スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと3週間! HDDを掃除しなきゃ!

 ふふふ~もうすぐですよ、トロイメント! 苺ましまろも順調に進んでることですし、10月20日には第1話「薔薇水晶」オンエアですね! 本編は先日TBSアニメフェスタ2005で見てしまったとは言え、OPとEDは未公開でしたから! あぁ、た・の・し・み…。

 しかし、問題が。私のHDDレコーダー、常時ほぼ一杯で、毎日の録画の為にドロナワ式にDVDにコピーしている始末。もちろんフレーム単位でCMをカットしますから、時間のかかること。数分単位で空きスペースを作る作業ですから、あまり想像したくないですが、HDDはか~な~りフラグメンテーションを起こしてるハズ。一旦全部DVDに退避してからフォーマットかけたいのですが、「ガンダムSeed Destiny」が7月2日分から残ってるよ…。ステラが死んでから物語の暗さに更に磨きがかかって(日本語として変)、見る気はほとんど無いのですが、ファーストガンダムでドムが好きだったもので、Seed Destinyでのドムだけは見ておきたいんですよね。あと3週間でHDDの大掃除…なんてできるのか!?

 とりあえず今は数時間後に発売される月刊コミックバーズ11月号のことで頭が一杯です。
スポンサーサイト

PEACH-PITさんの更新…って、えぇっ!?

 PEACH-PITのえばら渋子さんによる「ももたね日記」で、「数年前にビデオが壊れて」、最近になってやっと「ビデオ一体型DVD」を購入されたとのこと。え~っと、そうすると、もしかして、ローゼンメイデンの第1期アニメは…見てなかったの? 否、売れっ子の漫画家さんですから深夜番組もリアルタイムで見ていたとか? ←漫画家さんの生活リズムに対する偏見

 今日は久し振りにアニメイト秋葉原店へ。19:00閉店なので残業があるとなかなか間に合わないんですよね。で、ローゼンメイデンのコミックス第5巻の初回限定版が平積みになっているのを目撃。意外と売れ残ってしまってますねぇ。ファンとしては悲しいですよ。限定とは言え1万部は多過ぎましたか? 発表と同時に予約して2部購入した私の立場は?





初回限定版、アマゾンでは売り切れて、マーケットプレイスではかなりのプレミアがついてます。アニメショップに問い合わせてまだ在庫があれば、定価で新品を買えるのでは…?

人形師ローゼンの正体

 ローゼンメイデンの原作コミックス第5巻収録の Phase 28 では、人形師ローゼンが「サンジェルマン伯爵」や「カリオストロ伯爵」と呼ばれていた過去を幼少時の桜田ジュンに人形劇として披露しています。では、その前の「お偉い哲学の先生」とは誰のことでしょうか。

 Google で検索した結果、意外にも答はすぐに出て来ました。詳しくはこちらをご覧下さい。名前は「デカルト」、フランスの哲学者にして数学者であり、近代哲学の父とされる、「Cogito ergo sum (我思う、故に我有り)」で有名な実在の人物です。デカルトはとても可愛がっていた娘のフランシーヌを5歳で亡くしてしまってから、悲しみのあまり、娘そっくりの人形を作らせ、その人形を常に鞄に入れて肌身離さず持ち運び、人々には気味悪がられていたそうです。

 言うまでも無く、これらの特徴は Phase 28 で「お偉い哲学の先生」を噂する声と全く同じです。史実によるとデカルトは西暦1596年に生まれ同1650年に死んだことになっています。




ウィルコムの新機種が発表です! それも4種も!

 やってくれましたね、ウィルコム! PHSユーザーが待ち焦がれていた「京ポン2」、先日電撃的に発売された京セラの新機種はなんと従来機種からカメラを削っただけという不可思議加減に首を360度くらい捻ったものですが、今度は予想を大幅に越えた4機種同時発表ですよ! 詳しくはウィルコムのこちらのページをどうぞ。

 実はですね、ローゼンメイデンの大ファンである私は、ずっと前からPHS端末を機種変更したらその色に合った薔薇乙女の名前を付けようと画策していたのですよ。実際、最近購入したデジカメ、Panasonic Lumix DMC-FX8の「コンフォートブルー」モデルなのですが、この高貴な青に惚れ込んで「FX-8 蒼星石」と名付けているのです。「エフエックスエイト・ソウセイセキ」と口に出すとまるで戦闘機のようです。我ながら馬鹿みたいですけどいいんです。えぇ。

 そういう目で新機種を見比べると、難しいですね。やはりWX310K(京セラ)のシルバーモデルを「水銀燈」か、同じくノーブルピンクモデルを「雛苺」か。でもWX310KにはJAVAが無いのです。次点はWX310SA(三洋)のプログレッシブレッドモデルを「真紅」か。まるで水銀灯の黒い羽根で縛り上げられた真紅って感じですが。でもWX310SAには動画とブルートゥースが無いのです。WX310J(日本無線)はカメラが無いのでモブログに使えなくて却下。最後のWX300K(京セラ)は安い機能限定版なので私的には論外です。

