺」では、乙(きのと)の真紅が同じく乙(きのと)の雛苺に勝利しますが、これはパワーを出し過ぎた雛苺が自滅しただけですので対象外とさせて頂きます。
 また、第1期アニメ第6話「涙」で乙(きのと)の真紅が危ういところで丁(ひのと)の水銀燈に逆転しますが、これは真紅よりもミーディアムであるジュン君を脅威に感じた水銀燈が退却しただけですので対象外とさせて頂きます。
 さらに、第1期アニメ第8話「蒼星石」で癸(みずのと)の翠星石が庚(かのえ)の蒼星石を圧倒しますが、これは蒼星石に戦意が無かっただけですので対象外とさせて頂きます。

 如何でしょうか。少々(かなり)強引な解釈もありますが(注:単なるこじつけとも言います)、この理論で今後のアリスゲームの行方をある程度までは予想できるのではないでしょうか。
  • 第4話「契約」の予告編で薔薇水晶と蒼星石が衝突しますが、辛(かのと)対庚(かのえ)なので互角、勝負無しで終わる(真紅一派は一時退却)、と予想します! (ちょっぴり自信あり)
  • 土属性にだけ誰もいないので、金糸雀の特殊能力は、戊(つちのえ)又は己(つちのと)だと予想します! 鳥の名前を冠するカナには全然似合わないけど! (自信なし)
  • 辛(かのと)の薔薇水晶を倒せるのは、丁(ひのと)の水銀燈、又は薔薇水晶の力を増幅して暴走させることが出来る土属性の金糸雀、と予想します! (全然自信なし)
 蛇足ですが、この理論に従うと、原作コミックス版で真紅が蒼星石を助けようとしなかった理由が説明できます。蒼星石が翠星石に決闘を申し込んだときも止めようとしませんでした(単行本第4巻収録 Phase 19)し、翠星石のローザミスティカが奪われそうになったら手を出させてもらうと言っています(単行本第4巻収録 Phase 20)。これでは真紅が蒼星石に敵対していると考えざるを得ません。その双子の姉の翠星石とはあんなに仲が良いのに。このことがずっと不思議だったのですが、陰陽五行説で考えると、庚(かのえ)の蒼星石は乙(きのと)の真紅にとっては天敵であり(金克木)、反対に癸(みずのと)の翠星石は乙(きのと)の真紅にとっては助けとなる存在だった(水生木)から、と考えることが出来るのです。
 さらには、真紅が雛苺を自分の家来として連れて来たのは、同じ乙(きのと)で安心できる相手だから、と考えることも出来ます。
 真紅がそこまで計算高く意識していたかどうかは別として、姉妹と言えどもこのような相性が存在する、という説明にはなると思うのです。

 …あぁ、それにしても金糸雀の能力を早く知りたいものですね! しかしそれはアリスゲームの本格的勃発を意味しますので複雑な心境ですが…。

メガミマガジン12月号の情報によると

帰宅しましたので修正を。以下、ネタバレを含みますので要注意。

...続きを読む

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。