スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミケ68のローゼンメイデングッズが再販です/聖少女領域のジャケット公開です

 今年の夏、生まれて初めてコミケに行って参りました。お目当ては幻冬舎月刊コミックバーズのブースで限定発売されたローゼンメイデングッズ。朝早くから並んで並んで、同人誌には見向きもせずに(作者の皆様、ご免なさいね)、最初から企業ブースに向かったお陰でローゼンメイデンのテレカ4種とデスクトップアクセサリーを全て無事入手できたときには、安堵とともにある種の優越感すら感じてしまったことを告白します。

 そして、今日。これらのグッズが全部再販ですって~~っ!? あの日の私の努力は一体何だったのさ!?(大袈裟)

 詳しくはこちらのカタログ(?)をご覧下さい~。商品番号26~30です。再販とは言え在庫に限りがあるような雰囲気ですので、少しでも興味のある方は早いうちにご注文なさるのが吉かと。タイミングを逃すと私のようにYahoo!オークションで大枚はたくことになりますからね…。

 テレカ4種のデザインはコミックス単行本1~4巻の表紙と同じです。デスクトップアクセサリーも、パッケージ以外、画像データは既出の原作絵ばかりですが、壁紙は解像度が最大1,280×1,024ピクセルなので見ごたえありますよ~。



 Ali Projectさんの公式HPで、第2期アニメOP「聖少女領域」のジャケットが公開されてます。これはまた…独特な雰囲気ですねぇ。「廻る廻る、運命の糸車が…廻る」という感じでしょうか。でもAmazonではまだno imageなんですよねぇ。

 カップリング曲は「S嬢の秘めやかな悔恨」だそうです。「S嬢」って、真紅のこと? それとも翠星石? 蒼星石? 水銀燈? 桜田のり? いやいや、千道(万里)さんや(えばら)渋子さん、沢城(みゆき)さんや真田(アサミ)さん、(野川)さくらさん、志村(由美)さん、(後藤)沙緒里さん、などの可能性も(半分ヤケです)。

トロイメント第2話のアフレコ

 9月30日(金)発売の月刊コミックバーズ11月号の巻頭カラーページに、トロイメント第2話のアフレコに集まったキャストの皆さんの集合写真が載っています。それにしても凄い人数ですね。中央の松尾監督、7体の薔薇乙女、ジュン、のり、巴、くんくん、…まだ右端に男性が二人残っていますね。今日になって気付いたのですが、ここに公式HPで紹介されたばかりの「白崎」さんの名前が! さらに「人形バカ」の「槐(えんじゅ)」さん…って、誰!? 公式HPでも未公開ですよ?

 白崎さんと槐さん、どちらかが薔薇水晶のマスターだと思うのですが、どちらかと言えば槐さんの可能性が高いと思われます。根拠は「植物」です。真紅と翠星石のマスターは“桜”田ジュン、雛苺の元マスターは“柏”葉巴、蒼星石の元マスターは結“菱”一葉、水銀灯のマスター候補は“柿”崎めぐ、という具合に、薔薇乙女のマスターの名字には植物の名前が付いているのです。ただ、金糸雀のマスター・みっちゃんのフルネームはまだ不明なんですけどね。しかし、木偏に鬼って…薔薇水晶ってそんなに怖いの?

 すると、やっぱり白崎さんは水銀灯を復活させる役なのでしょうか。復活した水銀灯が「良い子」で「健康的」になるというのは、漆黒を純白にするくらいの大転換ですから(言い過ぎ)、白崎さんの名前はこのことを暗示している…というのは深読みのしすぎでしょうか。ところで、これって「しろさき」? それとも「しろざき」? あれ、「しろうさぎ」…いやいや、なんにも考えてませんよ!? 白崎さんの正体が「ラプラスの魔」だなんて、これっぽっちも疑っちゃいませんからね!?

 えぇ~とにかく、7体の薔薇乙女が全員出演する第2話が楽しみですね。しかしまずは第1話! あぁ、20日が待ち遠しい。

水銀燈ファン決起集会招待状争奪カルトクイズ・全問解けた人は問題です

 え~、我ながら呆れてしまいました。かなりへこんでます。自分がこんな奴だったなんて…。

 今月末が締め切りのカルトクイズ、やっと全問解けました(多分)。念の為に締め切りギリギリまで解答の見直しを続けますが。しかし、これはあまり人様に自慢できることではないということが発覚しました。その理由は…

 実は先日初めてTBS内のローゼンメイデン・トロイメント公式HPの掲示板に投稿した中でも触れたのですが、今回のカルトクイズの全50問に間違いなく解答出来るためには、本来、DVD、CD、コミックスなどを購入し、各種イベントにも参加する必要があるのです(ネットでかなりのデータが流出してはいますが)。そういう意味では、決起集会の招待状が送られる100人とは、ローゼンメイデンの為により多くのお金を使った人であり、このイベントがそもそもそういったコアなファンに対する一種の還元、と考えることも出来ます。

 しかしですね、必要な予算が5万円を超えるというのは、既に子供や学生の手には届かない金額だと思うのです。「ヒキコモリ中学生の更正物語」なのに、当の中学生にはかなりキツイ金額だと思いますよ。

 なんて偉そうなこと言ってる私の場合、一応社会人として大人買いも出来るのですが、今日改めて計算してみて仰天しましたよ。ローゼンメイデン関連商品やイベント参加に、合計で13万円以上使ってるぅぅぅっ!! …さすがにこれはちょっと異常です。ローゼンメイデンに出会ってから約13ヶ月になるので、毎月平均1万円ずつローゼンメイデンに注ぎ込んでいる事になります。わ~ぉ。ま、その分他の趣味をセーブしてはいますがね。

 みなさん、こんな大人にはならないで下さい…いくらファンでも、お金は「計画的に」ね♥(もう某ペ様ファンのおばさまたちを笑えません)

綿の国星「チビ猫」のビスクドール限定復刻版ですって

 私はレースとかフリルとか少女趣味な衣装が大好きなのですが、その原因(?)の一つが大島弓子さんの「綿の国星」というマンガです。主人公の仔猫・通称「チビ猫」は擬人化されて描かれているのですが、その衣装がレースとフリルでいっぱいのエプロンドレスなのです。ちょうど不思議の国のアリスが着ているような。

 そんなチビ猫が、ビスクドールになってます。5万円弱ですが、写真を見る限り、確かにこの値段は納得できるほど丁寧に作ってあるようです。擬人化された猫なので当然ネコミミキャラですが、いわゆる「ネコミミ萌え~」とか言ってる人々の嗜好とはちょっと違うと思います。しかし可愛いですねぇ。ただ、私には「グラスアイ」に対する免疫がまだ足りないようで、目玉を真正面から見るのは苦手です。

 興味のある方は、こちらのHPをご覧下さい。たのみこむの500体限定品で、現時点で残り69体です。私は…ローゼンメイデンのボークスSD真紅の為に予算を確保しなきゃ…。



参考資料:

本当はコミックスの方を紹介したかったのですがAmazonに画像が無かったのでこちらをご覧下さい。っていうかアニメ化されてたのか!? 当時は海外にいたので全然知りませんでした。しかも去年になってDVDになってるなんて!!

バーズ11月号、アニメ公式HP更新、ウェブラジオ最終回…

 今日…もう昨日か、はローゼンメイデン盛り沢山の日でしたね。連休明けで仕事の溜まった一週間をなんとか乗り切れたのは、この日を待っていたからですよ、本当。

 この先は思いっきりネタバレなのでご注意を。

...続きを読む

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。