 発売時期は11月中旬以降らしいので、情報を集めつつせいぜい悩むことにします。こういう悩みって楽しいんですよね。




まんが日本昔話

ぼんやりTVを見ていたら、懐かしの「まんが日本昔話」のビデオのCMが。でも今の時代にVHSって何故? どうせならDVDも並行して販売してくれませんか? DVDプレイヤーしか持ってない私にはVHSが既に昔話になってしまっております…。でもレンタルはまだまだVHSの方が多いんですよね~。

バーズコミックスフェアとローゼンメイデンフェア

 3連休は遠出していたので、昨日の開始日には間に合わなかったのですが、今日になってバーズコミックスフェアローゼンメイデンフェアの両方の景品を無事に入手できました。

 バーズコミックスフェアでは、アニメイトゲーマーズとらのあなの各店でバーズコミックス又はバーズコミックススペシャルを合計1,000円購入するとローゼンメイデンのステッカー(又はもう1種・選択可能)が貰え、ローゼンメイデンフェアではゲーマーズでローゼンメイデン関連商品を合計2,000円購入するとクリアファイルが貰えます(いずれも景品の在庫の限り)。

 しかし、ローゼンメイデンにしか興味の無い私としては、定価2,800円(税込)の「ローゼンメイデン・ウェブラジオ 薔薇の香りの Garden Party CD スペシャル」を発売日の9月22日に購入したばかりなので、出来るだけ出費を抑えたいところです。いや、このCDをゲーマーズローゼンメイデンフェアが開始してから購入すれば良かったのですが、既に別の店で20%引きで予約していたので、クリアファイルと2,800×20%=560円とを天秤にかけた結果、20%引きを取ったのです。ていうか、ファンとしては発売初日に購入するのは基本ですよね!?

 すると、次に購入予定のローゼンメイデン関連商品は9月24日発売の「ローゼンメイデンフィルムコミックス第1巻」になるのですが、これはバーズコミックスフェアローゼンメイデンフェアの両方の対象商品なのです。もしかして…! 閃いたままにゲーマーズ秋葉原店で交渉すると、果たしてこれ1冊で両方のフェアに参加可能でした。実際には、「ローゼンメイデンフィルムコミックスは全3巻を購入して帯をの応募券を切り取って送ると抽選で100名に3枚組テレカがプレゼント」されるので、保管用と切り取り用に2冊購入して1,785円、あと不足分として今まで買う気になれなかったアートソープ(ミントの香りの蒼星石バージョン)979円也を1個だけ購入しました。あぁ、これであと4個も揃えなきゃならなくなりました…(ぉぃ)

 ついでに、コミケ68の幻冬舎コミックブースで買い損ねた「コミケバーズ」をゲーマーズ秋葉原店で偶然見つけたので525円で購入したのですが、ローゼンメイデンに関してはパロディーばかりでPEACH-PITさんの作品は載ってませんでした。大失敗。



 

こんなローゼンメイデンゲームは嫌だ!

たった2日間ブログをサボったらローゼンメイデンのスレッドが流れてしまいました…。前回作ったスレッドのスペルミスがずっと気になっていたので、良い機会だと思うことにします。今日は旅先から無理やり更新です。
タイトーがスクエア・エニックスに買収(?)されたら、ローゼンメイデンのPS2ゲームの出来にどんな影響が出るのでしょうか? 今日は、こんなローゼンゲームは嫌だ! シリーズ:

・ローゼンメイデン以外どんなキャラででも成立するアクションパズル
・原作やアニメのストーリーを追体験するだけの一本道アドベンチャー
・原作やアニメの世界観や設定を完全無視したロールプレイングゲーム
・折角のグラフィックが目パチ口パクの静止画だけのビジュアルノベル
・全7体のドールズと最大8角関係を築ける禁断の恋愛シミュレーション

逆に、こんな要素を盛り込んで欲しい! シリーズ:
・3Dで表現された桜田家やnのフィールドを隅々まで動き回りたい。人間とドールズの視点の、高さや縮尺の違いも興味深いと思います。
・ドールズの衣装はレースとフリルを原作並みの量で表現して欲しい
・アリスゲームを最も良く表現できるのは対戦格闘ゲームでしょうか。必殺技を使用すると媒介(ミーディアム)である人間の体力が消費されます。
・ちなみに、PS2ゲームではソニーチェックでパンチラ禁止らしいですが、ドレスを着たドールズが空中を飛び回ってスカートの中が見えてしまったとしてもズロースをはいているのでなので安心ですね。私はローゼンメイデンにエロとグロの要素は不要だと思うのです。

水銀燈復活記念ファン決起集会がクリスマスということは…

どなたかがWebに描かれた4コマ漫画に、せっかく復活したのに「水銀燈は最終回にまた死ぬ」とかいう不吉なネタがあったのですが、実際のところ第2期アニメではどうなるのでしょうか。水銀燈復活記念ファン決起集会の開催日として選ばれた「12月25日(日)」という日取りから、ちょっと推理してみましょう。
12月25日と言えば、クリスチャンでなくとも日本人なら誰もが知っているクリスマス、つまりイエス・キリストのお誕生日です。このお方は、真偽はともかく「一度死んだ後に生き返った」と公式に認められている数少ない(唯一の?)実在の人物です。つまり、12月25日は「復活」を暗示していると言えるでしょう(もっとも、この日は同時に仏滅でもありますが、六曜としての仏滅はお釈迦様がお亡くなりになった日とは関係ありませんので、念の為)。
しかし、水銀燈の衣装に注目すると、花びら状のスカート(?)には「逆十字」のデザインが施されています。「逆十字」とは、キリスト教のシンボルである十字架を上下逆さにした、「反キリスト」を象徴するシンボルです。「反キリスト」とは文字通りイエス・キリストに反対する存在ですから、いわゆる悪魔教などでは「逆十字」を用いたりするらしいですが詳しいことは知りませんし、あまり関わりたくもありません。
そんな衣装を作って水銀燈に着せたのが「お父様」こと人形師・ローゼンだったなら、なかなか良い根性してます。と同時に生まれながらにして神に反する存在として造られた水銀燈が不憫でなりません。しかも未完成品だったなんて…。
とにかく、「反キリスト側」即ち「悪い子」の水銀燈を慕って100人のファンがクリスマスに集うということは、これは水銀燈が復活を通して「キリスト側」即ち「良い子」になることを暗示していると言えるのではないでしょうか。ここで、TBSアニメフェスタ2005で水銀燈の復活が発表された際に水銀燈役の田中リエさんがつい口走ってしまった「(第2期アニメでは復活した後)あんな居心地の良い所に…」につながる気がするのです。
そもそも、ずっと気にはなっていたのです。全12話を予定しながら、10月20日開始で間に合うのか? と。つまり、
第1話:10月20日、第2話:10月27日、第3話:11月3日、第4話:11月10日、第5話:11月17日、第6話:11月24日、第7話:12月1日、第8話:12月8日、第9話:12月15日、第10話:12月22日、第11話:12月29日、第12話:…
ね? 最後に皿屋敷のお菊さん的展開が待っているのです。年末の特番なら押しのけて第11話を放送することは可能でも、来年までずれ込むとはとても考えられませんから、12月29日は一挙に2話放送、というパターンが妥当なところでしょうか。
すると、水銀燈復活記念ファン決起集会が開催される12月25日(日)の段階では、第2期アニメで描かれるとされる「アリスゲーム」の行方がどうであれ、まだまだクライマックスに至ってはいない事でしょう。つまり、決起集会当日は、水銀燈がハッピーエンドを迎えられるよう皆で祈りましょう、ということなのではないでしょうか。
さらに深読みすれば、12月22日の第10話までには水銀燈が見事復活を果たす筈です。そうでなければ決起集会のテンションもイマイチでしょう。いや、邪推すれば決起集会直前の第10話こそが水銀燈の復活の舞台とも考えられますね。決起集会を最大限に盛り上げるためには。
このところ原作コミックスでも水銀燈が抱えるトラウマとその悲しみに対する答も見え隠れし始めましたし、原作者のPEACH-PITさんも第2期アニメを監修されていることですし、「良い子」の水銀燈がハッピーエンドを迎えると、期待していて良いのではないでしょうか。期待してますよ、松尾監督!

またまたまたカルトクイズ開催! それから、メイドカフェ…ですか?

TBS内のローゼンメイデン・トロイメント公式HPが火曜日なのに更新されております。なんと、水銀灯復活記念決起集会開催のお知らせと、その100枚の招待券を賭けて4度目のカルトクイズ開催です!
妖しい魅力の水銀灯よりも実は蒼翠(「樹木などのあおあおとしていること」の意)な双子が可愛らしくてたまらない私としましては、イベントよりもカルトクイズへの弔い合戦(第2回はCDショップの陰謀により不参加、第3回は痛恨の2ミス、で本当に死にそうだったのです!)が重要だったりしますが、万が一今回上位100位に入れたらクリスマス(注:イブではなく当日です)は新宿で水銀党に入党する覚悟です。全50問、10月31日締め切り、そして招待状は転売禁止(最近のヤフオクはちょっと目に余るものがあります…私もかなりお世話になりましたが)ですので、皆様奮って参加しましょう。ただし、注意点が。Web上での応募は、「送信」ボタンを押すと「確認ページ」無しで直接送信されますので、念の為に解答用紙をダウンロードして印刷して下書きをしたほうが安全だと思います。第3回カルトクイズで解答を見直す前についうっかり送信してしまった私が言うのですから間違いありませんとも。えぇ。
それからもう一つ、「ローゼンメイデンコスプレ喫茶開催!」だそうです。東京・名古屋・大阪の3ヶ所のメイドカフェで、期間は12月1日(木)~11日(日)の11日間。これ以上はあまりコメントしたくないです…「メイドカフェ」とか「コスプレ」にはまだ免疫が無いもので文字を打つのすら気恥ずかしいです。…でもこれを機会にメイドカフェデビューとか、…するのかな…するんだろうな…。
ローゼンメイデンに出会うまで、しばらくアニメや漫画やテレビゲームを絶っていた時期があったのですが、今年はその反動か、生まれて初めてのコミケデビューとゲームショウデビューを果たしてしまいました。更にローゼンメイデンのコミックス、CD、DVDは言うまでも無く、キャラクターグッズも手当たり次第に収集してしまう始末(特にステッカード36枚セットをコンプリートするのに1万円以上かけたのはさすがにちょっと後悔してるかも)。こういう自分の性格を理解しているから、ローゼンメイデン以外には手を出しませんよ! とここで宣言させて下さい。しかし年末くらいには恐怖の「スーパードルフィー真紅」が発売予定らしいです…秋葉原のショールームがリニューアルオープンした今もまだ全く情報がありませんが、イッタイイクラスルンデショウカ…

東京ゲームショウ2005最終日にAli Projectさんの「聖少女領域」を聞きに行って参りました

日曜日なのに平日同様に早起きして、予定通り行って参りました、東京ゲームショウ2005。お目当てはタイトーブースで開催されるローゼンメイデンのイベントタイトーローゼンメイデンのPS2ゲームを作成する、ということなのですが、私の目的はそこでお披露目される第2期アニメのOP、Ali Projectさんの「聖少女領域」です(しまこ様、コメント&リクエストありがとうございます)。
イベント冒頭からいきなり宝野アリカさんが純白のゴスロリっぽい(?)衣装で登場して、まずは第1期OP「禁じられた遊び」をフルバージョンで歌って、深々と中世欧州の王女様的なお辞儀をしたらそのまま一旦退場。入れ替わりにMCの榎本温子さん(声優さんらしい)と、真紅役の沢城みゆきさんとジュン役の真田アサミさんの3人が入場して、第1~2期アニメを紹介するお喋り。その後、既出のプロモーションビデオ(TBS内公式HPでも公開中)が上映されて、やっと本題であるはずのゲーム化のお話。内容は…皆無です。ゲーム化が決定しただけで内容は全く不明のまま、沢城さんと真田さんが希望を述べられてました。曰く、ジュンとしてはかっこよくして欲しい、また、真紅としては水銀灯以外のドールズともちゃんと闘ってみたい。3人の声優さんが退場して入れ替わりに再びアリカさんが登場すると、お待ちかねの第2期OP「聖少女領域」をフルバージョンで歌って下さいました。最後に3人の声優さんが再登場して、合計4人で各種告知とご挨拶があって30分弱のイベントは終了しました。
「聖少女領域」、何度聞いても良い曲ですね~。ただ、「禁じられた遊び」もそうだったのですが、サウンドのミックスが重低音ばかり強調されて心臓に響く割に肝心の歌声はたまに小さくなったりと不安定で残念。アリカさんはステージや観客、更には3人の声優さんとも馴染めないままに終わってしまった感じがして、なんとなく居心地悪そうに見えました。声の調子も、妖しい成分が多いCDと違って甘い成分が多く出ていたような…? そのおかげで、歌詞の分からなかった部分も少し理解できました。それにしてもあの白い衣装、凄過ぎ。第一印象は薔薇水晶? とも思ったのですがもちろん眼帯などは無く、左腕は蝶のタトゥーごと完全に露出しているのに対して右腕は長袖の先を短冊状に引き裂いて七部袖の先がひらひらしているような感じ。私の前にいた人の背が高くて最初は気付かなかったのですが、スカートに見えた布は同じく短冊状に千切られていて、その下は超ミニのスカート…かなりキワドイです。髪まで白いロングのウィッグで全体が純白で統一されていました。1曲目では透明のガラスの細い角柱をねじったような不思議なステッキを振り回しておられましたが、持て余してしまったのでしょうか、2曲目では持ってませんでした。
「聖少女領域」は10月26日にCDが発売された後、11月16日にはその発売記念コンサートが渋谷で開かれるそうです。ちょっと行ってみたいかも。ってあれ、平日ですか? 無理っぽい…。
ローゼンメイデンのゲーム化は、本当に内容が未定のようですので、今のうちに希望を出せば多少は加味されるかも知れませんね。第2期アニメの地上波放送や水銀灯の復活がファンの熱心な希望によって実現したように(と私は信じております)。

ウェブラジオで新OP&ED公開!

アニメ版ローゼンメイデンのウェブラジオ「薔薇の香りのガーデンパーティー」で、新OP「聖少女領域」と新ED「光の螺旋律」が公開されてます! TVサイズの1分30秒版ですが、良い曲ですよ~!! どちらもローゼンメイデンの世界観にどっぷり浸れる名曲です。
実は、声優さんの内輪ネタとかはあんまり興味ないので(ゴメンナサイ)、ついついウェブラジオを聞くのが遅れ気味なのですが、今回ばかりは違います! もっとも、こちらのブログで教えて頂いたのですが(しまこ様ありがとうございます、勝手ながらTBさせて頂きました)。
新OPは第1期アニメのOP「禁じられた遊び」に引き続きAli Projectさんの曲なのですが、実は今回が初出ではなくて、8月20~21日のTBSアニメフェスタ2005で休憩時間に流れていたんです。全く何の紹介も無く、ただ曲が流れたのですが、これを聞けばAli Projectさんであることはすぐに分かりますよね。フルバージョンで約5分のこの曲が4回連続で流れた間に、私はすぐに耳コピーを試みてノートに歌詞とメロディーを書き殴ったのですが、結局2/3程度しか分からずじまい。ただでさえアップテンポな曲なのにアリカさんの早口なこと! そして半音がふんだんに出てくる難しい曲!
今回は弔い合戦のつもりで(←注:誰も死んでいません)気合を入れて耳コピーに再挑戦したのですが…難しいよぉ~。複数のフリーソフトを駆使して、ストリーミングをHDDに保存して、ASFファイルをWAVに変換した上で速度まで半減させたのに、やっぱり分からない部分があります。冒頭の
「まだ言わないで 呪文めいたその言葉
 愛なんて 羽根のように軽い
 囁いた…???
 ???…あるのならば」
上記???の部分、聞き取れたかたおられましたら是非教えて下さい!
本日9月18日(日)の13:00ごろから、東京ゲームショウ2005タイトーブースでAli Projectさんが「禁じられた遊び」と「聖少女領域」を披露されるそうですので行って参ります! というわけで今から気合を入れて眠ります。

 

薔薇乙女の姓名判断

西洋人である人形師ローゼンの手によって生まれた薔薇乙女は7体とも名前が何故か漢字ですので、画数で姓名判断が出来るのではないか? と考えて、調べてみたところ、結構当たってる! という結果が出ましたのでご報告します。
なお、苗字は不明ですので、名前だけということで「総画」だけで判断します。また、画数の計算には旧漢字に直すとか、部首を元に戻す(例:サンズイは3画ですが元は「水」なので4画とする)とか、色々な説があるのですが、そういう考え方を突き詰めると象形文字まで遡らないといけないのでは? ということで、ここでは通常の画数で計算しました。
さて、肝心の診断は、簡潔にまとまっているこちらのサイトから一部引用させて頂きました。オススメです。

真紅:10+9=19画
職業婦人として活躍、離婚運あり
本来マスターであるはずのジュンを下僕扱いするなど、男性に頼らない女性上位の女王様気質ですよね。

水銀灯:4+14+6=24画
プライド高く厳しく冷たい自分勝手な印象
そのまんま!

雛苺:18+8=26画
まじめ、努力家、頭良い
extra phaseでは日本語の勉強もがんばってるし、phase 30では金糸雀に感心されるほど著しい成長を遂げています。おつむはまだ???ですけど。

翠星石:14+9+5=28画
配偶者、実子と離別
もっとも近い存在である双子の妹・蒼星石を失って悲しむ姿は見るに耐えません…。

蒼星石:13+9+5=27画
最も強情。責任感強い
マスターに尽くすあまりに自分の命(ローザミスティカ)まで失ってしまうなんて…。

金糸雀:8+6+11=25画
合理精神、ムダを嫌う。質実剛健なのに愚痴多く
闘わずしてアリスゲームに勝利しようとする自称「策士」。しかし、失敗を全て人工精霊ピチカートの所為にしてしまうのは…。

薔薇水晶:16+16+4+12=48画
年長者の信用を得て夢を実現
さて、まだ正体不明な薔薇水晶は、第2期アニメの予告情報によるとアリスゲームの勝利のみが目的のようですから、この夢の実現を助ける年長者とは? そういえば、第7ドールなのですから他の6体の薔薇乙女は全員「年長者」ですねぇ。それとも、生みの親である人形師ローゼン? う~ん、楽しみです。

ヨドバシカメラ秋葉原店オープン

凄まじい人出です。金曜日の夜ということも手伝ってか、20:00を過ぎても入店する人の勢いで退出が難しい程。更には明日の数量限定安売り商品に行列するための徹夜組も大勢座り込んでいて、ある意味でコミケ会場よりも疲れました。 そんな状況でも私がチェックするのはもちろんローゼンメイデン。DVDは通常版ながら6巻とも1点ずつあったのですが、コミックスは1、2、5巻は平積みなのに3、4巻は皆無、という不思議な品揃えでした。ガチャガチャのコーナーはかなり充実していましたが(100台以上?)、ローゼンメ イデンのステッカードはやはりありませんでした。 だらだら見物していたら8階のレストラン街がどこも10人待ちくらいになっていて、しかも結構なお値段でしたので、こっちが混んでいる分向こうが空いているかと期待して九州じゃんがらラーメンへ。しかしさすがにヨドバシカメラのオープンなど関係なくいつもどおり待たされてい つもどおりのみそ、角肉、玉子、替え玉を頂きました。しめて1,010円也。待ち時間的にも値段的にもレストラン街で食べても変わらなかったかも。

Rozen Maiden 新商品「ミニカードセット」レポート

キャラクターグッズでもまずは実用性を求めてしまう私にとって、久々のヒット商品です。商品名は「ミニカードセット」ですが、サイズは約91mm×60mmで、一筆箋といった雰囲気です。メモ用紙にしては厚くて丈夫な紙で、50枚重ねると約9mmの厚さになります。絵柄は、真紅、雛苺、水銀灯、ピンズ3種(真紅、雛苺、翠星石)、あとドールズの鞄のエンブレム(薔薇と十字)の5種類×10枚の計50枚が、これも丈夫なプラスティックのケースに入っているのですが、留め具もちゃんとしたものが使われています。これならカードを使い切ってもケース単体として使えそうですね。
これで定価473円ということは一枚あたり10円弱って高いかなぁ。今頃気が付きましたよ…。
興味のある方はこちらで詳細をどうぞ。

...続きを読む

月刊コミックバーズが夏コミ販売グッズ通販

コミックマーケット68の企業ブースで月刊コミックバーズ(幻冬舎コミックス)が販売したグッズが、10月3日午後から通販されるそうです。ニュースソースはこちら
私も無理をして現地まで出掛けて、ローゼンメイデンの限定テレカ4種とWindows用デスクトップアクセサリーを購入したのですが、通販でも買えるようになるとは…。あの日の苦労は…一体…?
いや、実際に通販される商品の詳細は全く不明なので、ローゼンメイデングッズが含まれるかどうかも定かではありません。
テレカの絵柄はコミックス1~4巻の表紙と同じなので正直なところあまりありがたみを感じないのですが、デスクトップアクセサリーはちょっとオススメですよ~。壁紙の絵柄は9種類、サイズはSVGA(800×600)、XGA(1,024×768)、SXGA(1,280×1,024)の3種類、あとスクリーンセーバー、デスクトップ時計9種、デスクトップカレンダーは12種類です。このボリュームで、たしか2,800円…でしたっけ? ただし、時計とカレンダーはイマイチ使い辛いので私は使ってません。

フランス語版ローゼンメイデン第1巻 注文途中経過報告

9月5日(月)付でアマゾン・フランスのマーケットプレイスに注文したフランス語版ローゼンメイデン第1巻ですが、今日14日(水)になって「本日出荷しました」メールが届きました。いえ、メールが遅れたのではなくて、出荷が遅れたのです。注文時には「2~3日で出荷予定」だったのに! もちろん謝罪の言葉や遅れた理由の説明など一切ありません。まぁ、自動送信されたメールなのでしょうし、この程度のトラブルは長年の海外生活で慣れっこですし、私個人としてはさほど重大な問題ではないのですが、こんなんじゃ個人輸入(?)は人様にはとてもお勧めできませんね。メールもサイトも文面は全てフランス語ですし。
次回はマーケットプレイスではなくてアマゾン・フランスから買い物しようと思います。

「ローザ・ミスティカ」はイタリア語で「奇しき薔薇」

たまにはちゃんと「ローゼンメイデンの研究」を発表しなきゃ。
この度、ネットの無料(ここ重要)の翻訳サービスを駆使しまして、「ローザ・ミスティカ」がイタリア語で、綴りは“rosa mistica”で、意味は「奇しき薔薇」で、その隠された意味はキリスト教の「聖母マリア」であることが判明しました。

…だから? とか聞かないで下さい…。
ちなみに、英語では「ミスティカル・ローズ (mystical rose)」、フランス語では「ローズ・ミスティック (rose mystique)」、スペイン語では「ローサ・ミスティカ (rosa mistica)」、ドイツ語では「ミスティーシェ・ローゼ (mystische Rose)」、オランダ語では「ミスティエケ・ロース (mystieke roos)」らしいです(詳しく調べたつもりですが、特に発音は間違っているかもしれません)。

念の為にちょっとだけ解説しますと、生きているアンティークドールである「ローゼンメイデンシリーズ」を製作したとされる人形師・ローゼンの名前は“Rozen”という綴りで、「薔薇」を意味するらしいのです。「メイデン」は英語の“Maiden”で、合わせて「薔薇乙女」と書いて「ローゼンメイデン」と読みます(原作コミックス参照)。しかし、“Rozen”が「ローゼン」と発音され「薔薇」を意味する言語は、オランダ語だけでした。
そして、ローゼンメイデンの中で「真紅」はイギリス式のティータイムにこだわる一方でドイツ語で書かれた錬金術の本を愛読し、「雛苺」は興奮するとついフランス語が飛び出て、でもみんな日本語で会話する、という設定は、語学で苦労した帰国子女の私としては(今でもまだ苦労しているとの説有り)大変気になるのです。
で、ローゼンメイデンシリーズのドールにとって命に等しい結晶「ローザ・ミスティカ」はイタリア語…。人形師ローゼンはヨーロッパ中のあちこちを放浪していたのでしょうか。実際、コミックス版第28話(単行本第5巻収録)ではサンジェルマン伯爵と呼ばれたり、カリオストロ伯爵と呼ばれたりしていますしね(どちらもフランス革命の時代に実在したとされる人物)。
人形に命を与える物質を「聖母マリア」の別名で呼ぶあたり、「教会に逆らう不届き者のペテン師」と呼ばれる「素質」があったのかもしれませんね。錬金術も詳しかったようですし。天才は理解されないものです。なんてかわいそうなローゼン…。

試みに、「ブログジャンキーはランキングに対するアンチテーゼである」と考えてみる

ブログジャンキーを2日間使わせて頂いた感想です。このシステムは、いわゆるブログランキングの上位に喰いこめないブログにこそ光を当てるシステムであるようです。

ブログジャンキーに登録してたった2日、この短い時間に0から始めたカウンターは1,000を超えました。ご覧下さった皆様、そして暖かいコメントを下さいました皆様、本当に励みになりました。ありがとうございます。
その一方で、登録時に頂いた最初の300ポイントに加えてサーフィンで頂いたポイントが250程度? これら500ポイント以上が今では既に底をついています。今日の昼間もチョコチョコとポイント稼ぎをしたのですが、頂く傍から無くなって行きます(仕事中にこんなことしてたなんて秘密ですよ)。
で、人様のブログを「表面的に」渡り歩いている間、自分のブログはほったらかしなんですよね。30秒に一度クリックするとなると他のことに集中できませんし、仕様という名の裏ルールなのか私のPC環境(Win2kSP4&Firefox1.06)が間違っているのか、サーフィン中のウィンドウを30分くらい(?)触らずにいた後に正しい数字をクリックしても「間違ってます」扱いになるので、いずれにしても「ポイント稼ぎ」と「自分のブログの充実」は両立しないシステムなのです。ここに気付いたとき、「頻繁に表示してもらえるブログ」≒「頻繁に更新されないブログ」≒「ランキングで上位に喰いこめないブログ」という構図が浮かんできました。

つまり、表題の「ブログジャンキーはランキングに対するアンチテーゼである」という仮説が成り立つのです。

実は以前から気になってはいたのですが、いわゆるウェブサイトのランキングを見つけると、当然上位の「人気があるとされるサイト」=「面白いであろうサイト」から見に行きますよね? そうすると、ランキングの順位は更に強化されるわけで、下位のサイトにはなかなかチャンスが廻って来ません。
そういう意味で、ブログジャンキーは画期的なシステムであると言えると思うのです。

さて、私はここでしばらくポイント稼ぎを中断して、カウンターの動きを観察してみようと思います。もう少しこのブログも本家のウェブサイト(薔薇乙女研究所)も、内容を充実させたいので…。

お引越し完了~♪

以前お世話になっていたブログのデータを、FC2の現ブログに移行しました。以前のシステムにはログのエクスポートの機能がありませんでしたので、全て手作業です。ちょっと辛い…。もともと無料で使わせて頂いていたのですから、文句を言える義理ではないのですが、やはりFC2のブログは機能が充実していて大変頼もしいです。色々なPC雑誌で推薦されているだけありますね。
ただし、「自由度が高い」=「失敗のダメージも大きい」ので全て自己責任なのですが。そういう意味では最初に「機能が少ない」=「失敗のしようがないので安全」なブログを経験出来たのは結果的に良かったと思います。
どうも私は、ブログにしろHPにしろPCにしろ、コンテンツよりも機能性に重きを置いてしまう癖があるので、まずは「文章力」を鍛えたいです。皆様、よろしかったらお付き合い下さい。

ブログジャンキーのシステムって…?

遅ればせながら、FC2のブログジャンキーなるシステムに登録してみました。同時にカウンターを設置したところ、確かに面白いくらいどんどん数字が増えます。ブログジャンキーを始める以前のデータはありませんが、多分ブログジャンキーのお陰なのでしょう。
で、自分も負けじとブログジャンキーのポイントを獲得するべく次から次へとランダムに表示される色々なブログを拝見したのですが、ポイントは減る一方です。いや、これはそれだけ多くの方に自分のブログを見て頂いた証拠なのですから喜ぶべきなのですが、負けず嫌いの私としてはポイントを増やしたいのです。
その為には出来るだけ多くのブログを見ればよいのですが、そうすると、折角表示された、恐らくは自力では見つけることも無かったであろう貴重なブログを、30秒だけ眺めてすぐ次のブログへ、の繰り返しになってしまうのです。これではブログを書いてる方に申し訳ないです。
反対に、自分のブログもこんな風に通り過ぎられないためには、強制的な待ち時間である30秒の間に、どれだけ読者にアピールできるかが勝負となるわけです。う~ん、また課題が増えました。

乳酸菌、取ってるぅ~?

今テレビを見ていたら、第1期アニメの水銀灯の名台詞「乳酸菌、取ってるぅ~?」が聞こえてビックリ。「ビオフェルミン」のCMでした。…どっちが本家?

...続きを読む

9月18日(日)の「13時」に東京ゲームショウ2005のタイトーブースへ!!

タイトーの公式HP詳細が。「ローゼンメイデン」ゲーム制作発表記念ステージミニライブ&トークショーは、東京ゲームショウ2005最終日の9月18日(日)13:00~13:30に予定されているそうです。
沢城みゆき(真紅役)&真田アサミ(ジュン役)がゲスト出演決定!
さらに「ALI PROJECT」による新オープニング曲のミニライブも!!
とのことですから「聖少女領域」を聞けるのですね! やった!
13時からなら、無理して会場前から行列しなくても良さそうで、助かります。えぇ、私の目当てはローゼンメイデンだけですから。

9月18日(日)は東京ゲームショウ2005のタイトーブースへ

東京ゲームショウ2005の最終日、9月18日(日)のタイトーのブースで、ローゼンメイデンのイベントと、Ali Projectさんのミニライブがあるそうです。

...続きを読む

テレビで見る政党

各政党がTVCMを流してますが、正直、???な感想しかありません。
(シャレの分からない人は読まないで下さいね)

...続きを読む

“Q.E.D.”、「ロケットマン」の加藤元浩さんの新作“C.M.B.”

加藤元浩さんの新連載“C.M.B.”が月刊少年マガジン10月号に発表されました。
加藤元浩さんといえば“Q.E.D.(証明終了)”と「ロケットマン」ですね。私は小学生の頃から推理小説が好きだったのですが(今思えば子供の頃から死んだとか殺したとかの話ばかり読ませるべきではないですよ)、それ以上に数学が好きでしたので、“Q.E.D.”にはかなりはまり込んでます。そしてその主人公の従兄弟が主人公の今作“C.M.B.”もかなり期待しているのです。
(この先はネタバレですのでご注意下さい)

...続きを読む

フランス語版コミックス「Rozen Maiden」第1巻を注文しました

フランスのアマゾンで、フランス語版コミックス「Rozen Maiden」第1巻を注文しちゃいました!

...続きを読む

「もものたね」更新・リンク登録終了!?

昨日今日と風邪で寝込んでました…。でもPEACH-PITさんの公式HP「もものたね」で「身辺雑記」が更新されていたのを見つけてちょっと元気に。
以前は自己申請型で勝手に登録できていたリンク集が、とうとう管理不能に追い込まれて終了・リニューアルされていました。やはり、不確定多数の他人の善意に依存するシステムというのは、無理があるのですね。私の「薔薇乙女研究所」はまだまだコンテンツが少ないので登録を遠慮していたのですが…早くPEACH-PITさんに認めて頂けるようにがんばります。

...続きを読む

Rozen Maiden träument (ローゼンメイデン・トロイメント) OP&EP発表!

Rozen Maiden träument (ローゼンメイデン・トロイメント) のOP「聖少女領域」とED「光の螺旋律」が公式HPで正式に発表されました。待ってました~! 特にOPは第1期と同じくAli Projectさんで、CDの発売は10月26日(水)です。 早!
あ、EDのkukuiさんって、第1期EDのrefio & 霜月はるかさんのことだったんですか。こちらのCD発売は11月23日(水)。というわけで第2期アニメも第1期の雰囲気そのままのようですね。
(この続きは色々とネタバレですのでご注意下さい)

...続きを読む

ソニー製品がSDカードに対応

ノートパソコンのVAIO Type T、そしてカードリーダ付きマウス。 ソニーと言えばメモリースティック一本だったのに、とうとう方向転換に踏み切ったようです。

ニュースソース:
VAIO type T (インプレスのPC Watch内)
カードリーダ付きマウスなど (インプレスのPC Watch内)

...続きを読む

Rozen Maiden träument (ローゼンメイデン・トロイメント) プロモーションビデオ公開です!

Rozen Maiden träument (ローゼンメイデン・トロイメント) の公式HP (TBS内) で、約60秒のプロモーションビデオが公開されてます! 私の記憶が正しければ8月12(金)~14(日)のコミックマーケット68でTBSの企業ブースで上映されていたものです。
あと、恒例のカレンダーが公開されています。今月は翠星石です。

Template Designed by DW99 / Customized by CrystalCroissant

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。